« 本物の親密へ | トップページ | 裕福性腹痛炎 »

2006年12月11日 (月曜日)

私の部屋は、豪邸?

 今回は以前に宿泊をしていたアパートについての話です。私の知人がバンコクにコンドミニアムを所有していまして、リタイア後にタイランドに住むために購入していたアパートです。でも、今は全く使用しないで、この方バンコクに御夫婦で来る時は、上げ膳据え膳を希望していますので、必ずホテルを利用します。全く使用をしませんと家は朽ちてきますので、毎月の様に訪泰する私が、無料で使用をさせていただいてました。メイド契約をして、毎日の掃除や洗濯や細かい事を、私が利用をしている時にはしていまして、できるだけ綺麗に使用をしていました。

 お金持ちの考えることは、分かりませんね。毎回ホテルに泊まるなら、コンドミニアムなんか買わないでもよいのにと思いますが、彼らは、安く広くて便利な所を買っておくと、もし住まなくなってもよい値で売ることが出来るから、元は取れるっておっしゃいます。さすがに、お金を持ってる所にはお金が回ってくるんですね。”金は天下の回り物”は、金持ちの間だけを回ってるって改めて感じました。

 このコンドは、広くて100㎡を有に超える本当に豪華で大きな所です。ここを私は一人で使用しているんですから、気分も周りから見ても金持ちの仲間入りですよね。場所は最上階ですし、テラスや、ベランダは、部屋と同じくらいのスペースはありますし、ここのガードマンに聞きますと私の部屋(失礼しました、借りている)は、300㎡以上はあって、当時(10年位前)は、700万円くらいだったそうですが、今は少し手を入れると5倍以上にはなっているそうです。さすがに金持ちにはお金がほっといても増える構造になっているんですね。

 私は、気に入ってましたので、毎回利用をさせて頂いてました。当時は、奥さんと出会うかそうでないかの時ですから、昼間は仕事等に精を出していますが、自称夜の帝王でしたので、立ち代り入れ替わり毎晩の様に恋人が変わってました。そして、このコンドに連れて帰ってきていたんですね。

 見た目は、上流階級の御曹司(年のいった)の様な感じですよ。連れて帰ったタイガールはビックリ仰天の有様でしたね。それを見ながら、自分の物でもないのに悦になっていたもんでした。

 あるお店を常店としていましたので、お店の中では私はお大尽様の様な目で見られていたのですが、いかんせん上辺だけで、支払いやタイガールに上げるフィーも通常の人と同じですよね。もしかしたら少なかったのかもしれません。

 そんなこんなで、半年くらいたったときには、私はこの豪邸の所有者ではなくて、ただの管理人だって噂になりました。この部屋を見たいいて娘は後を絶たないんですが、私と親密に・恋人になろうって娘は皆無になってきました。段々面白くなくなってきました。シンデレラのように、タイムアップになってしまったのでしょうね。

 お店を変えようって考えて、別の店を開拓して、出会ったのが奥さんです。そして、奥さんを誘ってこの豪邸に連れて行きまして、又同じように所有者のような感覚で振舞っていたのですが、初めてからばれまして、

「ここは、居心地が悪いナ。本当の貴方を見たいナ。」

 といわれまして、ここを管理をするのはお手伝いは今もしていますが、住むのはやめました。苦労していた奥さんは、お見通しだった感じですね。何か恥ずかしくなってしまいましたね。

 やっぱり、上辺だけの感覚は直ぐにばれますし、結局白い目で見られている様な印象を受けます。奥さんが言う事が、タイ人の的を得ていると思います。

「背伸びしてもいい事ないあナ。見得を張るは、信用できない。上辺だけは、一生上辺だけの付き合いになって、友達にも恋人にもなれないナ。」

 彼女達は、基本は本音で生きていますね。

 ただ、夜の世界にいる時だけが虚構ですから、虚構で遊ばして頂く我々も幸せですが、本音の中に一緒に浸かっていくのも本当に素晴らしいことの様ですよ。

今回の教訓

 上辺だけの言動は、必ず見抜かれます。分相応に振舞えば、彼女達は相応の対応をしてくれます。我々が、外国って事で ”ええかっこ” をする事で、虚構の壁がどんどん大きくなりますね。それはそれで、いいんでしょうけど・・・

 出来れば、素直な気持ちで自分をさらけ出しますと、結構素晴らい体験が出来るように思います。如何でしょうね、私の経験だけですが、一度自分をさらけ出して見ては如何でしょうか? 

 今まで以上の、蜜の様な体験が可能かも・・・・・?

|

« 本物の親密へ | トップページ | 裕福性腹痛炎 »

ホテルや宿泊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の部屋は、豪邸?:

« 本物の親密へ | トップページ | 裕福性腹痛炎 »