« 舞台に上がりたい友人 | トップページ | タイガールと付き合うメリット »

2007年9月20日 (木曜日)

男とのお付き合い

 この3回の訪泰は、1週間ごとに帰ってきています。タイランドでの仕事が佳境に入りましたので、中々忙しい限りです。

 まぁ、その分内の奥さんは機嫌は絶好調ですね。ただ、

 「旦那さん、3日や1週間で帰ってくるんだから、日本に仕事は行かないでずっといればいいじゃないですか? 日本に仕事に行くのは、何時間も飛行機に乗って大変でしょ。それに、いつも腰が痛くて旦那さんも私も大変ナ。」

 「仕事だからしょうがないでしょ。」

 「は~い、でもいつも疲れていて心配するナ。そして、あまり何もしないナ。ちょっと寂しいナ。」

 最近腰痛が中々治りませんね。完全に持病になってきて、良化しないで悪化の一途をたどっているような感じですね。何か良い方法がありましたら、お教え願えませんか?

 私の出張の基本は、夜間便に乗って夜間便で帰るという、強行軍が基本です。これは、仕事を出来るだけ長く効率よくする事と、できるだけ奥さんの元に帰れる時間を増やす為です。

 ですからいつも寝不足の状態が続きます。そして、夜のお勤めの関係で、体力が低下して一番弱い腰に疲れが溜まってきて、慢性的な腰痛持ちにになってしまいました。この辺でしっかりと直さないと、入院って事になってしまいそうです。

 今回もバンコクから3時間も離れたところでの仕事です。現地で泊まると機嫌が悪いですし、毎日通いますと往復で6時間以上の時間を掛けないといけません。堪りませんね。憂鬱になります。

 

 昨日の飛行機に搭乗の前にタイ人の友人から電話が掛って来ました。

 「最近、タイランドに来ませんね。」

 「バー、毎月帰ってるで~。」

 「奥さんに聞くと帰ってこないって話しますよ。」

 変な会話ですが、タイガールの特徴が出ていますね。こいつは、女癖が結構悪いんですね。ですから、私を近づけたくないんです。私が近づく事で、風邪の様に病気がうつってしまうって言う考え方なんです。

 女癖なんて資質ですよね。女が嫌いな男はいないんですが、タイガールには、周りの影響が大きく左右するって考えている様子ですね。

 「旦那さん、風邪も近くにいるだけでうつるのよ。馬鹿も女好きも自然に自分の意思に関係なくうつるに決まってるでしょ。」

 「違うと思うけどな~。」

 「違わないナ。バーや女好きの所は行くのは駄目ナ。折角素敵な旦那さんが、バーになるでしょ。」

 だそうです。

 ですから、出来るだけタイガールの前で女の子の話や買春の話はしない方がいいんですね。まぁ、当然ですね。日本では、嫁さんや恋人の前では女の話はしませんよね。

 でも、タイランドのタイガールの前では平気でしている人が多いです。ビックリしますね。そんな事では、中々信じてもらえませんし、騙す対象になるのは明白ですね。解っていながら止められない!

 気をつけましょうね。

 私の友人の中でも日本人やタイ人を問わずに、仕事の話が中心の人は、奥さんには評価が高いですね。良い奴なんですが、女の話だけをしているのは、評価が低いです。その上、毎回違う女を連れている人は、絶対に信じる事はしませんね。

 皆さんも、気をつけて下さいね。

 タイガールには、多大なるネットワークが存在しますからね。

今回の教訓です。

 本命のタイガールと一緒のときは、女は目の前にしかいないって態度で接することが重要ですね。特に、タイ人の男は絶対にそんな態度で接しますから、我々日本人の感覚では軽蔑こそされますが、信じられることは皆無ですよ。

 特に、親交が深くなってきそうなタイガールと一緒の時は、特にですね。溝が出来てしまう可能性が多分にありますからね。

 「旦那さん、昨日の友達は良い人ナ。」

 「旦那さん、この間の人は可笑しいナ。あの人と一緒はバーになる。問題あるナ。」

 これは、私の奥さんの事だけじゃありませんよ。周りの知り合いのタイガールの殆どが口にすることですから気をつけましょうね。

 でも、女の話や夜の話は楽しいですから仕方ないですかね。

|

« 舞台に上がりたい友人 | トップページ | タイガールと付き合うメリット »

タイガールの裏話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男とのお付き合い:

« 舞台に上がりたい友人 | トップページ | タイガールと付き合うメリット »