« 昼間のオープンバー物語 | トップページ | 奥さんのおねだり »

2007年8月 5日 (日曜日)

江戸っ子と同気質のタイ人

 タイ人の人間性やタイ人の性格についての考察をしてみましょう。

 特に、タイガールの性格に付いてご紹介をさせていただきましょうね。題目の江戸っ子気質ですが、最近ではあまり言わないようになりましたが、

 昔は

 「江戸っ子は宵越の金は持たない」って、言われてました。又、性格がカラっとしていて、竹を割ったような感じだと言われてましたね。でも、最近はこんな感じの人も少なくなってきました。

 江戸っ子自体が少ないんでしょうね。時代劇や映画などでしかお目に掛かれないようになりましたが、未だに江戸っ子と言う言葉は使われている様子ですね。

 タイガールやタイ人と何処が江戸っ子と似ているんでしょか?一番似ているところは、宵越の金は持たないって所じゃないでしょうか?

 これは、宵越しの金を持たないんじゃなくて、ただ単に計画性に乏しいだけなんでしょうね。計画って事は、タイガールの辞書には無いって思っていいくらいです。

 先の計画よりも目の前の事。又、先の金よりも目先の現金!ですね。これは、結構重要ですから、タイガールとのお付き合いを考えている方は頭の隅に置いておいて下さいね。本当に重要ですよ。

 また、見栄っ張りな所はよく似ていると思いますね。お金も持っている人が出すことですし、お金は欲しいし、大切だって解っていてもお金には頓着が無いって事は、本当に良く似てますね。

 そして、性格が明るくてカラッとしています。くよくよと悩むところも少ないですね。中々素晴らしいです。但し、浮気って事に関しては世界一番ねちっこいですよ。絶対に忘れる事はありませんからね。

 これは注意が必要ですね。ただ別れるって事ではありませんよ。報復も十分に有りますからね。特に、愛情が深いほど大変ですね。

 それと時代劇に良く出てくるのは、博打場ですね。タイ人はタイガールも同じですが、博打の好きな国民性ですね。暇さえあれば、カードなどを使って博打をしていますね。

 でも、ポーカーなどの度胸のいる博打は、世界一弱いでしょうね。これだけ顔色を変える国民性も珍しいです。この手の博打は、100%に近いくらい負けることはありませんね。

 以前に、イカサマの博打に誘われたことがありましたが、イカサマでさえ負ける事がありませんでした。でも、最後は凄まれましたが、一緒にしていたのが、マフィアの息子でしたので、事なきを得ました。

 私が一番江戸っ子に似ているって感じるのは、好奇心ですね。簡単に言いますと、野次馬根性ですね。これは、中々のものですよ。人の事に関しての噂話や、私も聞いたとか、私も見たとかの話は、止め処が無いですね。

 ねずみを見たって話が、最後はライオンに襲われたって話まで発展しますから、たまげた物ですね。

 その割りに、他の事を気にしないって事なんかも、江戸っ子の感覚じゃないでしょうか?他人は何をする人ぞって事なんでしょうか。

 江戸っ子とは関係ありませんが、タイ人とタイガールの基本は同じ物を同居で持っているって事が面白いですね。

 矛盾の塊なんですが、これがタイガールの素晴らしさを合い余ってもっとミステリアスで、楽しい物を作り出しているんですね。この辺もタイフリークになる原因の一つですね。

 江戸っ子を悪く言ってるのではありませんよ。時代劇なんかを見て、私の偏見でタイガールと似ているなって感じたので、勝手気侭に書いてみました。

 悪しからずご了承下さいね。

今回の教訓です。

 タイガールの性格を考えてみましたが、色々と有りますね。私も25年もお付き合いをしてますが、中々本質に迫ることが出来ませんね。

 でも、時代劇で見るような江戸っ子の性格に似ていることは確かですよ。だからどうだって思いますがね。

 でも、性格なんかは耳年増で聞いていても、本番は中々物になりませんね。基本は、何回もタイガールとのお手合わせをするのに限りますね。そして、何回も下手を重ねて、理解を深めて、最終的には、タイガールとの人生を歩むって事でしょうね。

 すみません。勝手に!

 でも、特に中年で独身の方は一考も二考もすべきですね。浅春の真っ只中に引き戻されて、楽しい一緒を送ることが出来ますからね。

|

« 昼間のオープンバー物語 | トップページ | 奥さんのおねだり »

タイランド文化とタイ人学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江戸っ子と同気質のタイ人:

« 昼間のオープンバー物語 | トップページ | 奥さんのおねだり »