« ポリスとマフィアの関係 | トップページ | テーメーカフェでの一幕 »

2007年2月24日 (土曜日)

ローイ・カトゥーン

 11月5日には、ローイ・カトゥーンといって、日本で言うところの精霊流しのイベントがあります。

 これは、中々盛大で、花火は上がりますは凄い人が湧き出てきますわ。大変ですよ。この行事に、私は一昨年に始めて参加しまして、昨年も参加しました。

 どちらとも奥さんと一緒に行きました。

 一昨年の時の事です。一昨年の5月に奥さんと再会をしました。ちょうどブッダの日です。その時から、我々は急接近をしまして、実は、このローイ・カトゥーンの少し前から、奥さんから電話がありまして、

奥さん「Akiさん、私、貴方を旦那さんって呼んでも良いですか?」

Aki  「うん、いいよ。」

奥さん「本当ですか? 嬉しい、今度ローイ・カトゥーンに一緒に行ってくれますか?」

Aki  「何? それ。君を一緒なら何処だって良いよ。」

奥さん「はい、待ってます。旦那さんだけを待ってます。」

 奥さんからの電話はこんな感じでした。私が、11月の始めにタイランドに行って、奥さんは空港に迎えに来ていて、嬉しそうな顔で迎えてくれましたね。

 以前にも書いたと思いますが、このローイ・カトゥーンの日を境に奥さんは、夜の世界から足を洗ったんですね。

 何故、この日なんでしょうか?

 ローイ・カトゥーンの日には、カップルで行く事が基本だそうです。そして、二人で将来を約束をして、精霊流しをするそうなんですね。

 こんな事は私は知りませんし、何でこんな日を選んで奥さんがお店を止めたのかも分かりませんでした。又、お店を止める時も私をお店に連れて行ってまでね。

 タイガールにとっての、ローイ・カトゥーンは特別なものだそうですね。

 当然奥さんも、特別なものだったんでしょうね。その時期からは完全に私の伴侶のような状態ですし、私だけが全てってことになってしまいました。私が知らないだけで、奥さんはこの日を自分のターニングポイントに決めていた様子ですね。

奥さん「この日に結ばれたカップルは、一生はなれることはないし、離れる事で、互いに不幸がやって来るの。」

    「旦那さんが、この日から私を受け入れてくれて、私はこの日から旦那さんの奥さんになったの。」

    「ローイ・カトゥーンから、私達の新しい人生が始まったのよ。」

   「旦那さんは、私を受け入れてくれたから、私は生涯貴方をいっぱい愛するナ。」

 良く分かりませんが、タイガールの取っては特別な日の様ですね。私は、嵌められたのか良かったのかは分かりませんが、複雑な気持ちでした。

 でも、皆さんはこの時期にタイランドに行く時は気をつけて下さいね。親交を深めようって方は、このローイ・カトゥーンを利用すれば良いでしょうし、これ以上はって思っているらっしゃる方は、拒否をするようにしましょうね。

今回の教訓です。

 私は、調べてみたんですが、奥さんの言うような事は基本的には無いんですね。でも、タイガールの色々な人の聞きますと、奥さんと同じような事を言います。

 チョコレート屋に騙されているバレンタインディーみたいなもんですね。でも、バレンタインディー同様に、タイガールにとっては最も重要な事なんでしょうね。

 まぁ、私の場合は、奥さんに騙されたって言うよりも、これで良かったと思っていますから、皆さんも親交を深めようとか、恋人にしようとか思っていらっしゃる方は、年に一回ですが、この日に訪泰をして、彼女との一日を楽しんでみては如何ですか?

 ローイ・カトゥーン、何か神秘的な響きですね。

|

« ポリスとマフィアの関係 | トップページ | テーメーカフェでの一幕 »

タイランド文化とタイ人学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ローイ・カトゥーン:

« ポリスとマフィアの関係 | トップページ | テーメーカフェでの一幕 »