« インドネシア風俗調査 | トップページ | 奥さんの子供からの電話 »

2007年3月12日 (月曜日)

漁師町の昔からの置屋

 この町は、インドネシアの田舎の漁師町です。漁師町といいますと、必ず置屋が存在しますね。昨晩にいって来ました。

 さすがに、海の男の集まっている場所だけあって、必ずあります。私は、こんな事だけは鼻が効きますので、仕事を終えて、現地の人に片言やジェスチャーで、話をしまして、2箇所もお連れ頂きました。

 うーん、中々素晴らしい。

 置屋というのは基本的には、ただするだけの所ですから、我々を楽しませたり、ホスピタリティーを要求するところではありませんね。彼女達の仕事は、裸になってただ我々に身体を任せるって事だけです。

 私が連れて行ってもらって置屋は、2軒とも同じ様な感じでした。入り口を入って、女の子達が椅子に座っていて、こちらを向いているって事で、我々が相手を選んでたこ部屋のような所に入って、ただ単にするだけの事です。

 熱い国ですのに、部屋にはシャワーはなくて、共同のシャワーを利用します。始まる前も終わったあとも。

 それも、シャワー代金は別料金でとられますね。水だけのシャワーの代金を!

 この置屋の凄い所は、年齢層が幅広いことですね。又、価格が名札の色によって違っています。一つの店の例でいって見ますと。

・赤色ー1500円

・黄色ー2500円

・青色ー3300円

・白色ー3800円

・黒色ー1000円

 です。赤色と黒色は女性の年齢が非常に高いです。私の見た限りでは、40歳代が半分はいるような感じを受けました。その代わり、何でもありだそうです。

 昨日のカラオケとの値段の差は如何でしょうか?

 我々の感覚では、お茶を飲むのか一杯飲むのかの差くらいですよね。男の給料が10000円位であるとしますと、相当の高価ですよね。

 黄色・青色・白色が人気があると思いきや、赤色と黒色が人気があるそうですね。まぁ、この店は暗いですし、私はあまり目の良いほうじゃありませんので、選ぶときには簡単に女の子の顔は確認することが出来ません。

 現地の人と話をしますと、安い価格の彼女達は後家さんやバツ一が多くて、年齢は言っていてもあまり使い込んでないし、高くて若い女よりもテクニックがあって、上(口)もあって、真剣にしているって感じになるそうです。声も本物だそうですよ。

 又、彼女達はふけて見えるそうで、我々が思っているほど年は重ねていないそうですね。でも、ちょっと怯みますね。

 一緒に連れて行ってもらった現地の猟師には、価格は気にしないで好きな女を選べって言ったましたが、彼が選んだのは、赤色の1500円の人でした。彼は、遠慮しているわけじゃなくて、その辺が良いそうです。

 実は、私はチャレンジャーですから、黒色の人を選ぼうかと迷っていました。黒色の人の中に男好きをするタイプの女性がいましたので、どうしようかと迷っていると、一緒に動向をした日本人達が、価格の高い若い層を選びました。私が、黒色で1000円を選びますと、後で、

 ”せこい” とか、”年増好き” とか ”ゲテモノ食い”などといわれかねませんし、日本に行っても噂になるので、私も若い娘を選ぼうとしますと、現地の猟師が私の見ていた人を指差して、あれが最高かもしれないって言うもんで、私は彼女を選びました。

 これは、皆に変な顔をされましたが、これは最高でしたね。

 体中のありとあらゆる所を舐めてくれますし、何でもありでしたね。久しぶりで、年増女性の良さを堪能させていただきました。店中に響き渡るような声も凄まじかったですね。

 後で、皆とシャワーをしながら話をしていますと、若い娘を選んだ人達は全員がマグロ状態で、面白くなかったと、行ってますが、私の所と現地の猟師の所だけが声も物音も凄まじかったので、みんなビックリとして、明日にもう一度って張り切っていました。

 私は、明後日にはにはシンガポールからバンコクに入らないといけませんので、残念ですが、又の楽しみに取っておこうと思います。今回は、フィニッシュもせずじまいですしね。

 明日の夜には、奥さんの所ですから、こんなところで抜いてしまったら、魂まで抜かれかねませんからね。今度は、着いたその日にお邪魔しようと思います。

今回の教訓です。

 やっぱり、昔から脈々と続けられている業態とお店は、安くて安心で、コストパフォーマンスが高いですね。昨日、嫌いだったインドネシアガールを好きになりました。

 間違い、インドネシア年増でした。

 風俗の熟成が進んでいない地域では、現地の人が通っているところに連れて行って貰うのがベストですね。改めて感じました。

 何処の国に行っても、この手の商売と場所は存在しますね。皆さんも、色々なところに行って現地の環境に触れてみては如何でしょうか?土地土地に素晴らしい業態が隠れていますね。

 でも、知らない人とや知らない場所に一人で行くのは危険ですから、ご注意下さいね。

|

« インドネシア風俗調査 | トップページ | 奥さんの子供からの電話 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漁師町の昔からの置屋:

« インドネシア風俗調査 | トップページ | 奥さんの子供からの電話 »