« 我が家への凱旋 | トップページ | ヤンゴンの夜は楽しいか? »

2007年8月17日 (金曜日)

初めての我が家

 昨日の慌しくて嬉しい一日を過ごしました。殆ど寝ることが出来ない状態でした。

 タイガールの感覚って我々の知らないことが本当に多いですね。昨日は、夜遅くに奥さんの友人達がお祝いに来ました。いつもは、遅くに友人が来ることも嫌がるんですよ。二人の時間が少なくなるって事なんでしょうね。

 でも、昨日は、幸せの御裾分けと二人の為の新居のお披露目ですね。私が帰ってくるまでは、絶対に人を入れなかったそうですからね。

 今は、一仕事を終えたホテルですが、昨夜の奥さんとタイガール達のお祝いの会が中々素晴らしかったので、ご紹介をさせて頂きますね。タイガールに付いて参考になる事があると思いますので、退屈でも宜しくお願いしますね。

 奥さんの友人が3人やってきました。彼女達は、ハイスクールの友人で普通の仕事をしています。3人とも独身で、とても可愛いタイガール達ですね。

 私は、何か恥ずかしくなってきました。そりゃそうでしょ。自分の娘のような年齢ですよ。奥さんを含めた4人が。

 「ちょっと恥ずかしいナ。」

 「旦那さん、何が恥ずかしいですか?若い女の子がいっぱいいるからですか?」

 「違う、旦那さんがおじさんだから奥さんが少し可愛そうな感じがしてね。」

 急に、泣き出します。その上、奥さんの友人からは徹底的な集中砲火を受ける羽目になりました。やっぱり、タイガールは瞬間湯沸かし器ですね。何もかもが急に変化します。びっくりしますね。

 奥さんの友人の話は、

 ”年齢なんかは関係ないナ。愛して愛されるが、一番でしょ。年齢のことを言うは、奥さんを馬鹿にしていると同じナ。貴方は、本気で愛してないですか? 奥さんには、ただ一人の愛する人が貴方じゃないですか?”

 「旦那さん、悲しいナ。そんな事これからは絶対に言わないでね。私は、貴方だけを愛しているし、死んでも貴方だけを愛しているのよ。」

 「はい、御免なさい。」

 「お願いね。旦那さんがいなければ私は、生きる事は出来ないの。貴方がいなくなったら、直ぐにこの世からいなくなるのよ。」

 「はい、もう言いません。」

 考えようによっては恐ろしい言葉ですね。こんなに愛されているのは、本当に嬉しいですが、少し怖いですね。でも、これがタイガールとの付き合いの最高の醍醐味なんですけどね。

 こう言う事がありまして、逆に和気藹々となって打ち解けます。

 タイガール達からは、羨ましいとか、素晴らしい旦那さんだとか、歯の浮いたような事を言われます。ケツの穴がこそばいですね。お世辞なんでしょうけど、ほめ殺しのような感じですね。

 彼女達は自分の友人を愛する人は、本当に素晴らしいと思っていますね。それに、タイ人の男の様にフラフラとしない人は、最高みたいですね。

 結論的には、タイガールの感覚は年齢や国やとかは、全く関係ないんですね。自分を愛してくれるかどうかだけなんですよ。これは、素晴らしい事じゃないでしょうか。

 タイがガールとの付き合いの中では、殆どが自分で自分を躍らせている様な感じですね。変に卑屈になったり、自分に酔ってしまったりと、自分で自分をドツボに陥れている事が目立ちますね。

 これは、巷のいっぱい転がっています。端から見ていると分かるんですが、当事者になってしまうと中々気が付かないんですね。注意しないといけませんね。

今回の教訓です。

 タイガールに取っての素晴らしい人は、自分だけを愛してくれる人の事ですね。国も年齢も何も関係ないんです。改めて、感心しました。

 不謹慎ですが、我々中年の男性には本当に朗報じゃないでしょうか。でも、だからこそちゃんとした事をしなければいけないんですね。

 「旦那さん、世界で一番かっこいいのは貴方なのよ。他の誰でもないのよ。私は、貴方しか見えないのよ。ね。」

 は~い、改めて奥さんの素晴らしさを感じています。私も、奥さん以外は見ない様に努力しますね。

|

« 我が家への凱旋 | トップページ | ヤンゴンの夜は楽しいか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初めての我が家:

« 我が家への凱旋 | トップページ | ヤンゴンの夜は楽しいか? »