« 夜に強い男になる為に | トップページ | 夜の友 »

2007年10月28日 (日曜日)

求めるもんは何ですか?

 タイフリークの色々な方の話を聞きますと、殆どの方がタイガールとの親交を深めたいって話をされます。

 中には、タイランドそのものが好きで、通っている方もいらっしゃいますし、単に買春が目的の方もいらっしゃいますが、私の周りには、タイガールとのお付き合いを希望されている方が本当に沢山いらっしゃいます。

 なにわともあれタイガール!

 やっぱりそうなんでしょうね。私も、この考え方に賛成です。でも、話を突っ込んで聞いていますと、それそれがタイガールに求めている事は違う様子ですね。皆さんは、タイガールに何を求めていらっしゃいますか?

 私に付いて話をしますと、

 「やっぱり、安らぎと愛を求めてます。」

 臭っさ~、穴があったら入りたい気分です。でも、考えてみて下さいね。日本にいて出来ない事って、臭いと言われたり思われているこの事じゃないでしょうか?

 それと、

 「青春時代のリバイバルの体現。」

 あ~、これも臭いですね。私の様な年齢になりますと、タイガールに求めているのはこう言う事じゃないでしょうか?

 先日も友人とバンコクで会って食事をして、互いにタイガールを連れて酒を飲みました。3組のカップルです。私は、奥さんが横にいるのは当然ですが、他の二組もいつもの彼女を連れていて、互いに年の離れた夫婦のような感じですね。

 日本で味わうことが出来ない事を体全体で再現しょうとしているように映りました。

 私の知り合いは、殆どが日本では家庭内離婚の状態ですから、家の中には安らぎって事が無いんでしょうね。私に至っては、家庭も崩壊して無い状態ですからね。

 男は、本当に弱いものなんでしょうね。好き放題するくせに、必ず安らぐ場所を確保していたいんでしょうね。身勝手なもんですね。

 所がですね。私の場合は、それも卒業をして本当に安らぐ場所を見つけることが出来ました。皆さんは、今はどの当たりをウロウロとされていますか?

 又、別の友人と話をしますと、

 「タイガールと一緒にいると、20代に戻った錯覚をしてしまうね。」

 「自分の年も何もかもを忘れさせてくれる。」

 「娘のような年齢なのに、姉さん女房の様な感覚にしてくれる。甘えさせてくれる。」

 「彼女達と居ると現実から逃避して、桃源郷にいる様な感覚になる。」

 う~ん、もっとも至極な話ですね。その通りだと、相槌を打たれている方もいらっしゃるでしょうね。

 でも、ここからが問題が発生しますね。

 求める物を自分自身で設定する事が出来ない為に、ブレーキを掛けることが出来ないんですね。と言うよりも、ブレーキ自体が無いんです。

 ブレーキが無いんですから、行くところまで行ってしまう人が後を断たないんです。そして、最後には事故ですね。

 次には、タイガールの心が見えないんですね。以前に、誰が聞いても騙されてるって思える内容でも、その当人はそのタイガールを信じて疑わないんですね。結局は、家庭も崩壊して会社も辞めて、借金だけが残ってしまったって話を何回も聞いています。

 そして、突進するんですが、急に我に帰る人がいます。これは、タイガールだけを不幸にします。突進型ですから、タイガールも信用してその気になって全てをその人にって気持ちになると、ポイです。

 問題、ありますね。

 タイガールは、我々に素晴らしい物を提供してくれる訳ですから、我々自身も守って、タイガールもなかせるような事はしないようにしないといけませんね。

今回の教訓です。

 仕事でも人生でも何でも同じ事なんでしょうが、求める物を明確にする事は重要ですね。

 私の感覚では、日本人が騙されて裸にされるという事は、笑い話になりますし、他人には迷惑を掛ける事は少ないでしょうけど、タイガールを泣かす事はタイフリーク全員に迷惑を掛けることになりますので、ご注意が必要ですね。

 情けない日本人が急増してきています、又、高度成長で最低なコリアと最低なチャイナも急増してきています。

 東アジアが最低になってきて、その内ファランに全てを浚われてしまいかねませんね。私としては、我慢ならない事です。

 是非、求める物を決めて、楽しく誰にも迷惑を掛けない様に、タイガールとの親交を深めようではありませんか。

 (今までに私が一番迷惑を掛けているかも知れませんね。でも、今は日本人の鏡ですよ。???)

|

« 夜に強い男になる為に | トップページ | 夜の友 »

私感と偏見を」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 求めるもんは何ですか?:

« 夜に強い男になる為に | トップページ | 夜の友 »