« バス・ストップ哀歌 | トップページ | 噂は、千里を走る! »

2007年4月 3日 (火曜日)

ファランとの喧嘩

 私は、若い頃からいらぬ事や悪い事を色々とやりましたが、喧嘩って事に関してはあまり経験がありません。でも、喧嘩には負けた事はありません。

 強いわけではありませんよ。ただ、負けを一切認めないだけで、相手が負けを認めるまで止めないだけなんですね。負けたことがないって言いましたが、ダメージは当然私の方が大きくて、どう見ても負けたと思われますが、負けを認めなくて相手が、”参った” というまだしますので、自称喧嘩負けなし男です。

 凄くてかっこいいでしょう。

 でも、喧嘩は痛いですし、私の場合はダメージが大きいですから、殆どする事はありませんね。それに最近では、40歳も過ぎて、人間が丸くなりましたから、喧嘩するより謝った方が早いですし、揉める事もありませんよね。

 喧嘩はいけませんよ。

 それが、最近ですが、自分の倍ほどあるファランと喧嘩になりました。私は、友人と二人ですし、相手はボブ・サップの様な黒人を含む、3人です。最悪でしょ。勝てるはずがありませんね。

 でも、テーメーカフェで飲んでいる時に、険悪なムードになりまして、喧嘩になりました。

 事のいきさつは、簡単な事ですね。ファランのグループがタイガールと話をして、盛り上がっている所に、私と友人がやってきました。たまたま、ファランのグループと話をしていたのが、私の知っていて、以前にお世話になったタイガールでした。

 彼女達が、私に気が付いてファラン達を無視して、私の所に来ました。そして、ファランたちが私に文句を言った所、激昂している彼らの言葉が聞き取れなかった事と、タイガール達がファランよりも私の方が良いって、言ったことだけなんですね。

 トラブルに巻き込まれたみたいなもんですね。

 「女に振られて文句を言いに来るなよ。」

 私は、日本語で話しますと、不思議ですがこの3人は日本語が理解できるんですね。この言葉で、最悪が加速しました。私達二人は、覚悟をして強気に話を進めました。

 店の中で、揉めて備品でも壊せば、後が大変ですし、外に出れば隙を見て逃げる事も可能です。又、外ですと友人や知人にも会うことがありますし、我々の方が有利になる可能性がありますからね。

 「ここで、喧嘩になったら彼女や店に迷惑が掛かるから、外で喧嘩しょうか。」

 私は冷静に、話をしますと、このファラン達は一瞬引いたように表情を見せました。私は自称夜の帝王ですし、日本にもタイランドにも、ペケ印の友人もいます。又、目聡い事もあって、このファラン達は、日本人には上からものを言うと怯むって思っているんではないかと、考えて、強気に出ました。

 案の定、態度と見た目だけのファランでしたね。結局侘びを入れられて、ビールを奢って貰って和解となりました。内心ビクビクでしたが、うまく話がまとまりました。

 喧嘩は良い事ではありませんが、我々日本人は曖昧ですし、イエス・ノーをはっきりと言いませんし、すぐに目を逸らしますので、ファラン達に馬鹿にされますね。日本は、戦前までは世界一勇敢で戦いたくない人種だったんですよ。いつの頃からか弱くなって、他人様を気にして、返事もはっきりと出来なくなったんですね。

 情けない話ですね。

 私達は、最低でもイエス・ノーをはっきりと言って、毅然な態度で外国で過ごさないと、いろいろな国から馬鹿にされますね。

 喧嘩はいけませんが、尊敬される様な言動を取りましょうね。

今回の教訓です。

 喧嘩は駄目ですね。

 でも、毅然な態度は、必要ですよ。女の子の取り合いで、毅然もへったくれもありませんがね。ファランという民族は陽気で、人懐っこいですが、我々日本人と同様に、物価差益と、体の大きさを、強くて金持ちって勘違いしている人達が多分にいますので、注意が必要ですね。

 この後テーメーカフェでは、でかいファランを日と睨みでちじみあがらせたのですから、タイガールたちには何時になくもてましてし、回りからも感心されたようなまなざしを受けました。

 そのお陰で、周りにタイガールたちが沢山来て、チョイスも出来なくて、すごすごと帰ってしまいまして、情けない思いをしました。

 気をつけましょうね。外国には、ややこしいやつも沢山いますからね。

|

« バス・ストップ哀歌 | トップページ | 噂は、千里を走る! »

私の失敗談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファランとの喧嘩:

« バス・ストップ哀歌 | トップページ | 噂は、千里を走る! »