« 久しぶりのプライベートタイランド | トップページ | 友人・知人との大宴会 »

2007年2月18日 (日曜日)

タイガールとの大宴会

 昨日の夜はえげつない事が、二つもありました。

 ひとつは、タイガールとの大宴会です。奥さんを入れてタイガールが11人も集まりますと、無茶苦茶ですね。全員が20代の中盤ですし、私だけが40代になってます。初めは、安物の壁のないタイフードのレストランでの会食で、大いに盛り上がって回りにご迷惑を掛けるほどの大盛り上がりでした。

 この時点で、お開きにしていましたら、良かったんでしょうが、盛り上がったものを解消できない状態でしたね。奥さんは、もう終わろうって私に囁いていましたが、その声を聞きつけた普通の仕事のタイガールが、「駄目、今日はこれから徹底的に飲んで騒ぐ。」って居直りまして、河岸を変えての宴会の続きをすることになってきました。

 場所の選定に苦労をします。しょうがないので、知り合いの日本人クラブを経営している人に電話をして、VIPルームを貸してもらうようにお願いをしました。そうしますと、快くOKをしてくれましたが、条件がありました。彼は、そんな大量のタイガールの宴会に出たことがないので、俺も参加させろ!それが条件だって言いますので、安くしてねって言いまして彼の待つ、お店まで3台のタクシーに分乗してやって来ました。

 ここの店でのことがえげつないことの一つ目ですね。

 部屋に入った時点で、テンションはバリ高ですから、止まりませんね。ワーワーと盛り上がっているんですが、タイ語のオンパレードですから、何を言ってるのかはわからない状態ですね。でも、話の内容が私の事についての話のような感じですね。

 初めのうちは、奥さんは笑顔で受け答えをしていたんですが、段々と笑顔にかげりが出てきます。私は、意味が分からないままに見守る以外に仕方なかったんですね。そうこうしている時に、この店のオーナーから、

「お前の事で、揉めてるで!」

って、話がありました。奥さんの知り合いのタイガール達は、私と奥さんの関係が羨ましくてねたましかった様子ですね。初めの内は、”いいなぁ” とか ”羨ましいなぁ” とかの話でしたが、それからは、

1.私が奥さんを騙している。

2.1週間くらいしか毎月来れないのは、ほかに女がいるからだ。

3.この人は絶対に遊んでいるはず。

4.私は、奥さんのヒモじゃないか。

5.信頼できる男が存在する筈はない。

6.本当のことを問い詰めよう。

等々の話に発展して言ったみたいですね。この店のオーナーは、内容を理解して撤退してしまいました。「店を壊すなよ。」と、一言、言い残して。

 修羅場のような様相を呈してきました。1対10の喧嘩になりそうな感じでしたので、私が間に入ってなだめますが、全然効果がありません。

 そこで、私が、

「うるせーよ。俺の話で勝手に盛り上がるんじゃねー。」

と、大声を張り上げました。それから、皆をなだめて、私が一人で話をしだしました。年頭訓示の様な感じですね。私は、した事がありませんが。

 結局は、私や奥さんの誤解と言うか、彼女達の妬みなんかを解消する為に、話を続けまして、事が収まった感じでした。でも、話をするのに、とても時間が掛かります。日本語を理解しているタイガールは少なかったですからね。疲れてしまって、酔いも覚めてしまって、時間の無駄をしてしまいました。

 私は、楽しい話を聞いて、情報を流そうと目論見をしていたのですが、徒労に終わってしまいました。

 最終的には、皆の機嫌も悪い雰囲気も解消されて、何事にもない様な形でのお開きとなりまして、われわれはホテルに帰宅をしました。

 そこから、又、今度は奥さんからの愚痴や文句が始まりますね。えげつないことの二番目です。これが、帰ってから中々収まりません。奥さんの話の内容は、

「ナイトガールは羨ましかったり、妬ましかったりすると、人の足を引っ張る。」

「ある事やない事の噂話で、中を裂こうとする。」

「揉めることが面白いと思っている。」

「だんなさんは、大人し過ぎるから皆がなめて掛かってくる。」

 等々で、中々腹の虫が治まらないようです。ここでも、私が奥さんの話を遮って、さっきと同じ様に、諭して話して時間を費やしました。その上、私は冷静ですから飲んでいても酔いは回ってきませんが、奥さんは頭に血が回ってますので、酔いが深くなって来てますので、始末に悪いです。

 一緒にシャワーを浴びて、出てきても、機嫌が治らない様子ですので、私は、いきなり奥さんを引き倒して、初めは嫌がってましたが、激しいセックスを敢行しました。

 これがいけませんでした。酔っている上に、興奮しているもんですから、止まりませんし、やめてくれません。やりまくりの状態ですね。中年には、体に悪いことでした。

 結局、奥さんが失神寸前までやりまして、やっと機嫌も直って来ました。これが、最後のえげつない事でしたね。

今回の教訓です。

 楽しいレポートにはなりませんでしたが、タイガールの本質を覗いたような感じですね。ナイトガールは、妬みを持ちやすい様子ですね。うまくいきそうなカップルを、相当の数潰したような感じですね。

 奥さんに朝に改めて聞きますと、ナイトガールの妬みは相当に激しいものがある様子ですね。これらの事とは我々も肝に銘じておかなければいけませんね。 

 私も、奥さんについても、以前に付き合っていたタイガールのことについてもいろいろな噂を聞いた事があります。でも、後で考えたり、分かった事はほとんどがデマでしたね。皆さんも、こんなことに振り回されないようにしましょうね。

 それから、男女間での問題は、激しいセックスで解決できるって、改めて感心しましたね。今までも男女間の問題をセックスで解決してきましたけど、やっぱり男女はボディーランゲージですね。

 問題解決はセックスで! 

安易な結末でしたね。ごめんなさい!

|

« 久しぶりのプライベートタイランド | トップページ | 友人・知人との大宴会 »

タイガールの裏話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイガールとの大宴会:

« 久しぶりのプライベートタイランド | トップページ | 友人・知人との大宴会 »