« タイガールの比較考察 | トップページ | お金が~飛んでいく! »

2007年9月10日 (月曜日)

あそこの形

 先日楽しい話を聞きました。と、言いますか、下ネタの下世話ですけどね。

 ”タイガールのあそこの形”の事ですね。皆さんは、タイガールのあそこの形をじっくりと見た事はありますか? 実は私は、色々とお世話になっていますが、あまりないんですね。

 日本人と韓国人と中国人は、あそこを舐めるのが好きな人種だそうですから、観察されている方も多分にいるでしょうね。

 まぁ、マニアックでない限りじっくりと見ている事はないと思いますがね。日本人の場合と西欧人の場合は、ノーカットのVTR何かが氾濫していますから、何回も見ていて脳裏に焼きついていますが、さすがにタイガールのあそこのVTRは、まだ見た事がありません。

 変な話ですね。あそこの形がどうのと関係ないのですが、なるほどと思うことがありましたので、こじつけて無理やり説明を加えようと思いました。

 どうかお付き合いを!

 どうでもいいような話なんですが、タイガールのあそこの形は、子供のそれと同じ様なものらしいです。子供のあそこに毛を生やしただけの形のタイガールが本当に多いそうですよ。

 実は、私は気になりまして確かめてみました。内緒ですよ。

 内の奥さんと娘は毛が生えているか無いかの差で、形は同じなんですね。馬鹿らしいですがビックリしました。

 特に、日本人はビラビラって感じのものが付いていて、決して綺麗なものではないですね。隙だって言われる方もいらっしゃるでしょうが。

 これが、一本線だけって感じなんですよ。

 どうでもいい事なんですが、25年間もタイランドに行っていて今まで気が付かなかったことがびっくりで、紹介させて頂きました。ご存知の方もいらっしゃるでしょし、くだらない事にお付き合いをさせました。申し訳ありません。

 

 ところで、話しを変えさせて頂きます。

 タイガールとの夜の生活は、如何ですか? 私の友人の話ですが、あまり親交の深くないタイガールとする時の事です。

 騎乗位で事を始めたそうですが、タイガールからは大きな声でヨガっている声が聞こえてきています。騎乗位ですから、顔は見えないんですがね。

 テレビをつけていたこともあって、友人はテレビに釘付けになってしまった様子です。でも、何時までもよがり声が聞こえています。だ他、あまりにも単調な感じに変わってきているのには気づいていたそうですが、テレビに夢中です。

 その内、息子も萎えて来まして外れてしまったそうです。でも、まだよがり声は聞こえてきます。

 そうなんですね。タイガールも嘘のよがり声を出しながら、テレビを見入っていた様子なんですね。ですから、萎えていて外れている事にも気が付かなかったんですね。信じられますか?

 男も男ですが、タイガールもタイガールですね。このときは、互いに笑って済ましたそうですが、こんな事は日常茶飯事らしいですよ。いちいち感じておれません。いつもこんな感じなんでしょうね。

 判っていても少しショックですね。皆さんも確かめて下さいね。通常は殆ど感じることは無いんですよ。女は、コントロールが出来る動物ですからね。又、アンケートでは、行った振りをしている女性の80%は嘘だそうですし、感じているって言っている女性の50%以上は感じもしていない様子ですね。

 でも、タイガールが真剣になりますと、感じからもセックスの内容自体が変化してきますから、チェックして観察をしてみて下さいね。

今回の教訓です。

 すみません。今回は特にしょうもない話しでしたね。25年間以上もタイランドに行っていて、タイガールのあそこの形なんて考えたこともなかったです。まぁ、見ても良いものではありませんからね。

 それも子供と変わらないって知って、確認した時は、カルチャーショックで誰かに聞いてもらいたかったんです。時間を潰させまして申し訳ありませんでした。

 それと、友人の話ですが、これはひどいですが、こんな事は普通ですからね

 タイガールの本気度って事のチェックにも十分に使えますから、野獣の様な自分勝手なセックスをするのではなくて、たまにはチェックをしながら、確認をしながら楽しんで見ましょうね。

 「旦那さん、どこ見てるですか? バー、タルーン。」

 うん、もう一回だけチェックしたいナ。

|

« タイガールの比較考察 | トップページ | お金が~飛んでいく! »

訪泰の私的情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あそこの形:

« タイガールの比較考察 | トップページ | お金が~飛んでいく! »