« ボンテージナイト | トップページ | パタヤのオープンバー »

2007年3月25日 (日曜日)

女同士の喧嘩

 今までにタイガール同士の喧嘩は、何件も目撃をしていますので、どんな状態で喧嘩をするのかを御紹介をさせて頂きます。

 私は今まで、4種類のタイガール同士の喧嘩を見ています。この4種類に付いて話を進めて行きたいと思います。

 一つ目は、夜のタイガールとホテルのクロークの喧嘩ですねタイガールは、基本的にはプライドが高いですね。ですから、我々と一緒にホテルに入る時には、IDカードの提示や預ける事をするんですが、この時に相手が男性に場合はあまり問題は内容ですが、相手が同じタイガールですと、色々な問題が発生するようですね。

 夜のタイガールの場合は、

 「私は、家族や子供の為に、体を張って仕事をして、お金を稼いで皆を養っているのよ。」

 ホテルのタイガールは、

 「体を売るなんて、最低ナ事ね。そんな娼婦が偉そうにしないで欲しいわ。」

 ここでは、喧嘩になりますね。この内容で、つかみ合いの喧嘩をした所を、とめた経験がありますね。ある所では、フロントに置いてある電話で殴って、大怪我をさせて逮捕された、夜のタイガールがいるくらいですからね。

 二つ目は、男の取り合いによる、喧嘩ですね。これは、壮絶ですよ。これは、夜のタイガールん事ですが、お客さんおの取り合いですね。掴み合いを通り越して、ナイフまで飛び出しましたからね。

 この張本人は、私ですが、収拾が付かない状態でしたが、何時間も掛けて宥めまして、結局は、触らぬ神に祟り無しって事で、あれ以来そのお店には訪問をしていません。

 これは、日本でもある事でしょうね。でも、日本では、ナイフまで飛び出してくる事は、無いような気がしますけどね。

 三番目は、自分の好きな人をゲットする為に、周りのタイガールを近づけ無いために、又、自分の事を好きな人に、色々と言われない様にする為に、敵を作っていくためですね。

 これは、タイガールの中に結構あることで、自分が他の男に仕事であっても、体を許しているって事を、話をされたくない事によって、周りとの喧嘩が始まります。これは、掴み合いにまでは発展しませんが、必ずこの中心の彼女は孤立していきますね。

 仲間内ですから、そんな事は言わないのですが、好きな人が出来ると、自己防衛と被害妄想に駆られるんでしょうね。

 これは、私の奥さんも同じ様なことになったみたいですね。この時は、私が奥さんとゆっくりと話をして、大事には至りませんでしたが。

 4番目の喧嘩は、夜の商売のタイガールの中で、幸せになりそうなタイガールがいますと、妬みや羨みの為に、足を引っ張ろうとする事によって発生します。これは、結構激しいものがありますね。

 私の所の奥さんも、ターゲットになったみたいですよ。私の所に、ある事や無い事が、耳に入ってくるように成りました。それを、私が奥さんに聞くもんですから、私の知らない所で大きな喧嘩に発展していく様子ですね。

 このタイプが一番陰険で、始末に悪いかもしれませんね。どんどん悪化していきますね。でも、私の所の場合は、私が気が付いて奥さんに、ゆっくりと話をして、

 「君の事は、全て信じているから、周りの事は一切構わない様にしなさい。」

 と、釘を刺しましたし、周りの言う事も聞かないようにしましたら、自然と消滅をして、問題が無くなった様子ですね。

 この様に、温厚に見えますタイガールも我々の知らない所で、暗躍しているんでしょうね。我々も、気を付けないといけませんね。

今回の教訓です。

 意外とタイガールは、気が強いんですよ。我々には、こんな感じは見せませんがね。その上、彼女達は物事をはっきりと言葉にしますから、気をつけないといけませんよ。

 我々は、彼女達を大人しくて、優しくて、守ってあげたいって思っている所がありますよね。でも、考えて下さいね。

 彼女達で、このタイランドは長年回っているんですよ。彼女達が、大黒柱なんですね。家庭の中の長なんですよ。

 それくらい強くないと生きていけないんですね。

 タイガールの表面的な言動によって、惑わせれているんですね。勘違いですよ。でも、彼女達は、女ですから、弱いのは確かですから、我々はこれらの事を心に留めておいて、タイガール達とのお付き合いや、対応をしていかないといけませんね。

 でないと、彼女達の矛先は我々に向いて来るかも知れませんね。

|

« ボンテージナイト | トップページ | パタヤのオープンバー »

訪泰の私的情報」カテゴリの記事

コメント

 しげりさん、コメント有難う御座います。宜しければ私のプロフィールの中にメールアドレスがありますので、そちらへご連絡頂けますか? 私で宜しければ相談に乗ります。又、ある程度詳しくお聞きしないと、返答が出来ないことがありますので、宜しくお願いします。では、お待ちしています。

投稿: dannasa | 2007年3月25日 (日曜日) 午後 08時47分

はじめまして。いつも参考にさせて頂いています。
私は去年の10月に初めてタイにいき、はまりました。といってもタイで寝たのは一人だけ。一目惚れです。真面目に付き合いたいと思い、毎日の様に電話します。働いていたカラオケクラブは辞めて欲しいと話をして、あなたと真面目に付き合いたいと伝えました。今年の1月に彼女はカラオケクラブを辞めてくれて、今は昼の仕事をしています。今日まで10、12、2月と3回彼女に逢いに行きました。
僕の事をフェーンと言ってくれますが、どこまで信用していいんでしょうか?カラオケクラブは辞めても、常連はいるみたいです。たまに携帯が電源オフですし、その事を聞いてもごまかします。まだ彼女と知り合って半年ですが、真面目に恋人以上になりたいです。彼女に言うと「まだ早い」といいます。カラオケクラブを辞めて欲しいと言ったので、私も言うだけじゃ駄目だと思い、2月から生活費2万バーツ送ります。彼女からお金を要求されたのは、初めての日だけです。彼女はバンコクで妹と暮らしています。父が亡くなってからカラオケクラブで働きだしたそうです。彼女のコンドミニアム「家賃1万バーツ」にもいきました。私もサラリーマンなので、少ししんどいですが、カラオケは辞めてほしかったので・・よく彼女はお金大丈夫なの?あなたないでしょ?とききますが。私、お金はないといってましたので。これってどうなんでしょうか?なかなか相談にのってもらえる人いません。相談にのってもらえませんか?何かアドバイスもいただけるとありがたいです。よろしくお願いします。

投稿: しげり | 2007年3月25日 (日曜日) 午後 07時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女同士の喧嘩:

« ボンテージナイト | トップページ | パタヤのオープンバー »