« 奥さんのおねだり | トップページ | Pとの世界(1番目) »

2007年8月 7日 (火曜日)

エリートはマッサージ屋の親父

 私の友人です。友人といいますか、先輩ですね。タイランドに行く時には、いつもお世話になっていまして、色々な情報を頂きます。

 そして、成功をされて素晴らしい実績も残されています。

 彼は何を隠そう、日本の上場企業の元支社長様です。ある事情で、タイランドに流れてこられました。そして、始めは貧民でしたが、今は成功をされてブルジョワジーの仲間入りですね。

 羨ましい限りです。

 過日も何をしたのかって話を聞かせて頂きました。タイランドに根を張りたい方には参考になるかもしれませんね。簡単にご紹介をさせて頂きます。

 第一番目に、ここで根を張れなければ自分の一生は終わってしまうって、失敗は許されないって自分を追い込む事が最重要だそうです。

 どなたに聞いても、一番目は心の持ち方の事を必ず言われます。当たり前の事ですが、確実決心が出来ないと、成功する前に根を張る事が出来ない様子です。先にタイランドに根を張らないと、成功も覚束ないって事なんでしょうね。

 第二番目に、遊ぼうとか楽をしようとかを思わないようにする事だそうです。タイ人は、遊ぼうとか楽をしようとか思いますが、これを思うとタイ人とのハンディがある、日本人は結局直ぐにポシャってしまうそうです。

 楽をしたいのは、誰でも同じだと思いますが、自分が選んだ仕事を楽な物だと思って、楽しい物だと思えるかが、大きな岐路になるそうです。

 第三番目に、観光客相手か駐在員相手の商売を基本として、何が不便なのか、何を欲しているのか、何を望んでいるのかを常に考えて、即実行に移す事だそうです。考えを止めると大きな波に飲み込まれてしまうそうです。

 信義と義理を欠くことは絶対にタブーだそうです。観光客でも、単発って思ってしまうと、絶対にうまく行く事はないそうです。

 又、少しでも遅れると先にされたり先を越されたり、又、時期を逸したりとスピードは命よりも大切だそうです。

 第四番目は、成功するまで、絶対止めないって信念です。ただ縋る事ではありませんよ。諦めたり、へこたれたりの暇は無いんですね。根を張るためには、後が無いんですからね。

 何を始めても即成功や根を晴れる事はないんですから、辛抱と根気は本当に重要だそうですね。

 第五番目は、必ず伴侶、タイガールとの二人三脚が必要だそうです。法的なこともそうですし、自分の癒しの為にも必要だそうです。タイガールの手助けなしで、成功をしたり、根を張ったりしている日本人は、全くいないそうです。

 但し、一人に決めたらどんな事があっても浮気やポイは厳禁だそうです。だから、真剣に選ばないと、選ぶのを失敗しても成功は乏しくなるそうです。

 タイガールをとっかえひっかえする人で、成功をした人を見た事は無いそうですよ。

 基本は、この5項目だそうです。その他には、調査と徹底度合いとウンの3項目が足されて、大成功か生活が出来るだけかって事になるそうです。

 そして、最後に贅沢を捨てることの喜びをかみ締める事だそうです。

 如何でしたでしょうか? 私は、この話を聞きまして、今の自分の仕事にも当てはまるなって感じています。今後、自分がタイランドの移住をして何かをする上においては、最高の道しるべになるんじゃないかと感じています。

 この方には、色々と教えて頂いたり、情報を頂いたり、ご馳走をして頂いたりと、頂きっ放しです。何かで、お返しをしようと思っていますが、お土産に煙草くらいしか持っていく事が出来ません。

 タイランドは、入国の時に厳しくなって来ましたので、煙草を沢山持ってはいることが出来なくなりました。何か違う物を考えないと。

今回の教訓です。

 根を張っていらっしゃる方は、言う事が違いますでしょ。やはり、タイランドに根を張ろうと思いますと、生半可な事では難しいですね。

 でも、老後をって考えますと、大きな道が開けてきますね。年金を貰うようになりますと、無条件でVISAが取れますし、240万円の見せ金が有りますと、VISAも取れます。

 皆さんも、今の内に準備をして、タイランドでの生活を楽しみましょうね。

 「旦那さん、おじいちゃんになったらタイランドに帰ってくるんでしょ。だったら、お金を貯めてアパートを帰る様にしとかないとね。二人で、なにかのお店をしましょうね。」

|

« 奥さんのおねだり | トップページ | Pとの世界(1番目) »

タイ人からの裏話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エリートはマッサージ屋の親父:

« 奥さんのおねだり | トップページ | Pとの世界(1番目) »