« 初めての我が家 | トップページ | ミャンマーガールの実態 »

2007年8月18日 (土曜日)

ヤンゴンの夜は楽しいか?

 今回は、奥さんの事で色々とあります。新しい二人のアパートが出来た事で、浮かれてますし、又、私の言動で泣いたり怒ったりと情緒不安定ですね

 でも、男は仕事に逃げることが出来て、何もかも忘れる事が出来るので助かりますね。仕事に没頭することで、浮世の事は忘れ去ってしまうことが可能なんですからね。特に、私はそうなんですよ。

 切り替えが早いんです。又仕事に没頭しますと少々の事は忘れてしまえるんですね。これは、中々の特技ですよ。

 まぁ、そのお陰で偉い目に合うこともしばしばですが、ストレスを感じてくよくよと考え込む事も少ないんですね。楽天的で、何でも楽観的に考えてしまうんですね。まるで、東南アジアの男性の様な性格です。

 ですから、毎月東南アジアでストレスも溜まらないで、仕事が出来るんでしょうね。ありがたい事ですね。

 昨日は、これまでの色々な事を忘れて、たまには世界の業態の ”カラオケ” にでも行こうと、張り切っていました。仕事の仲間を誘ってね。

 意識をコロッと変える事の出来る時は、仕事の出来やスピードは格段のものがありますね。

 昨日は、何もかもが絶好調ですね。その上に、私の携帯はミャンマーだけは通じないんですね。簡単に言いますと、糸の切れた凧のような状態じゃないですか。流石に、電話も何もないんですよ。

 唯一つの足かせがないんですから、しょうがないですよね。

 ”でも、敵はさるもの凄いもの”って、ホテルにバンバン電話が掛ってくるんですね。まぁ、部屋に帰りますとメッセージの嵐ですね。ホテルから、軽く電話を入れて奥さんと話をしますが、忙しくって大変だって事だけで話が終わってしまいますね。

 いざ、世界の業態の”カラオケ”に!

 飽きた飽きたと言いながらも言ってしまうんですね。男の性でしょうか。それとも私が変なんでしょうか?

 知り合いに紹介してもらった店に、やって来ました。システムは何処の国も全く同じですね。何の変化もありません。違う所は、女の子だけですね。

 指名の段になって、ふと思うのですが、最近は気に入った女の子が見当たらないんですね。そして、考えて考えて下手を打ちます。下手な考え休むに似たりですね。どうしたんでしょうね。

 奥さんのバリアーが効いているんでしょうか? それとも、完全に好みが奥さんになってしまって、奥さんのようなタイプじゃないと気に入らないんでしょうかね。

 取り敢えず、指名をして訳30分が立ちます。段々乗ってくる頃ですね。

 突然の消灯です。

 新しい趣向かって一瞬思いますが、ミャンマーは電力事情が悪いんですね。ただの停電です。これが、中々つかないんですね。気持ちも乗りも萎えてきますよね。

 約15分間の停電の後に、灯りがつきましたが、私は完全にしらふに戻ってますし、完全に白け切っています。

 二人のアパートが出来たって喜んでいる奥さんをほったらかして、夜遊びをしている罰なんでしょうね。奥さんの得意そうな笑顔が目に浮かびます。

 結局は、全員が白けてしまってホテルへと帰ります。

 「奥さん、今仕事が終わったよ。」

 「さっき、電話があってから早いですね。」

 「うん、ミーティングだけだからね。疲れたから、奥さんの声を聞きたくて電話したんだよ。問題あるですか?」

 「嬉しいナ。ちょっと心配していたナ。でも、嬉しいナ。旦那さんの声聞けるなんて。」

 「なんで。」

 「外国にいるとあまり電話ないし、話も短いでしょ。」

 「・・・・・・・・」聞かなきゃ良かった。

 中々鋭いです。お見通しの様子です。

今回の教訓です。

 ミャンマーも同じ様な業態がごろごろして来ました。でも、電力事情が悪い為にこんな事は日常茶飯事ですね。

 私は、これで、ミャンマーでカラオケに行ったのは、3回目ですが、2回も停電に合いました。かなりの確立でしょ。ですから、あまりいい思い出はありませんね。

 このくいも、ドンドンと発展してきて、感じがバンコクに煮て来ました。昔の情緒はなくなって来ましたね。最近では、観光客も増えている様子で、空港も本当に綺麗で大きくなりました。

 バンコクからですとちょうど1時間ですから少し足を伸ばすのも中々良いですよ。バンコクの大使館で、2日でVISAが取れますからね。

|

« 初めての我が家 | トップページ | ミャンマーガールの実態 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤンゴンの夜は楽しいか?:

« 初めての我が家 | トップページ | ミャンマーガールの実態 »