« ギャンブル好きの国民性 | トップページ | 優しさと心配事 »

2006年12月30日 (土曜日)

私の部屋は、宿泊所?

 私はタイランドに毎月の様に行きますので、数年前まではアパートを借りて宿泊をしていました。毎回ホテルに泊まりますと、費用的にも結構な痛手ですし、気楽に出来るだろうと思って、契約をして家賃のような形で支払いをしていました。

 家賃が7500Bと安くて、エアコンも付いていますし、NHKやBSも見ることが出来ますが、問題はお湯のシャワーが出ないことでした。でも、給湯器を設置してもらいますと3000B強でしたし、何不自由なく過ごすことが出来ました。ここのアパートに何ヶ月暮らしたでしょうか。

 でも、色々な問題が発生しまして、やっぱりアパートは撤退しまして、いつものホテルに宿泊をするようになりました。

 何故かって、これが情けない話なんですが、バンコクに来ますとこの時は奥さんと知り合う前ですから、当然ですが私はバンコクの夜の帝王様ですね。仕事はしっかりとしますが、夜な夜な街を徘徊して、ありとあらゆるタイプのお店やタイガールがいるところには出没をしていました。

 この頃は最高に、飛んでましたね。在泰の友人やタイ人の友人と毎夜毎夜さ迷い歩いていたんですね。でも、お金はこのときも今も余りありませんので、たいした帝王ではありませんでしたがね。

 でも、私には歯の浮くような話が出来る口や豆に行動に出来る身体や、経験や色々なお金の掛からない武器を所持していましたから、お金は使いませんでした。間違い、使えませんでした。

 でも、タイガールをゲットしますと、自分のアパートに連れて行くんですね。そうすると、皆さんも話が見えていると思いますが、色々な時間や色々な人が勝手に尋ねてきたり、バッティングをしたりと、アパートの周りで問題や揉め事が耐えないんですね。そう上、アパートに住んでいる普通の人たちから変な目で見られたり、しますね。

 以前にもバッティングで、大変な目に合っているのに、私には学習能力がないんでしょうか? それとも、ただせこいだけで、お金を節約するために、又、夜にウロウロするための資金を捻出するためにか。

 周りのことやバッティングの事は、月に1週間だけの利用でしたので、無視をするようにしましたが、もっと問題が大きくなりました。

 私がいない間には、住み込んでいる奴が出てきたんですね。それも3人も。

 3人住んでいるのは、私が以前にお相手をしていただいて、歯の浮くような事を並べたことのある、タイガールが3人なんです。彼女達は、話し合いをしまして、私がいない間は勝手に住み込んで、家賃を浮かそうって魂胆でした。まぁ、良いんですが。

 でも、今度は私はバンコクに帰ってきたときにはどうするかといいますと。交代に私の下の処理をしてくれるそうです。彼女達は仕事に行っていて、一人が私の世話をして、夜仕事が終わってから、お客さんが付かなかった娘は帰ってきますから、最悪は4人での雑魚寝となりますね。

 挙句の果てに、私の下の世話はしますが、食事や酒代は私持ちで、光熱費も私持ちです。ただで出来てもこちらの方が高くついてしまって、節約どころの騒ぎじゃありません。挙句の果ては、夜も徘徊で来ません。徘徊は出来るんですが、連れて帰る事も出来ません。まったく面白くありませんね。

 彼女達に話をしまして、私が日本に帰って2ヶ月間だけは、家賃を支払ってあげるから、後は出て行って自分達でアパートを探すようにと諭して、この次の月からは私はホテルへの宿泊にチェンジしました。

 タイガールは要領がいいのか、それとも厚かましいのかわかりませんが、大変な目に合いました。楽しかったのは最初の2ヶ月だけでしたね。

 皆さんも、人事と思わないで、考えてみてくださいね。アパートでさえこんな感じですよ。でも、他の物やお金でしたらどうでしょうか?

 タイガールは我々の心の中にも入り込んできますが、我々の所有物の中にも入り込んできますので、皆さんも気を許さないで下さいね。

今回の教訓です。

 我々が隙を見せますと、タイガールはドンドン入り込んできます。又、彼女達は、憎めなくて可愛いから始末に負えません。

 我々の対処は、心を開いているように見せて、何でも受け入れるように見せて、コントロールをして、彼女達を手玉に取ることですね。

 でも、殆どは手玉に取られますので、覚悟の方が必要かもしれませんね。皆さんも気をつけながら、心を開いて受け入れるような体制を作って、タイガールを受け入れて、大いにもてる様にして下さいね。

|

« ギャンブル好きの国民性 | トップページ | 優しさと心配事 »

ホテルや宿泊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の部屋は、宿泊所?:

« ギャンブル好きの国民性 | トップページ | 優しさと心配事 »