« バンコクでの白人事情情事 | トップページ | 奥さんは嫉妬深い »

2007年5月14日 (月曜日)

黙って消えるは最低

 タイガールとの付き合いをしている、日本人を含む外国人が沢山います。

 特に、日本人クラブのタイガールとのお付き合いをしているのは、外国人の中の日本人が殆どですよね。

 最近、昔は人気があった日本人がとっても人気がなくなって来ています。何でなんでしょうね。先日もタイランドに行ってきたんですが、知り合いが経営している日本人クラブに行ったんですが、すこぶる日本人が人気が無いですね。

 兎に角お金の対象でしか見られていない様子ですね。何か情けない感覚が広がります。私は、最近は奥さんと一緒に行きますんで、タイガール達は私がタイガールの味方の様に接してくれますので、腹蔵なく話をしてくれるんですね。

 お客さんとしての付き合いや常連さんとしての付き合いについては、問題は一切ありません。でも、彼氏や恋人のような付き合いになると、一気に問題が浮上してきますね。日本人の場合は、帰国をしてしまえば解決って、感じの人が本当に多いですね。

 これが、日本人以外の人の場合は、韓国人と中国人が、同じ様なタイプです。同じ東アジアですね。

 最近では、タイランドのタイガールの間では、3大悪って評判です。基本的には、我儘で自分勝手だそうです。それに、日本人は優柔不断って事がプラスされる様子ですね。Yea/Noがハッキリとしない様子ですね。

 ハッキリとしない事は、基本的にはOKに取られてしまいますね。これは、問題ですよ。一番日本人が悪い所ですからね。

 ここでの、日本人の答えは、

 「俺は、何もハッキリといっていないし、恋人だとは言ってない。」

 これが、一番多いですね。でも、ハッキリとしなくて、思わせぶりはYesと同じなんですよ。お店に行っても同じです。

 タイガールは情熱的ですけど、諦めも早いんですね。ですから、確実に話をする事で納得もするんですね。でも、タイガールとの付き合いの中では、日本人は初めから嘘をついていますから、嘘に嘘を塗り固めてしまって、どうしようもないって事になっている様子ですね。

 これでは、我々多数の日本人が楽しむためにタイランドに行くのに、色眼鏡で見られてしまいますね。最初からハンディーを背負っているようなもんですよ。

 私の知っているタイガールの言葉としては、こんなものがあります。

 「私の事を愛してるって言ったのに、連絡も無いし、連絡もつけれない。」

 「日本人は、帰国するって事で、全てが精算されてるって思ってる。」

 「ハッキリとしないから、好かれてるって思ってた。」

 「真剣に話をしても真剣に取ってくれない。」

 「一番心がありそうで、全く心がない。」

等々です。酷いことを言われてますね。情けない限りです。

 物価も日本人が上げてしまいますし、マナーも日本人が壊してしまいますし、その上、タイガールの嫌われてしまったら、立つ瀬がありませんね。これは、タイフリークを代表する私としましては、困ったことですね。

 そして、奥さんの知人や友人にも日本人の悪口がどんどん入ってきている様子です。

 最近では、日本人は悪い人といい人の2種類だけで、悪い人に当たったら交通事故のようなもんだって考えている節がみえます。今までは、日本人はとってもいい人でしたが、そうじゃなくなりましたね。

 殆どの日本人がそんな事は無いとは思いますが、一部の心無い方で、何でも金で買えけつを出来るって人がいるんですね。その感覚が、顔の表情にも行動にも表れている人が、増えているそうですね。

 中でも、一番多いのが日本人はタイ人を馬鹿にしているって事ですね。そんな感じがタイガールに見抜かれている様子です。

 気をつけないといけませんね。

 これから、タイランドでの世間が狭くなってしまいます。私を含めて注意しないといけない事ですね。

今回の教訓です。

 今回は、耳の痛い話になりました。折角タイガールのいい人の代名詞って感覚の日本人が、最近では悪い人の代名詞って感覚になりつつあります。

 情けなくて哀しい事ですね。

 一部の心無い人たちの言動で色々な人達が迷惑しますね。我々は、タイフリークとして、楽しいタイランドでの生活や遊びをしたいのに、中々出来なくて、辛味の狭い思いをしてしまいますね。

 互いに気を付けましょうね。

|

« バンコクでの白人事情情事 | トップページ | 奥さんは嫉妬深い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黙って消えるは最低:

« バンコクでの白人事情情事 | トップページ | 奥さんは嫉妬深い »