« 心を動かす電話 | トップページ | パタヤ旅行 »

2007年6月30日 (土曜日)

嵌められる、哀れな私!

 私に取っては楽しくない話です。いつも何処でも、嵌められたり騙されたりをしているような気がしますね。善人を騙したりしてはいけませんね。

 奥さんの友人達に嵌められました。彼女達は、奥さんが私と結婚をして日本へ行くって事を心配しているそうです。本当に私が、信頼の置けるしっかり者かを試そうって事だった様子ですね。

 以前も卒業試験って事で話をしました。私は、そんなに信頼の置けないタイプの男なんでしょうかね。

 ここで、一言!

 タイガールが彼氏や恋人になった時に、一番の心配はなんだと思いますか?

1.ポイされる事。

2.浮気をされる事。

 この2点だけですね。単純明快でいいですね。この二つを確実に安心させるような言動ですと、生涯の愛と尽くす行動を約束されるんですね。簡単じゃありませんか?わかりやすいでしょ。

 これは、いつも奥さんが言っている口癖ですし、今まで付き合ったタイガールの口癖ですし、最近恋人のいるタイガールの話を聞いても必ず、口癖のように言いますね。間違いないです。

 後は、自分の大切な人の体の事を、とっても心配します。タイガールに取っては、自分の大切な人は、生涯を通り越して、死んでもあの世でも一緒にいようとしますので、普通の女性の感覚とは違うものがありますね。

 全開に紹介をした、卒業試験では、偶然に助けられました。又、今回は、全開と違うタイガールとその他が画策をしました。

 どうして、私は信じられないんでしょうね。まぁ、今までやってきた事を列挙されますと、しかたが無いなって一人で納得をしています。

 今回は、大変でした。(恥ずかしくて)

 奥さんが、他の男と・・・・っていう設定ですね。

 結論から言います。いまだに奥さんとは、LoveLoveですね。もっと言いますと、以前よりももっとLoveLoveです。

 これは、奥さんに新しい男が出来たって事じゃなくて、奥さんの友人のオカマちゃんと、ショッピングに行ったり、食事をしたりって事でした。

 オカマちゃんは、私は男だと思っていますが、タイランドのタイガールは男と見ていない様子です。おかしいでしょ。チンチンはありますし、勃起もするんですよ。

 この事で、私の反応を観察するって事が今回の主眼なんですね。腹の立つ事に、奥さんまでもが、一味に加担しているんですからね。信じられませんでしょ。

 オカマちゃんとショッピングや食事の時に、奥さんの友人達が私を現場に連れていくってシュチュエーションですね。私は、最近は本能で生きてますし、タイガールが何をすれば喜ぶかを知ってますから、その現場を見た時の対応ですが、

 「奥さん、何やってるか。ほかの男と食事を一緒にするのは、許しませんよ。奥さんが、ほかの男を見る事だって許せないのに、俺は絶対に許しませんよ。こっちに来なさい。お前も、人の奥さんと勝手に一緒に食事をするな。」

 って、大きな声で怒気を交えて啖呵を切りました。

 「旦那さん、やきもち焼いてくれるか?」

 「当たり前でしょ。やきもちを焼いてどこが悪いの?」

 「あー、旦那さん、嬉しい、本当に嬉しいナ。私は、旦那さんにやっぱり愛されている。本当に、嬉しいナ。」

 でしょ。タイガールが喜ぶ事は、真剣にやきもちを焼く事ですよ。恥ずかしがったり躊躇したりしてはいけませんね。

 ショッピングの時も同じような事をしました。

 「旦那さんは、私の事だけを見てる。私の事だけを愛してるナ。やっぱり、私の事だけを心配してる。本当に嬉しいナ。」

 です。

 こんな方法もありますから、もしこんなシュチュエーションがありましたら、お試しあれ!

今回の教訓です。

 題目は、哀れって書いてますが、今回は私の方が上みたいでしたね。伊達に25年もタイランドに言っている訳じゃありませんよ。すみません。偉そうに!

 タイガールは、とっても沢山やきもちを焼いて、嫉妬深いです。でも、自分の事をやきもちを焼かれる事は、そんなに好きではありません。でも、恋人やそれ以上になりますと。やきもちを焼かれますと喜びますね。

 自分の事を真剣に思ってくれているって思う様子ですね。

 親密度合いをどんどん上昇させたい方は、中々使える手かもしれませんね。

 止めは、

 「俺は、I'm crazy about you.だから、 奥さんといる事で、I'm on cloud nine.なんだからね。お例外は、見ちゃ駄目よ。」

 「カー、旦那さんだけナ。いっぱい愛するナ。」

|

« 心を動かす電話 | トップページ | パタヤ旅行 »

私の失敗談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嵌められる、哀れな私!:

« 心を動かす電話 | トップページ | パタヤ旅行 »