« クリスマス・イブに独り言 | トップページ | ???の争奪戦 »

2006年12月25日 (月曜日)

心と体は別物

 以前にも書かせていただきましたが、タイランドは小乗仏教の国です。小乗仏教は、今の現実は前世の問題を引きずっていると考えられて、現世でタンブン(施し)を数多くする事で、来世に幸せになれると言う教えです。

 又、心と体は別物であるとの考えがあります。

 そして、小さいうちから親を助ける事が ”かっこいい” と教え込まれて育っていきますし、教育も自分を犠牲にしても親や家族を助ける事は、”かっこいい” と教育をさせていますので、タイの女性は本当に良く働いて、家族や親を助けます。

 でも、男性はカエルの面に小便で全くそんな事は、気にもしませんし、働きもしません。タイランドは完全に女性を中心にして、社会が回っています。

 ある女性なんかは、自分の稼いだお金の3分の2も仕送りをして、自分の生活も出来ないような境遇でも、これが当然の様に振舞って、生活をしています。頭が下がる思いですね。我々日本人の中にどれだけこんな感じの人がいるでしょうか? 疑問ですよね。

 同じような教育や育て方をされて、男と女がこんなに違うのは、長年培ったDNAの性なんでしょうね。

 夜のタイガールの話ですが、彼女達はこのように小乗仏教と小さい頃からの教育のために、体を使ってでも家族や両親の為にお金を稼いで、仕送りをするんですね。

 又、タイランドの社会は、階級社会ですから、自分の妹や家族にお金を送ることで、大学へ進学をさせて、上流社会への仲間入りをさせる事で、今の境遇から抜け出そうとしています。

 でも、大体はそんなに簡単な事は無くて、結局は代々女性が体を張って暮らして行くって事が続く様子ですね。では、なぜそんなに体を張ってお金を稼がなくてはならないのか?

 タイ人は見栄が強くて、我慢が出来ない民族みたいです。お金が無いのに、車を買ったり、隣が家をいじくると自分の所もと言う風にお金の有無に関わらず、周りに影響をされる様子ですね。

 又、貯金なんて概念は、全くありませんし、計画という概念も全くありません。簡単に言うと行き当たりばったりの人種なんですね。そして、楽しいこと好きで、面倒臭がりですから、先の事は一切考えないと言っても大げさではありません。

 このような事を全てを見ていきますと、タイガール達が体を売っての商売をして、家族や両親を養っている事が理解できますし、小乗仏教の教えを勝手に良いように判断をして、心と体は別物だという考え方で、悪い事であるとは判っていても、家族やお金が先行しますから、彼女達の思考は ”仕方が無い” ”マイ・ペン・ライ” と言う言葉で片付けられます。全くといって良いほど、罪の意識は無いと言っても過言ではありません。

 ですから、自分達にチャンスが出来て、夜の世界から抜け出せる(Ex.日本人と結婚する)時でも、今までの事には罪の意識や遠慮的なことはありませんし、過去の夜の話になりますと、”しょうがない”で済ませてしまいます。まぁ、そういう民族性ですから、我々があまり目くじらを立てての話や観察は必要ありませんし、過去を振り返っても仕方ありませんよね。

 彼女達の過去の事を問い詰めても、我々男性も人様に誇れる様な事をしてきたわけではないんですからね。私は、今と将来がよければ良いんじゃないかと考えます。

 そして、タイガール達は日本人には無い、一途さを持ち合わせていますし、好きになられる事でここまでするって言うくらい尽くしてくれますから、素晴らしいんでしょうね。

 又、心と体が別物だとの考えですから、お付き合いをするときも同じように考えといたほうが無難ですね。心と体以外に頭まで別物ですから、中々一筋縄ではいきません。

 でも、何度も言ってますが、気に入られますと、心と体と頭で別々に気に入られますから、普通の女性とのお付き合いや恋人とは全く違ったものになりますね。通常の3倍ですよ。楽しいことですね。

 又、3倍ですから、大変さも3倍です。リスクもリターンも3倍となりますので、心してのお付き合いが重要となります。

今回の教訓です。

 今回も話がバラバラになりましたが、タイガールとのお付き合いは我々が思っている事の倍楽しくて、その代わり3倍の大変があるという事です。でも、男ですから3倍のリターンは魅力的ですよね。

 リスクに打ち勝って3倍のリターンをゲットする事に残りの人生をかけてみる事も、タニシ意人生を送る事が出来るんじゃないでしょうか?

 私は、残りの人生をリスクを無視して、3倍以上のリターンに欠けてみようと思っています。皆さんもご一緒しませんか?

|

« クリスマス・イブに独り言 | トップページ | ???の争奪戦 »

タイランド文化とタイ人学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心と体は別物:

« クリスマス・イブに独り言 | トップページ | ???の争奪戦 »