« 正しい遊び方! | トップページ | 最低は誰のための言葉 »

2007年5月17日 (木曜日)

素人大学生は友人の虜

 先日、久しぶりにソイカウボーイにいって来ました。私は、見るのと飲むだけですね。最近は、空しいですが、奥さんを愛しているのと、寝てるライオンを起こしては大変ですので、観察だけの日々が続いています。

 先日も、行くのがバレテ一緒に連れて行きましたが、

 「旦那さん、こんな所は最低ナ。どうしてこんな所に来たいですか?」

 と、ブツブツと一晩中言われました。私は、お客さんを連れて行くので、仕事で自分は行きたくないんだって話しましたが、

 「あの顔が行きたくないって、そんな顔には見えないナ。」

 その通りですね。バレバレです。でもね、たまには良いんじゃないですかね。悪いことも出来ないんですからね。

 でも、久しぶりのGoGoバーは、中々エキサイティングですね。日本人を含めて、この業態が大好きな人達が多いのは、改めて理解できます。

 中心部分にある、”シャーク”って店に行きました。たまたまでしょうが、お客さんが少ないのに、この日は異常にタイガールが多いんですね。我々は、友人とお客さんを連れて、4人での来店です。

 引っ張りだこですね。友人とお客さんは。色々なタイガールからアプローチが来ますね。ウハウハで、私も、自然に顔の筋肉が緩んできます。でも、私の回りからは、排除バリアーが張られていて、大変ですが。

 我々は、別々のカウンターに着きました。私には、奥さんが子泣き爺のように奥さんが離れませんが、後の二人の所は完全なハーレムの様相です。友人は、昨日私が書いたように、遊びを第一の目的にしていますから、又、お客さんは連れて帰る気が無いって事ですから、モテモテで、大盛り上がりですね。

 結局2時間以上も飲みながら、楽しんでいました。私を除いてね。

 最終的には、二人ともタイガールを連れて帰る事にしました。この時点でコミュニケーションはバッチリですね。二人は、何年来の恋人のような様相で帰っていきました。ブツブツ言っている奥さんと私を残したままで。

 私の友人が連れて帰ったのは、現役の大学生でした。アルバイトで、連れ出し拒否のタイガールです。友人とが初めてだそうです。

 これからが大変です。

 この女子大生は、友人の所に夜討ち朝駆けの状態で、四六時中押しかけてきます。

 何をしたのかって聞きますと。飲みすぎて何もしなかって、朝変える時に小銭が無かったので、3000Bとタクシーとチップで1000Bの合計で、4000B渡したそうです。でも、昼前に、学生服を着た彼女が、ホテルにお金を返しに来たそうです。「貰いすぎだ」だって事でね。

 友人は、余暇で私の仕事の時に付いてきていますし、タイガールや女は今回は要らないって事で、タイランドに来ています。買春的な感覚は一切無いんですね。ですから、当日の夜も何もしなかったそうです。

 この感覚が、良かったんでしょうね。そして、話をして、大学に行っているなら夜の仕事をしないで、違うバイトをしなさいって話したそうです。普通の人と違うし、素晴らしい人だという事で、纏わり付いてきます。友人も、暇ですし、彼女と一緒に遊びに行ったり、食事をしたり、酒を飲みに行ったりとしていますと。

 独特の瞬間湯沸かし器ですね。一緒になるとまで言い出して、大変ですね。

 結局友人の飄々とした態度や、買春的な意識が一切無い事で、大モテですね。

 考えてみますと、買春的な表情の無い人はタイガールにもてていますね。そして、紳士的な人はもてていますね。又、楽しくて面白い人はもてています。

 最終的には、友人は話をしっかりとして帰国をしましたので、この女子大生の淡い恋は消滅してしまいましたが、我々に教訓的な事がありますね。

 皆さんも、昨日話した事と今回の友人の事を、覚えておくと良いかもしれませんね。

今回の教訓です。

 何もいらない時には、美味しい事が起こるんですね。

 そうすると、美味しいことの為には心を空虚にする事で、本能に近いタイガールにはもてるんですね。本能に近いといい事は、我々の心の中の事は直感的にばれてしまうんです。

 気をつけないといけませんね。

 是非、皆さんも心を空にして、色々なお店やタイガールに接してみて下さいね。そうすると、大変に楽しい事が、沢山あることでしょうね。

 今回は、宗教的になりましたね。

|

« 正しい遊び方! | トップページ | 最低は誰のための言葉 »

変わった友人・知人関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 素人大学生は友人の虜:

« 正しい遊び方! | トップページ | 最低は誰のための言葉 »