« 最悪の状況下 | トップページ | ベトナムのホーチミンへ到着 »

2007年6月18日 (月曜日)

ヒモ男の生活

 私の友人にヒモ生活を堪能している男がいます。今回は、彼の紹介をさせて頂きます。彼の実態を紹介することで、タイガールの感覚が理解できると思います。

 彼は、何をしていると思いますか?

 普通は何もせづに、フラフラしています。酒を飲んだり、周りの人達と話を楽しんだりと、何もしていないと行っても過言ではありません。なのに、タイガールから小遣いを貰って生活をしているんですね。

 羨ましいって言うか、私には出来ない事ですからね。私は、貧乏暇無しを絵に描いた男ですし、庶民の代表ですから、何もしないって事は出来ないんですね。暇で、死んでしまいそうですね。

 でも、何もしない事が友人のステータスだそうです。こんなことで、タイガールとの生活がうまく行くんでしょうか? 問題なく、うまく行っているんですね。素晴らしく、仲の良い夫婦ですね。

 では、彼の実態を観察してみましょうね。

 彼女が家に帰ってきます。仕事に疲れて、

 「お疲れ様。今日は疲れたですか? 食事の用意をしてるし、先にシャワーにする、それともマッサージしてあげようか?」

 「君が、いなくて一人で待っていると寂しくて、一日中君の事だけを考えてたよ。君だけを愛してるって今日は、改めて感じたね。」

 素晴らしい!ここまで言いますか? 

 「君と二人だけでいる時が、俺は一番幸せ!これ以上のものは無いね。君が目の前にいると、やっぱり最高だね。」

 単発に話しているんじゃないですよ。毎回このような事を言っているんですよ。私が、いてもです。

 言葉だけじゃないんですね。私がいても、同じです。そして、この後は、

 「悪いね。これから彼女をシャワーに入れて、身体を綺麗に洗ってあげないといけないから、今日はこれで帰ってね。」

 私ほど歯の浮いた様な話の出来る人はいないって思っていましたが、上手も上手。凄い奴がいるんですね。

 彼女と二人でいる時は、完全に彼女を中心にして世界が回っています。その上、言葉のケアと態度のケアを、全身にシャワーとして浴びせ続けていますね。又、彼女が心配になる事は微塵も感じさせない様にしています

 素晴らしいですね。何もしないで、生活を続けるのには、これらの事は重要なんでしょね。彼に取っては、この事が通常の仕事なんでしょうね。

 これらの事でしたら、汗水を流さないで十分に出来ますから、我々がどんな選択をするかですね。私は、歯の浮いたような事はいくらでも言えますし、なんとも思いませんが、四六時中というと仕事をしていた方がいいです。

 タイガールは、言葉と態度のケアをすれば、必ずっていいほど離れていくことはありませんね。その上、自分を犠牲にしてまで、面倒を見たり世話を焼いてくれたりと、確実に尽くしてくれますね。

 日本人のヒモが少ないのは、この事が出来ないからでしょうね。

 もう一つのご注意は、日本人は直ぐにNO.1って事を言います。

 「君が一番だ!」 「君が一番好き」 「君が一番愛してる」

 でも、タイガールの取ってはNO.1(一番)は、浮気がばれたりしたときに使う言葉で、 いっぱい女はいるけど君が一番って意味ですからね。これは使ってはいけませんね。

 タイガールには、必ずOnly 1って言わないといけません。

 「君だけを愛してる」 「君だけが気に掛かる」 「君だけ・・・」

 だけって言う言葉じゃないと駄目ですよ。信じませんからね。タイガールとのお付き合いや、タイガールと親密になりたかったら、必ずOnly1(だけ)を、使う様にしましょうね。

今回の教訓です。

 言葉と態度だけで、何もする事をしないで、タイガールのヒモになる事が出来るんですね。この事でも、タイガールの気質が理解できますね。

 何回も言ってますが、タイガールは我々の鏡なんですね。そして、子供ですから同じ様に真似をしますから、我々が与え続ける事で、与えた以上の物を返して貰えます。素晴らしいですね。

 それと、NO.1とOnly1の言葉のニュアンスと日本人の癖を理解して、必ず ”君だけ”って事を言葉にする事と、態度で表すようにしましょうね。

 そうしますと、プラスの事は沢山あってもマイナスの事は全くありません。タイガールは、態度と言葉しだいで、本当に素晴らしい女性に変わって行きますし、素晴らしい対応をしてもらえます。

 覚えておいて下さいね。

 今日の深夜便で、ベトナムに行って仕事です。今回は強行軍ですね。その後は、タイランドに行って仕事です。では、行って来ます。

 ブログは後進しますから是非ご来店を!

|

« 最悪の状況下 | トップページ | ベトナムのホーチミンへ到着 »

訪泰の私的情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒモ男の生活:

« 最悪の状況下 | トップページ | ベトナムのホーチミンへ到着 »