« Aとの世界(3番目) | トップページ | Mの世界 ① »

2007年8月11日 (土曜日)

騙されていた、日本人たち

 皆さんは、タイガールのお尻を追い続けていますか?

 私は、追い続けることができないで、お尻に惹かれています。出来る事なら、私も色々な所で、色々なお尻を追い続けたいですよ。

 でも、奥さんと呼ぶ女性がタイランドにいる訳ですから、中々そうもいきません。最近は、奥さん一本槍ですね。まぁ、ワンホール主義もいいもんでして、色々なお尻を追いかけられない代わりに、奥さんがいることに拠って、タイ人やタイガールが安心をするのか、突っ込んだ話を聞く機会が増えます。

 そして、在泰の日本人だけじゃなくて、タイ人との交友も増えてきますね。今まで、放蕩を続けてきたんですから、そろそろ引退かなって寂しく思いますが、それは男のDNAが許しませんよね。

 日本やアジア地区にはしょっちゅう行ってるる訳ですから、機会があれば色々な国の女性とお友達になりたいですよね。常に、機会を狙っていますし、・・・・・。

 こんな事ですから、未だに奥さんに完全に信用をして貰えないんでしょうね。これは、男性の性みたいなものですからいたし方ありませんね。

 先日、恐ろしい話を聞きました。前から知ってましたが、日本人は夜のタイガールから相当騙されているって事ですね。ほんの些細な事を入れると、95%以上の日本人が騙されているそうですよ。怖い事ですね。

 タイガール達に言わしますと、

 「いつも嘘を付いているんじゃない。冗談を言っても本気にとらえるナ。日本人は。」

ですって。そりゃそうでしょうね。夜の世界に本当の事は存在しませんよね。虚実の世界ですからね。我々、日本人も日本にいる時は、それは当然分かっているんですが、外国ですし、タイガールの無垢な笑顔の前では、無抵抗な子供ですね。自分の都合のよい様に考えてしまいがちですね。

 何でなんでしょうね。

 「日本人は、甘えたり、懐いたり、本気の風をすると、何も疑わない素晴らしい人種だから、又、直ぐに惚れられてるって勘違いをしてくれるからね。」

 タニア嬢の話です。

 これは、久しぶりに復帰をしたタニア嬢から直接聞いた話ですね。

 怖いですね。我々はこんなにも勘違いをしているんですね。一番弱い言葉は、

 「お金じゃないの。貴方が全てなの。」

 ですって。お金じゃないって言葉に本当に弱いみたいですよ。私の場合は、もともとお金を持っていませんから、勘違いする前に喜んで、お世話になろうとしますね。まぁ、そんな奴は相手にされませんけどね。

 皆さんも一度考えてみて下さいね。何回も書いていると思いますが、我々は擬似恋愛の舞台を演じる為に、費用を支払っているんですよ。基本的には、追加の費用は必要がないんですよ。

 惚れられてるからとか、頼られてるからとか、挙句には ”彼女は私しかいないから” とか、おっしゃっている方が非常に多いですね。  

声を大にして言いますが、

 タイガールは世界でも素晴らしい女性です。間違いはありません。でも、それは貴方が恋人になったり、亭主になった時に最高になるだけで、夜を中心とした擬似恋愛の中では、そんな事はありませんよ。

 これは、我々とタイガールの駆け引きで、凌ぎ合いなんですからね。

 最近特に、騙されたと言う話をよく聞きますので、少しご忠告をさせて頂きました。でも、勘違いしないで下さいね。タイガールが悪いのではなくて、我々が主導権を取れていないことが、一番悪いことですからね。

 主導権をとっていないという事は、騙して下さいって言っているようなものですから。ご注意を!

今回の教訓です。

 私は、タイガールを悪く言っている訳ではありませんので、お間違いのないようにして下さいね。

 騙されているって言葉は問題がありますが、我々の心の持ち方しだいで、タイガールはどちらにでも変化しますね。塗り絵みたいなもんですからね。我々の対応や心のシュチュエーションによって同にでもなるって事ですから、よく考えてくださいね。

 でも、タイガールは素晴らしいですよ。こんなにしっかりとした日本人を騙せるんですからね。これからは、騙す騙さないって話ではなく、我々自身が、イニシャチブを取って、互いに素敵なお付き合いをするようにしましょうね。

 老婆心ながら、変な話をさせて頂きました。是非、懲りずに、私の言葉に惑わされずに、楽しくお遊び下さいね。

|

« Aとの世界(3番目) | トップページ | Mの世界 ① »

勝手気儘な偏見事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 騙されていた、日本人たち:

« Aとの世界(3番目) | トップページ | Mの世界 ① »