« ヒモ男の生活 | トップページ | ホーチミンの夜 »

2007年6月19日 (火曜日)

ベトナムのホーチミンへ到着

 久しぶりにベトナムのホーチミンにやって来ました。

 朝というか夜中の1時半のTGで、バンコクをトランジットで、9時にバンコクを出て10時半にホーチミンに着きました。このパターンでは、機中泊になりますが、当日の朝の内から働くことが出来て、後々余裕が出てきます。

 機中ではあまり寝れませんので、眠たくて二日酔いです。寝るために深酒をしまして、結局は眠れませんので、酒だけが残って余計に調子が悪いですね。

 本日はホーチミンの近隣での仕事を終えまして、現地の人たちとの食事を終えまして、本日の仕事は終了です。

 ベトナム一番の繁華街にホテルを取っているだけあって、非常に楽しい感じですね。周りは、バイクの山で雲霞かの如く走り回っています。テレビでは見たことがあると思いますが、実物はビックリしますよ。

 バイクやスクーターで、車が渋滞をして通ることが出来ないんですからね。

 この日は、ベトナムの高級な壁のないレストランでの食事です。私は、東南アジアでは、殆どが高級屋台で食事をするのを基本としています。壁のない屋台はいいですよ。安くてうまくて、煙草が吸えますからね。

 まぁ、ベトナムは煙草事情は日本と同じくらいですから、そんなに苦労をする事はないですね。でも、この国に来たのは役8ヶ月ぶりですけど、段々と煙草が厳しくなりましたね。愛煙家としては苦しい所です。

 奥さんに言わしますと、

 「世界中で、煙草がなくなったらいいのに、そうしたら旦那さんの体が心配なくなるナ。煙草は身体に悪いナ。止める方がいいけど、大丈夫よ。」

 って、煙草を隠しますからね。そして、大丈夫っていいながら臭い臭いって文句を言います。世界を又に駆けていると止めようって思うんでしょうが、私の場合は東南アジアを又に駆けていますから、止める気が起こりませんね。世界の煙草事情を簡単に(マルボロクラスでの価格)、

1.ニューヨーク:900円

2.パリ:1100円

3.ロンドン:1200円

4.オーストラリア:1000円

5.東南アジア:150円~250円

 東南アジアを又に駆けていると止める気が起こりませんでしょ。その上、免税店ではもっと安いですからね。

 今は、食事が終わっての休憩時間ですが、これから久しぶりにホーチミンの夜の街へ繰り出します。本日のメニューはカラオケの梯子ですね。

 詳細については翌日に報告をさせて頂きますが、簡単な風俗関係を紹介しますと、ベトナムはなんたって、

 ”ホンダガール” です。

 ホンダのバイクに跨って、誘いを掛けるからこの愛称になったんですよ。

 お聞きになった事はありますか? 観光客が集まる場所で、バイクに跨って誘うような目をしているホーチミンガールがいます。彼女達が、フリーの娼婦です。

 基本的な金額は、100ドルくらいですかね。交渉には応じてくれますので、粘ってみることも一興です。

 彼女達のバイクの後ろに乗りまして、行きつけの連れ込みホテルに直行をしまして、ショートでの時間を楽しみます。但し、いったら終わりですね。結構高いでしょ。共産主義の国は外貨稼ぎを一生懸命しますので、外国人価格は何でも高いですね。

 そろそろ時間となりましたので、夜間のお勤めに行ってきます。明日には、ホーチミンのカラオケのレポートをさせて頂きますので、ご期待下さいね。でも、期待できないかもしれませんよ。

 一番はタイランドのタイガールでしょうからね。

 では、行って来ます。

|

« ヒモ男の生活 | トップページ | ホーチミンの夜 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベトナムのホーチミンへ到着:

« ヒモ男の生活 | トップページ | ホーチミンの夜 »