« 奥さんの同窓会 | トップページ | 友人:ファランの話 »

2007年7月 3日 (火曜日)

最悪!見つかった時の対応

 私も奥さんと言われる人が出来ましたし、そろそろ色事には引退の二文字がチラつきますが、まだまだ色々な体験をしたいって思っている私は、問題児でしょうか?

 でも、友人達と話をしますと、男のDNAは何千年も何万年も変わらないんだから、色事は仕方ないって、都合の良い話で盛り上がってます。

 皆さんは、私のブログに訪問して頂いてますから、年齢を問わず、色事について現役でいらっしゃいますよね。そうでなくっちゃいけません。

 男は色事に興味がなくなった時点で、男とは言わなくなりますよ。私は、出来ることなら、死ぬ間際まで、現役を続けたいって思い続けています。もし、自力で立つことが出来ないなら、薬や他力本願でも手段は問わない事には、一切抵抗はありませんからね。

 私は奥さんと知り合って2年と半分が過ぎようとしています。こんな素晴らしい奥さんがいるのに、長年の男のDNAが邪魔して、奥さん以外は駄目だと頭では理解しているんですが、男のDNAですね。

 私自身が悪いのではなくて、性ですね。どうしょうも無いです。

 私の中では、奥さんよりもいい女は世の中にはいなんですよ。これだけは間違いないんです。最高の女ですし、文句も何も全くありません。でも、男のDNAが・・・・・・・

 皆さんは、浮気がばれたり、いらぬ事が発覚した事はありますか? 

 自慢じゃ在りませんが、今の奥さん以外にも数多く見つかりましたし、気がつかれました。でも、私は真剣な浮気はしたことは無いんですよ。ただの味見だけなんですね。お金で解決が出来ることを含めてね。

 では、タイガールの恋人や奥さんに見つかったときはどうすればいいんでしょうね。私のやり方を紹介します。でも、参考にするだけで真似はしないようにして下さいね。大変な目にあう可能性がありますからね。

 今回は、どうしたらいいかって事は話すのは止めまして、こうしたらえらい目にあったって事を基本にしましょうね。

1.開き直った。

 これは、最悪ですね。命の保障は出来ませんね。チャオプラヤー側に土左衛門って事になりかねません。

2.否定をし続けます。

 これは、その内攻撃を休めるだけで、絶対に忘れる事はありませんね。浮気の事に付いては世界一執念深いですね。

3.浮気の事は無視して、普通の事をする。

 否定をし続けるって事よりもこちらの方が、まだマシでしたね。でも、攻撃中に完全に普通の生活や事をするのは、中々出来ることではありませんね。

4.何もなかったことにして、言葉と態度と全てを駆使して、タイガールをケアし続ける。

 浮気のことには一切触れないで、いつもの2倍も3倍も、「愛してる」とか「お前だけ」とか、言い続けて、態度もその様にするのは、今まででは一番良かったように思います。でも、これも中々苦しいですよ。

5.謝る。

 これは、効く時と効かない時がありますね。肯定するんですからね。一度は、刺される寸前の事がありましたし、一度は何とか収まりました。

 色々と話をしましたが、確実な方法は一切ありません。でも、タイガールの方が他の国の女性よりも寛大であるのは確かです。

 こんな話をしますと、私が常に浮気をしてるって感じられる方がいらっしゃると思いますが、私は浮気性じゃありませんからね。ごく一般的な普通の男性ですからね。ただ、食道楽ナだけですから、お間違いのないようにね。

 今回の教訓です。

 浮気などの事を完璧にフォローする事は、全く出来ないと思います。では、何もしないでいればって言われますが、これが中々出来ません。生まれる前から組み込まれているDNAの所為ですね。

 でも、見つかったときの対応は、

 「奥さん、俺は君以外には全く興味が無いナ。だから、他の女を見ても芋かカボチャにしか見えないナ。」

 「俺はね、最近は女嫌いになってしまったね。こんないい女が奥さんなんだから、他に目移りする筈が無いナ。」

 等の、日頃のケアが相当大切ですね。備え在れば憂い無しですね。

 「旦那さん。浮気は駄目ナ。他の女を見るの駄目ナ。」

 「当たり前でしょ。奥さん以外に女は、この世の中には一切いないナ。I’m crazy about you.なんだからね。奥さんが、思っているより、俺は奥さんに惚れているからね。」

です。

|

« 奥さんの同窓会 | トップページ | 友人:ファランの話 »

私と奥さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最悪!見つかった時の対応:

« 奥さんの同窓会 | トップページ | 友人:ファランの話 »