« バッティングの当日と翌日 | トップページ | クリスマス・イブに独り言 »

2006年12月23日 (土曜日)

よく切れますね。切れ方考察。

 タイランドの男性は分かりませんが、タイガールは瞬間湯沸かし器の様に切れますね。本当よく切れますよ。あまり後先を考えない人種なんでしょうね。

 切れ方のも色々あります。私の勝手な考察では、生まれて育った土地柄によって、切れ方が違う様子です。どんな感じか御紹介をさせて頂きます。

 まずは、北部のチェンマイやチェンライの方の女の子は、切れ方が可愛いですね。どちらかと言うと切れるというよりも拗ねるに近い感じです。

 急に話をしなくなって、一人でうじうじとして黙り込んでしまいます。でも、これが頑固で中々機嫌を直しません。このタイプが切れるとほっとくに限ります。そして、時間を置いて何食わぬ顔をして、近くによって違う話をして気を紛らわすようにすると、段々機嫌もよくなって、元に戻ります。でも、失敗すると彼女達は良く泣きますので、泣かしますと手に負えないことがありますので、注意が必要です。

 次に、東北部のイサーン地域の女の子ですが、この地域の女の子が一番始末が悪いかもしれません。希少が激しいんですね。よく、浮気をした男性自身を切り取ったとか、急に飛び降り自殺をしたとか、話があるでしょう。これは、この地域の女の子に非常に多いようですね。 

 彼女達の対処は、私は分かりません。離れていて、気分が落ち着くのを待つか、逃げてしまって時間を置くほうがいいのか、分かりかねます。

 でも、夜の商売をしているのはこの地域の娘達が結構多いので、タイプを知っておくと何かと便利ですね。イサーン地域は産業も無くてタイランドで唯一土地の痩せている地域ですので、出稼ぎに来ている娘達が多いです。

 一番の瞬間湯沸かし器のタイプですから、まずは怒らせないようにすることが肝心ですね。

 次に、チェンマイとバンコクの間の地域ですが、この地域も早めに切れます。女達は切れますと黙ったまま睨み付けますし、話もしなくなります。ほおって置くと余計に機嫌が悪くなり、余計に怒り度は増していく様子です。でも、下手に慰めたり言い訳をしたりしますと、怒りが倍増する様で、後先を考えない行動をとります。

 彼女たちには、根気よく接してゆっくりと機嫌を直させるのが良いようです。たちが悪そうに思いますが、機嫌が直りますと ”台風一過” のように、カラッと晴れ渡りますから、不思議です。

 次に、南方の娘たちですが、彼女達は土地も裕福で産業も盛んな土地柄ですので、一番やりやすいです。でも、この地域の娘は夜の商売をしている娘は少ないので、我々日本人が出会うことは少ないと思います。

 明るくて、南国育ちって感じの彼女達が一番良いかもしれませんね。でも、南方系の顔立ちですので、どちらかと言うと猿顔で色の黒い娘が多いので、日本人は選択しないと思いますので、やっぱり出会いは少ないでしょうね。

 最後に、バンコクの出身の女性達ですが、一般的には裕福な娘達が多いためか、風俗での仕事は少ないようですね。でも、最近では日本と同様に物欲に駆られまして、体を売っている娘も少なくないと聞きますが、風俗でレギュラーでの仕事は稀な様子ですね。彼女達は、我々日本人と同様ですので、切れ方も同じであると考えて差し支えありません

 タイガールの切れ方は、地域によっていろいろと特徴があるように思いますが、我々の対応ひとつで切れる事は少ないです。恋人のような感じで接して、今回事を気にしないようにしましたら、彼女達が切れる事は少ないと思います。

 また、通常のお客とホステスの関係では、最低でない限りは切れることもないと思いますが、常連から彼氏や恋人になる頃には、我々男性の浮気や余所見の事で、切れることが多々ありますね。

 以前に、奥さんと散歩をしていて、お腹が減ったと二人で話しているときに、ちょうどソイカウボーイの近くでしたので、ああいう所には屋台なんかが必ず出ていますので、

「ソイカウボーイの中で何か食べようか?」

と、いったとたんに切れて、

「旦那さん、お腹を理由にしてGoGoへ行きたいのか?」

って、切れて散々にいやみを言われまして、なかなか機嫌も直りませんでした。

 タイガールは、彼氏や恋人となるような所で、一番切れるような感じですね。皆さんもそんな感じの、位置づけでしたら、女の話は完全にタブーですよ。折角良いところまで行って、元の木阿弥になる可能性だってありますからね。ご注意!

 今回の教訓です。

 これはあくまでも私の私感ですので、真偽のほどは保障はしかねますが、私の体験では当たらずとも遠からずって所だと思います。また、彼女達を切れさせてもまったく良いところはありませんので、出来るだけやさしく接してあげてください。

 でも、どうしても分かれたいって時には、便利かもしれませんね。

 でもでも、機嫌が直りましたら、依然とまったく同じ状態になりますので、我々には、理解しがたい人種だと思います。でも、これが可愛くて嵌っていく人が絶えませんし、何言う私もその一人です。

切れた女は・・・・・桑原桑原!!!

 

|

« バッティングの当日と翌日 | トップページ | クリスマス・イブに独り言 »

タイランド文化とタイ人学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: よく切れますね。切れ方考察。:

« バッティングの当日と翌日 | トップページ | クリスマス・イブに独り言 »