« タイガールの望みは何処? | トップページ | 理想の夫 »

2007年2月27日 (火曜日)

ハニームーン・プーケット

 5~6年ほど前の話ですが、バンコクでバッティングをした話をさせて頂きました。その彼女が最終的に機嫌を直したのは、初めて飛行機に乗せて、プーケットに連れて行くって事でした。

 彼女にすれば、ハニームーンのような感覚だったんでしょうね。私は、リゾート感覚だけだったんですがね。そのときの思い出話を今回はさせて頂きます。

 飛行機に乗るときですが、彼女は震えているんですね。私に張り付いて。どうしたのかって聞きますと、

「こんな鉄の塊が飛ぶのよ。Akiさんは、怖くないか?落ちたら死ぬのよ。」

 実は私も始めての時はこんな感じでしたね。まぁ、震えるまでは行きませんでしたが、友人達と一緒でしたので、強がっていたのかもしれませんね。

 それと搭乗の前に花束を買ってくれって頼まれましたので、大き目のバラの花束を購入して彼女に渡します。当然着ないに持ち込みますし、キャビンアテンダントからは、預かろうかって言われたんですが、彼女は

「ハニームーンだから、それに彼が買ってくれた物だから持っていたいの。」

 さぁ、大変ですね。たった1時間ちょっとのフライトですが、機内はキャビンアテンダントの気遣い(?)で、シャンパンは持ってきてくれるは、回りからは変に祝福されるはで、戸惑いを隠せない私。

 そして、ホテルに到着しますと、タイ人のお姉ちゃんを連れてきているので、ジャイナーフィーを払えって、日本人の女性クロークに言われます。そこで、彼女が怒ります、

 「何で、ハニームーン来て、そんな対応を受けないといけないの?貴方では話にならないから、上の人を呼んで下さい。」

 私は、はらはらと事の起こりを見守るだけです。そうすると宿泊の責任者が来まして、お詫びをされて、今日の夜のディナーに招待させてもらうと、言う事です。何か得をしました。部屋のグレードアップって話もあったのですが、私は今回は張り込んでプライベートプールのあるコテージを予約してましたので、ディナーに変更しました。

 部屋に案内されて、私はビックリ。さっきのクレームが効いているんでしょうね。大量の果物にウエルカムドリンクにシャンパン!素晴らしい対応というか彼女のごね方。

 私の周りには、たった4軒だけのコテージそして、アジアンリゾートの外装、目の前にはテラスと、プライベートプール。ブルジョワジーになった感じですね。

 でも、彼女が一言、

 「あっちのビルの方がいいナ。こっちは私の田舎の家と同じナ。」

 そうか、タイランドの田舎の家はアジアンリゾートと同じタイプなんですね。ですから、彼女は我々の部屋が安もんに移ったんでしょうね。その後1年位後に同じ部屋を取りましたら、バンコクから連れて行ったタイガールに同じ様なことを言われました。

 もし、バンコクからタイガールを連れて行く場合は、高い金を出してコテージを取る必要はありませんよ。安くても、ビルディングのホテルの一室がいいみたいですよ。

 そして、夜の街に行きまして帰ってくるのが遅くなりました。ムエタイの試合を見ながらのパブで嵌ってしまって、泥酔状態での帰宅です。そうしますと、我々専用の出入り口に警備員がいますが、彼が彼女を引き止めます。ここで、IDカードの預かりやジョイナーフィーの支払いの話です。

 ここで、又彼女が激怒します。立ち回り寸前ですね。他の警備員がやってきます。そして、私と彼女を取り押さえます。この辺で私の酔いも覚めて来ました。そして、段々とむかっ腹が立ってきます。おお揉めですよね。

 でも、私達は取り押さえられて警備員の詰め所に連れて行かれます。関所を突破した悪人みたいなもんですね。連衡をされて取り調べです。彼女は半狂乱ですね。私は、冷静になってきまして、事の成り行きを観察します。

 警備員達は、警察に連絡使用としている様子ですね。でも、私は、彼らに、

 「このままでは大変だよ。フロントのマネジャーに連絡した方が良くないか?」

 警備員達の顔色が変わります。昼間の宿泊の責任者が飛んで来ました。その上総支配人までやってきまして、本館の応接室に初めて入れてもらっての謝罪になりました。この時点では、私の機嫌は絶好調ですが、彼女の機嫌は別の意味で絶好調ですね。

 彼女の言葉は、

 「一緒に一回のハニームーンが貴方達のお陰で台無しよ。どうしてくれるの?」やからですね。ハニームーンでもないのに。でも彼女はそう思っているみたいですが。

 最終的には、私が泊まっている部屋よりもいい所がありませんし、どうするのかと思っていますと、館内の全ての利用は無料になりました。食事もスパも何もかも。そして、お詫びの印に翌日には、ピーピー島へのご招待ですよ。それも最高のスイートルームをご用意して頂いてね。これは、これは大変得をしました。その上プライベートボートでの送り迎えまで付きましたね。

 別れたと思っていたタイガールとバッティングはするは、リゾートをしようと思っていたのに、連れて行かなければ行けないはと、嘆いていたんですが、中々どうして素晴しい休暇の旅行になりました。まぁ、普通はこんなに簡単に良い目が出来ないんでしょうが、彼女の執念ややからのお陰でしょうね。

 今回は、漫画のように得をしたと言う話でした。

今回の教訓です。

 何から何までうまく運びましたね。でも、次回に行った時も同じホテルに宿泊をしまして、その時は結局ジョイナーフィーは取られてしまいましたね。

 彼女の迫真の演技というか、思い込みによっての事だったんですね。それに、連れて行った娘が変わっていましたので、余計に目立ってしまって最悪でしたね。

 楽しい旅行にあんまりごねるのは良くないですね。

 今回はトラブルメーカーの私が失敗談ではなくて、成功をしたと言うお話でした。では、サヨナラ!

|

« タイガールの望みは何処? | トップページ | 理想の夫 »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、楽しいお話をありがとうございます
私もタイに何度か行って(ツアーですが・・・)タイガールと一夜を共にし、翌日もその子と一緒に過ごした経験が有りますが、AKIさんのような体験はしたことはありません。タイガールと特別な関係になるポイントはお金じゃない様な気はしますが、本当の所はどうなんでしょうね?今度行ったときこのBLGで勉強したことを試してみようと思います。
よりリアルな体験談を期待しています。

投稿: 玄人好み泰好み | 2007年2月27日 (火曜日) 午後 10時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハニームーン・プーケット:

« タイガールの望みは何処? | トップページ | 理想の夫 »