« 久しぶりの上海 | トップページ | 友人からの楽しい電話 »

2007年4月20日 (金曜日)

夜の帝王半泣き!

 昨日は、久しぶりに上海の ”カラオケ” に行って来ました。兎に角ビックリですね。高いの何のって、昔の安くてよかった中国は何処に行ってしまったのでしょうね。

 私の様な庶民の代表は、中々気軽に行くことが不可能になって来ました。クラブの飲み代は高いし、チャイナガールを連れて帰ろうにも、驚くような価格ですので、二の足を踏むどころか、価格を聞いた時点で、諦めました。

 馬鹿らしくてね。

 昨日は、連れて帰るのに幾ら払うかって聞きますと、

 「Longで、200元。Shortで、150元。」

ですって、日本円で3万円ですよ。私は、連れて帰って支払うお金は、親の言いつけどおり10000円までって決めていますので、これでは出来ませんね。

 「私は、貧乏だから連れて帰る訳には行かないね。」

 と、話をしますと、日本人が貧乏なはずは無いって言われまして、相手にしてくれませんね。上海で遊んでいる日本人は、皆金持ちなんですね。信じられませんがね。

 高さはビックリとしますが、さすがに上海の町ですね。チャイナガールの質の高さには、驚きですね。中国では、ハルピンや吉林に美人が沢山いるって言われてますが、さすがに中国ですね。

 人が多いですから、美人も非常に多いいですね。何もしなくても彼女夜たちの顔を見ているだけで、楽しくなりますね。私は、中国語は解りませんが、中国は簡単にコミュニケーションが取れます。

 携帯のメールのところで、漢字だけを打ち込みまして、彼女達に見せますと大体の事は理解できますから、らくにコミュニケーションが取れます。しかし、親の言いつけがある為に、高価な女の子は連れて帰ることが出来ませんので、少し寂しいですね。

 まぁ、せこいだけなんですけどね。

 でも、私は夜の帝王を自称をしていますが、最近では何処もかしこでも行けなくなって来ました。アジア全体の物価が上がったのでしょうか? それとも、日本人価格なんでしょうかね。

 本当に住みにくい世の中になってしまいました。少し前までは、アジアの色々な国で、手軽に風俗を楽しめましたし、手軽に連れ出して連れて帰る事が出来ましたが、最近では本当に何でも高くなりまして、私の様にお金の無い人間は辛くなりましたね。

 普通の方は、一年に何回かって旅行ですが、私の場合は毎月旅行です。あっ、間違い。仕事で海外に出ますので、お金が幾らあっても足りませんね。もう少し、何とかならない物でしょうか?

 久しぶりに行った中国の上海のカラオケですが、何処の国も同じ様な事で、最近は面白くありませんね。ただ単に、歌って踊ってそして連れて帰るって事だけですからね。置屋とほぼ変わらない内容になってしまいました。

 するだけの風俗から、エンターテーメントのある内容にしていきませんと、この手の風俗は廃れてしまいますね。その点、タイランドは色々なタイプのお店がありますから、楽しくて飽きませんね。

 最近では、中国旅行も増えてきているんですが、夜の世界をもっと整備しないと男性の観光客が減少してしまう事でしょうね。私は、行く末が不安です。

 まぁ、私が心配しなくてもいい事でしょうが、中国の夜の街も面白くなくなりましたね。以前は、ホテルに女の子を連れてはいる事は禁止でしたから、いろいろな方法を駆使して、方の目を掻い潜ろうってしてましたが、最近ではフリーパスですから、この点の面白くない事の一つですね。

 でも、未だに公安には目を付けられていますから、注意をしないといけませんね。原則は、売春行為は禁止ですし、極刑ですからね。

 最近は、タイランド以外の国では、本当に面白いところもなくなってしまって、同じパターンで高価なだけの中身になってしまって、愚痴ばっかりが出てしまいますね。

 申し訳ありません。

今回の教訓です。

 上海は、夜に遊ぶにはもう駄目です。金持ちとたまに来る人だけの為に在るような感じですね。楽しさは、なくなってしまいました。

 貧乏人のひがみなんでしょうが、高さが楽しさを半減している様子ですね。

 でも、女の子の質は中々のものですから、一見に値するんじゃないでしょうか? 暇と、お金のある方は一度お試しあれ。

 早く、タイランドに行きたいものですね。

|

« 久しぶりの上海 | トップページ | 友人からの楽しい電話 »

私感と偏見を」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜の帝王半泣き!:

« 久しぶりの上海 | トップページ | 友人からの楽しい電話 »