« 心と体は別物 | トップページ | タイスキについて »

2006年12月26日 (火曜日)

???の争奪戦

 意味不明の題名ですね。

 でも、中高年の人にはためになる話かもしれません。

 貴方の息子は元気ですか? 私の息子はまだまだ非常に元気で、困ってしまう事も多々あります。でも、年齢の事もありますし、ストレスの事もあると思いますが、自分の愚息がゆう事を聞かなくなる事ってありませんか?

 私の友人(年齢は相当先輩:仮称Oさん)で、50歳を少し超えた方がいらっしゃいます。最近、どうも調子が悪くて、家でのお勤めは何年もすることはないし、外でも中々悪さをするにも、どうも元気がないとお嘆きの様子でした。昨年に、一緒にバンコクに行ったときの事です。この時は、私は仕事を兼ねていましたので、滞在は2週間に及びました。朝早くから仕事の為に、ホテルを後にして夕方頃に帰ってきます。そして、奥さんと彼とバンコクに滞在している友人(仮称Hさん)と奥さんとの5人で、食事をして、飲みに行く様な生活をしていました。

 Oさんだけが、一人ですのでかわいそうになって、友人のHさんの奥さんのお勤めのお店に初日から連れて行きました。男性二人ともが同年代で、私だけが10歳ほど年下です。そして、Oさんの擬似恋愛のお相手を連れて帰ることになります。Oさんも当然、タイランドに来ているわけですから、このようなことを期待されていますから、喜んでおられますが、4日目の晩の食事の時に、お話はありました。

Oさん「3日も同じ娘を行きますと、昨日の晩はまったく愚息が言う事を聞かなくなるし、そろそろ年で、あかんわぁ。」

Aki 「毎日やってますか? はー、お盛んですね。」

Oさn「Akiさんは、毎日やってませんか?」

Aki 「やってますよ。私はまだまだ若いですし、やらないと奥さんが機嫌が悪いですからね。」

奥さん「バー、そんな事ないナ。」

 変でよく聞く会話をしています。私は、そしたら毎日の様に女の子を変えたらどうですか?と話をしましたが、年齢的なものなんでしょうか、毎日の様に変えるとコミュニケーションをとるのが大変だし、話も通じないし、気を使うのも大変だから変更はしたくないって、おっしゃいます。

 まぁ、そのこともわかりますね。でも、彼は折角ですから毎日の様にしたいといわれますので、一考をしまして

Aki 「Oさん、バイアグラのような薬に頼りますか?」

Oさん「だめ、私血圧が高いし、血圧の降下剤を飲んでいるから。」

 彼は、少し太り気味でした。そして、私はタイランドでお薬を扱っている友人の存在を思い出しました。電話をして、食事後の酒を飲むクラブにラインナップを持ってきてもらう事にしました。そして、持ってきた薬を見て、びっくりです。

 こんなに薬の種類があるのか?

 奥さんなんかは、この薬の山を見て

奥さん「凄いね。旦那さん、もしもの時は色々あって大丈夫ナ。」

Aki  「バー、こんなんはいらねーや!」

 でも、興味深々ですよね。いつ厄介になるのかわからないんですから、今のうちに情報は仕入れとかないとね。在泰の友人も興味深々。おもちゃを貰った子供の様です。

 持ってきて貰った元キャバレーの支配人は、詳しく説明をしてくれます。内容的には似たり寄ったりの物ばかりですが、商品と人との愛称が結構ある様子です。実際には使ってみて自分との相性を確かめるのが良いみたいですね。

 では、何点かの商品を紹介しておきましょう。

(体に全く問題のない人)

 バイアグラと全く同じ成分で、価格が安いのが、”カベルタ” ”カマグラ”の2種類です。即効性があって、ほとんどの人に効果が認められる様ですね。

(血圧が高くて心臓に負担のある人)

 ソフト系の ”MAX” が良いそうです。そして、究極は中国4千年の歴史に彩られた、”蟻力神”(イーリンシー)です。全く体に負担が掛かりませんし、72時間の効果があるとされています。また、この薬はこのために開発されたものではなくて、腎臓を活性化させる為に作られた物だそうです。最近では、知る人ぞ知る有名な商品だそうです。

 この内容を聞いて、この”蟻力神”(イーリンシー)の争奪戦となりました。これが不思議で、争奪戦にかかわったのは、OさんとHさんとHさんの奥さんと、私の奥さんです。

Aki  「俺は、いらねーよ。問題ないでしょ。」

奥さん「もしもの時に。旦那さん、いつも言う、備えあれば憂いなしって、ネ。」

 信じられられますか?

 もし、こんな話にご興味がありましたら、一度お試しください。この晩男三人が、試しました。全員が翌日は、ゾンビの様子です。終わっても終わっても、触られれば勃起するんですからね。私は最悪でした。

今回の教訓です。

 世の中にはすごいものがあるんですね。びっくりします。流石は中国ですね。皆さんもご使用の折は、信頼の置ける所からご購入くださいね。最近では、ヒットに伴ってまがい物が出回っている様子ですので、ご注意が肝心です。

 余談ですが、一緒に持ってきた商品の中に女性用の媚薬がありました。女性陣曰く、

「これも、体には問題ないか? ねえ、試しにひとつ買っとく?」

 こんな関係の薬は男だけが興味があると思っていましたが、女性も興味津々の様子ですね。取り合えず、ゼリーのような物を一つ頂きました。この日の夜は異常な出来事の様でした。私も奥さんも止まりません翌日は、お陰で仕事にも遅れて散々でした。

 後日談ですが、頂いた女性用の媚薬は本当はただのゼリーで、二人とも信じていた為に凄い凄いといってましたが、真っ赤な偽者で完全に担がれましたが、使った3組とも凄かったといってます。

 ”病は気から”と同じで、信じる者は救われる、違った、良い目に合えるでした。性には信じさせる事と、言葉が最大の媚薬でしたね。

 お試しください。

|

« 心と体は別物 | トップページ | タイスキについて »

変わった友人・知人関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ???の争奪戦:

« 心と体は別物 | トップページ | タイスキについて »