« 貴人と鬼人の振る舞い | トップページ | 生殺しのパタヤの夜 »

2007年5月23日 (水曜日)

嵌められたLBとの旅行

 私も何回かレディーボーイとの一夜をともにした事があります。これは、これで中々素晴らしい物です。どちらかと言いますと、私はレディーボーイの推奨派的なところがあります。

 でも、工事が完全に終了していないと駄目ですがね。工事が完全に終了していますと、これは男ではありませんね。完全な女です。 

 何回か皆さんにもお勧めをしていますが、一線を越える事が出来ましたか?

 えっ、まだなんですか。一度は経験をする様にして下さいね。これは、素晴らしいことなんですからね。

 でも、嵌り込んで、抜けられなくなった方がかなりいますので、ご注意が必要ですよ。だって、証拠にタイランドにはあんなに沢山のレディーボーイがいて、今でもドンドン増えているんですからね。

 以前に、私は色々とお店を梯子をしまして、泥酔状態でソイカウボーイにやって来ました。ここでも、行かなくてもいいのに、ストリートをフラリフラリと千鳥足です。

 直ぐに捕まりますよね。ある店に引きずり込まれます。そして、暇なんでしょうね。色々なタイガールがやってきて、アプローチをかけます。泥酔状態ですから、いい気なもんですね。八方美人を通り越して、そこいら中に声を掛ける最低な奴に変身していました。

 当日は、一人ですし、誰にも迷惑をかけることはありませんので、完全に羽目を外していました。でも、周りのタイガールは温厚でしたから、私の成すがままですね。でも、段々険悪なムードになって来ました。

 泥酔状態の私は、気が付きません。

 そして、タイガールの顔付きが変化してきます。このときに私はやっと気が付きましたが、後の祭りなんでしょうね。でも、彼女達は優しいですね。喧嘩にもならないで、一人の可愛いタイガールだけを残して、そして私に勧めていなくなりました。

 でも、残ったタイガールの可愛い事。私は、心の中で ”あー良かった、一番可愛い娘だけが残った” とほくそえんでいたんですね。でも、泥酔状態ですし、帰ろうってしたんですが、さっきまで私の周りにいたタイガール達が又やってきて、

 「この娘は貴方が気に入ってるから、連れて帰ってあげて。」

 って、有無を言わさない詰め寄り方です。別に問題は無いのでOKをして、連れて帰りました。その日は何もしません。泥酔状態の私は、帰って直ぐに寝てしまいます。翌日起きますと、可愛い顔をしたタイガールが私に引っ付いて寝ています。

 その時、電話が掛かって来ました。昨日のタイガール達です。今日から私は2日だけですが、パタヤに遊びに行くことにしていたんですね。友人達と一緒にね。それに、今横にいる娘を連れて行けって事でした。まぁ、いいかって思って適当な返事をしました、まだ眠たかったんで頭は起きてない状態ですからね。

 何時間か立ちまして、チャイムが鳴ります。寝ぼけ眼で出ますと、昨日のタイガールの一人が小さなボストンバックを持って立っています。聞きますと、私の横で寝ているタイガールの着替えだそうです。今日からのパタヤ旅行の。そのまま受け取りました。

 そして、友人からの電話でパタヤへと向かう車に乗り込みます。二日酔いには辛いドライブでした。夜になって食事の時間になってやっと絶好調。色々なところで遊んで、ホテルに帰ります。なんせ私だけがカップルですからね。

 夜になって、するようになりますよね。キスにペッティングに、そして下に手を持って行きますと、いきり立った息子があるじゃありませんか。小娘の様に悲鳴を上げてしまいました。どっからみても声も女の子でしたので、立派な物をお持ちでした。

 やられましたね。昨日、最低のおっさんの行動を取ったバツに、タイガール達にやられてしまいました。それも、未完成というよりも、着工前のレディーボーイです。判るはずなんですが、私も友人も判らなかったみたいですね。

 まさか帰らす訳にはいきませんので、このレディーボーイに話をしまして何もしないし帰らせないからって事を、懇々と説得しまして一緒にいることになりました。息子さえなければ本当に良い娘なんですよ。その辺のタイガールとは比べ物にならないくらいにね。でも、着工前はいけませんね。

 全部が、女なのにある一部だけが男ですから可笑しい物ですね。このレディーボーイと3晩も一緒に寝ました。情けない限りですね。

今回の教訓です。

 どうみても酔っていない時でも、女の子に見えるんですよ。でも、違うんですからね。タイランドのレディーボーイはさすがですね。

 又、夜の街での泥酔状態は自殺行為ですね。こんなことで済んだからいいようなものですが、最低な事になってしまいますね。それに、酔っているとは言え、最低な行動は慎むべきですね。

 何処からさいなんが降り注ぐか判りませんね。ご注意下さいね。

 話をしないでおこうかと思ったんですが、私は寝ている時にこのレディーボーイに息子を咥えられまして、情けないことにいかされてしまいました。生まれて始めて、私と同じものを持った人に、口とはいえ、フィニッシュさせられました。

 一線を越えなかっただけでも良かったのですが、情けない話です。

|

« 貴人と鬼人の振る舞い | トップページ | 生殺しのパタヤの夜 »

私の失敗談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嵌められたLBとの旅行:

« 貴人と鬼人の振る舞い | トップページ | 生殺しのパタヤの夜 »