« タイ語で愛を語る | トップページ | クラブの給与 »

2006年11月10日 (金曜日)

結婚についての見解

 何回もタイランドに行った人は、経験があると思いますが、タイガールは日本人には無い素晴らしいものを持っていて、我々を素晴らしい気分にしてくれます。日本に家庭がある人も無い人も、彼女と結婚すると本当に楽しくて、幸せになれるんじゃないかと、思う人も少なくないと思います。現に、私もその一人ですが。

 本当に彼女たちとの結婚は、うまく行くんでしょうか?特に我々は、女性と出会う所は、ほとんどが夜の世界ではないでしょうか?中には、出会って間もないのに、結婚の話をする人が結構いますが、よくよく考えたほうが無難です。私の友人にも、タイガールと結婚をしたがった人が沢山います。2人は、結婚しましたが、結局短期間で離婚となり、彼女は国に帰って行きました。

 当然でしょうね。タイ人はタイが好きで、我々日本人は日本が好きなんですから。結論から言いますが、夜の世界で働いている女の子はやめたほうがいいです。彼女達の80~90%は子供がいます。田舎では働くことが出来なくて、身体を削りながら夜の仕事をしているんです。子供だけならまだましですが、両親や兄弟なんかも養っている娘が結構います。

 又、年齢が同じくらいなら、問題は少ないかもしれませんが、20歳と40歳くらいの差があるのが一般的ですから、日本では考えられないような事ですよね。

 タイガールは、母性本能が強くて、好きになった人には身を削っても尽くすって言うのが、彼女達の特徴ですから、この辺を理解しないといけませんね。

 彼女達は、我々のようなおじさんは、お客としか思っていないです。その中で、良いお客と普通のお客と悪いお客に別れている為に、彼女達の対応が微妙に変化しますので、我々は勘違いをしてしまいます。

 じゃぁどうすればいいんでしょう。まずは、擬似恋愛を徹底して楽しむ事です。そして、少し突っ込んで正式な擬似恋愛をすべきですね。正式なとは、どんなものかといいますと、タイにいるときは彼女オンリーにする事です。そうすることで、彼女の環境や家族の事や経済状態や、色々な事が解ってきます。又、彼女達は中々好きにはなってくれません。我々が、愛されていると勘違いをしているだけです。

 先ほど年齢差って事を言いましたが、彼女達はあまり年齢差の事は気にしません。それは、彼女たちが本当に我々を好きになってしまったときの話です。そして、タイガールは相対的に早熟ですから、実際の年齢差は埋まってしまいます。又、道をそれましたが。

 年に1回くらいの訪泰でしたら、正式な擬似恋愛は成立しにくいですが、2~3回でしたら、十分に成立します。時々の連絡は必要ですが。そして、送金という事になれば、次回の保険と考えればいいんじゃないでしょうか?でも、彼女に対する見極めは、貴方が責任を持ってしないと、私がJRAと付き合っているのと同じことになります。そうです、毎回寄付をして、見返りが無い状態ですね。

 今回の話は、よく解らない内容で申し訳ありません。でも、本当に結婚に繋がらなくても、タイで常に新婚旅行のような素晴らしい感覚を得ることが出来るんじゃないでしょうか?

 そして、時間をかけてゆっくりと彼女との正式な擬似恋愛を楽しんで、自分の本当の気持ちと彼女の本当の気持ちを徐々に確かめればいいんじゃないでしょうか。純粋な思いになっていけば、必ず彼女には伝わります。間違いありません。うまく行けば、今後の事は二人で、ゆっくりと話し合っていけば全てのことが実ることは間違いありません。

 でも、注意が必要ですよ。タイガールは切れ易いのが特徴ですから、本気にさせといて捨ててしまうのは、最悪の状態を招きます。私の知り合いの女の子は、自分のアパートから飛び降りました。幸い、命には別状はありませんでしたが、足が不自由になって大変な生活を送っています。こんな事をするのは、男として、最低ですね。

 又、別の男(これは、知り合いのタイ人ですが)は、ナイフで刺されて3ヶ月間入院しました。怖いですね。我々日本人は、日本に帰れば関係ないって思っている方もいらっしゃると思いますが、女の子を泣かすことをすると、結局は自分ナ帰ってきますね。因果応報ですね。

 偉そうな事を行っている、私は、何年か前までは、一つの店に15分~30分くらいで、河岸を変えて特定の娘を決めないで遊ぶのを信条にしていました。以前に、正式な擬似恋愛でえらい目に合ったもんですから、トラウマですね。でも、数年前から、気に入った一人の娘と正式な擬似恋愛が始まって、現在では、旦那さんって言われるようになりましたし、彼女は夜の世界から足を洗って、昼間の仕事をしています。生活費として、足りない分は私の方で、援助してます。間違い、援助ではなくて、奥さんですから私の稼ぎを渡してます。大蔵省に(古い)。

 皆さんも、色々な店に行って、色々なアバンチュールは楽しいのは、私も良く理解しますが、今回書かせていただいた、正式な擬似恋愛はもっと素晴らしいものですよ。毎回毎回、コミュニケーションを取るのも面倒くさい年齢になりましたし(私です)、自分の演じる事を毎回変化させなくてはいけないのは、本当に疲れますよね。ネットや、情報の本には、何人も色々行って、「回数よりも人数だ」って書いてあるものが氾濫していますが、私は反対はしませんが、否定派になりました。

 私は、今までに無い束縛と独占欲に包まれています。日本にいて、ほとんどが別々に暮らしているのに、奥さんからは、

「旦那さん、浮気はだめナ。」

「他の女の子を見るもだめナ。」

「女の子と話す、だめナ。」もっと一杯のダメ尽くしです。でも、日本ではこんなにはっきりと束縛されたことはありませんが、これはこれで中々良いものです。彼女は私だけを見ているのを感じますから。(ここは、ノロケですみません。)

今回の教訓

 奥さんの言葉

「旦那さん、だめだめナ。女の子は絶対だめナ。でも、私は、貴方だけ、一杯愛する。」

 一杯愛される様に努力したいですね。タイガールの素晴らしさは、全てを配して、そして、身を削っても愛して尽くしてくれる事でしょうね。

|

« タイ語で愛を語る | トップページ | クラブの給与 »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結婚についての見解:

« タイ語で愛を語る | トップページ | クラブの給与 »