« タイガールに巣食う日本人 | トップページ | 晒し者の私の悲劇 »

2007年4月15日 (日曜日)

ショッピングに行きませんか?

 皆さんは、タイランドで過ごす時には、昼間は何をしていますか?

 マッサージでしょうか? それともタイガールとのデートでしょうか?昼間の過ごし方と、ショッピングについての簡単なご指南をさせて頂きます。

 タイランドは屋台天国ですから、パッポンやスクンビットなんかの屋台で、ショッピングをされているでしょうね。オープンプライスですから、皆さんの交渉の腕に掛かっているんですよ。

 以前に、私は友人に頼まれまして、ウイスキーのポケットビン(すず)を買ってくる様の頼まれまして、パッポンの屋台で、話を進めたんです。最初に聞いた金額は、3500Bです。交渉は喧嘩腰ですね、最終は40分もかかって700Bで落札です。売り子は、”泥棒” とまで、言って浪速っ子の私は、優越感ですね。でも、帰国の時に、空港で同じ物が、540Bです。世界一高い空港でもこの値段ですよ。

 馬鹿らしくなりましたね。

 もし、パッポンやスクンビットでの買い物をするんでしたら、パッポンでは、最低5分の1での価格で、スクンビットは3分の1の価格での交渉をしないと、空港よりも高い物になってしまいますからね。ご注意下さいね。

 ショッピングが目的でしたら、必ずトクチャット(サンデーマーケット)か、ヤワラート(チャイナタウン)か、プラトーナム市場の3箇所での買い物をお勧めします。

 バンコクの観光客が集まる屋台は、殆どが上記の3箇所で仕入れをしていますので、間違いなく安いと思います。

 例えば、上記の3箇所で打っている、ブランドのイミテーションのTシャツ、表示価格で99Bで、交渉では80B近くになるのに、観光客の多い屋台では、1000Bに近い価格になってしまうことがあります。

 オープンプライスは、エキサイティングですが、我々日本人は鴨葱ですから、高い物を買わされますね。

 又、トゥクトゥクなんかで連れて行かれる、宝石屋は100%に近いくらい価値のない物を販売されますね。イミテーションではないのですが、価値のない宝石ですね。

 宝石類を買うのならば、必ずヤワラートに行かないと駄目ですよ。そして、保障を貰って買い取ってくれることを確認することです。タイ人は、お金を足して段々大きい物に変更して行きますから、下取りをしてくれる保証がないと、購入は厳禁です。

 お金持ちの人は問題ないでしょうけどね。

 そして、買い物の時は、いくら下げてもらったという事を基本にしてはいけません。自分が、いくらなら支払ってもいいって思うかが重要ですよ。日本人は、定価の国ですから、○○割引きってことが重要な感覚を持っていますが、日本以外はオープンプライスですから、自分の納得価格が基本ですから、お気をつけ下さいね。

 これは、タイガールとの交渉にも言えることではないでしょうか?

 私は、必ず 君には○○B”って話をしますし、妥協はしませんね。ショッピングもタイガールも星の数ほどいるんですからね。

 先日も私の友人が、パンツを1枚220Bで購入しました。使い捨ての為に。彼が買った同じパンツを、私の奥さんは、3枚で50Bで購入して来ましたし、挙句の果てにサービスでスニーカーソックスを3枚も貰って来ました。これくらいの差は、通常だって考えて下さいね。

 もう一度言いますね。タイランドの物価は、日本の5分の1以下ですよ。

 タイランドのラーメン(バミー)は、25Bです。日本のラーメンは安くても500円ですからね。

 ご注意が肝心です。

今回の教訓です。

 オープンプライスに慣れていない日本人の悲劇は、いたるところで発生していますね。でも、海外旅行の醍醐味は、ショッピングにもありますので、ご注意をして、楽しいお買い物をして下さいね。

 タイ人が買い物に行くところでしたら、我々日本人が騙されたとしても、価格的には知れていますから、昼間の時間を作って買い物に行って下さいね。

 楽しくて、安くていっぱい買える様にしてみて下さいね。

 最近では、私は買い物をしなくなりました。今までに色々と騙され続けて来ましたので、懲りたのではなくて、欲しい物がなくなって来ました。寂しいですね。

|

« タイガールに巣食う日本人 | トップページ | 晒し者の私の悲劇 »

お店情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ショッピングに行きませんか?:

« タイガールに巣食う日本人 | トップページ | 晒し者の私の悲劇 »