« 最悪!見つかった時の対応 | トップページ | バンブー・パブ哀歌 »

2007年7月 4日 (水曜日)

友人:ファランの話

 私の友人には、ファラン、白人が何人かいます。中でも、仲の良いのがイギリスのスコットランドに居を構える、私と同年代の男です。

 彼は、お金持ちで株屋を営みとしていますから、いつもスコットランドにいる必要は無いんですね。ですから、私は奥さんの所に帰る時には、連絡しますと、年に数回は時間と日にちを合わせてスコットランドからやってきます

 そして、紳士の国の男ですから、奥さんにはとても気に入られてますね。私の友人の中では、トップクラスに位置しますね。特に、私の友人の行動は奥さんには気分の悪い事が多分にありますから、しょうがないですね。

 そのファランの友人は、出会う度に連れているタイガールが違うんです。

 一度として、同じタイガールを見たことがありません。食事をしたり、酒を飲んだりと交友がありますので、彼に話を聞いてみました。

 「俺はね、いつも一ヶ月単位の契約をしてるんだよ。」

 なるほどね。

 「そして、洗濯物と掃除をする事が条件でね。」

 「当然夜のお相手もして貰うんだけどね。」

 優雅に生活をしてますね。でも、月間にいくら払っているかを聞いてビックリしました。なんと、たったの15000Bです。普通でしたら、ロングタイムの5日分ですね。そんなんで、タイガールが1ヶ月もいてくれるんですかね。それも、夜に働くタイガールですよ。

 彼に聞きますと、

 「タイガールは基本的には、安定性を最も重視するから、そこのところをうまくつかないとね。」

 はー、中々やりますね。さすがにジェントルマンの国の男ですね。目の付け所が違いますね。

 「又、たった15000Bでは、問題もあるから、出来高せいで後5000Bくらいを払うからって話をしてるんだよ。」

 さすがに、西洋の考え方ですね。合理的ですし、成果主義なんですね。何にもまして、私では気がつきませんし、考えにも及びませんね。

 私でしたら、粘って粘ってぢ巣カウントの交渉を以下にするかって事に注力しますね。タイガールの資質を見抜いての交渉は、さすがですね。

 支払いに付いては、週給制を引いているそうですね。最初は、半分を最初に渡して、半分を満了時に渡そうとしてたそうですが、タイガールもタイ人ですね。まとまった金が手に入りますと、何もしなくなりますし、下手をするといなくなってしまいます。

 素晴らしいですが、彼の趣味だけが私には理解で来ません。どちらが顔かわからないほど黒いタイガールを選びます。

 その上、猿より猿らしいタイガールを選びますね。そして、ガリガリ系統のタイガールです。この三拍子揃ったタイガールですと、私が何人も見た限りは、全て同じタイガールに見えます。

 判別がつかないんですね。

 好みは、人それぞれなんですが、判りませんね。自慢ですが、内の奥さんは本当に美人ですよ。その奥さんを見ると、

 「Akiの奥さんは、ビューティフル、最高だね。」

って、言うのにどうなっているんでしょうね。目は悪くない様子ですがね。

 「恋人やワイフじゃないんだから、問題ないでしょ。でも、少しだけ落ちているタイガールは自覚しているし、本当に何でも良くやってくれるよ。」

 色々な考え方がありますね。

今回の教訓です。

 皆さんは、こんな感じでの生活は如何ですか?

 私は、全てを用紙で決めるわけでは在りません。どちらかと言えば、用紙は後回しだと思っていますが。

 選んでいるのは、容姿かもしれませんね。その内、慣れてくるんでしょうね。

 タイガールの資質的な物も、考えさせられるものがありますね。この事も、頭に入れておくと何かと利点があるかもしれませんね。

|

« 最悪!見つかった時の対応 | トップページ | バンブー・パブ哀歌 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 友人:ファランの話:

« 最悪!見つかった時の対応 | トップページ | バンブー・パブ哀歌 »