« 驚異な女は夜の蝶の鵜飼 | トップページ | タイガールの夢 »

2007年10月23日 (火曜日)

LBは男ですか?女ですか?

 今日の題目は、私も大好きなレディーボーイです。皆さんは、レディーボーイは男ですか? それとも女と思いますか?

 (昨日も、それに近い話をしましたね。レディーボーイで話を進めさせて頂きます)

 私は、ちんちんが無ければ女であると認識してますし、その様に考えています。何故かって、私の場合は、連れて帰れる事が条件なんですね。それで、する事が出来ますと女と判断します。短絡的でしょ。

 ですから、私に取っては、”オナベ”は、女としての認識です。

 100%するって訳じゃないんですよ。出来るか出来ないかって事が、判断の基準なんですね。ですから、当然ですが、オカマやちんちんの付いているは男だって判断しますし、その様な対応をしてしまいます。表面上の事は、関係ないんですね。見た目は、最高の女でも、チンチンがあれば、これは男です。

 当然じゃないでしょうか? 皆さんも、その様に思いませんか? 私の友人・知人は大体こんな考え方ですね。

 でも、先日奥さんに怒られました。考え方が間違っているって事ですね。

 「旦那さん、考え方が可笑しいナ。」

 「どうして?」

 「オカマは、男じゃないのよ。心が女でしょ。」

 「でも、何も出来ないでしょ。」

 「出来る、出来ないの話は関係ないナ。心が女は、タイランドでは全てが女なのよ。間違うは駄目ナ。」

 「じゃ、髭を生やしていても女か?」

 「男が好きな人は、全てが女なの!」

 「じゃ、チンチンの付いているオカマと女の子が一緒にいるのは、浮気じゃないのか?」

 「無いナ。女同士でしょ。旦那さんも、ゴルフなんかで、男同士でお風呂も入るでしょ。それは、浮気ですか?可笑しいナ。」

 「でも、チンチンが付いていると出来るじゃないか?」

 「無い、無いナ。女同士は可笑しいナ。オカマと一緒にいるは、浮気と関係ないナ。」

 訳が解りませんでしょ。結論的には、タイランドでは、やっぱり心が重要みたいですね。心が、女でしたら、オカマも女です。又、心が男のオナベは、男です。

 「じゃ、俺がオナベと一緒は、浮気じゃないナ。」

 「違う、旦那さんがオナベと一緒にいるは、浮気ナ。男は心で判断しないでしょ。身体で判断するでしょ。だから、心が男でも男と一緒は浮気になるの。」

 やっぱり、訳の解らない理論でしょ。皆さんは、理解で来ましたか?タイガールだけに、有利な理論のような感じがしませんか?狐につままれた様な感覚ですね。これは、奥さんだけの理論家と疑いましたので、数人のタイガールの聞き出してみますが、皆同じ事を言います。

 不思議ですね。 でも、先日変な光景を目にしました。奥さんと食事に行く時に、奥さんのオカマが一緒させて欲しいって事になりまして、私は仕事ですから待ち合わせ場所に一人で行きました。そこでの。奥さんとオカマの会話です。

オカマ「貴方、私に引っ付いて座らないでよ。」

奥さん「何か、問題あるか? 旦那さんが見ても怒らないナ。」

オカマ「違うわよ。女が近くに座ってたら、私が女を好きだと周りの人が思うでしょ。そうすれば、可愛い男が寄って来ないじゃないの。」

奥さん「私が引っ付いて座っていても、可愛い男は寄ってこないナ。」

オカマ「まぁ~、失礼ね。あっ、AKIさん。いつ見てもいい男ね。あ~ん、近くに来て~。」

奥さん「バ~、寄るな触るな!匂いを嗅ぐな!」

 可笑しいでしょ。やっぱり、オカマの話を聞いてもそうなんですかね。

 でも、私には全く理解できない感覚です。皆さんは、理解で来ましたか?

今回の教訓です。

 タイガールの感よりもタイランドとタイ人の感覚は、中々理解できないものがありますね。

 昨日同じ様な感じの話になって申し訳ありませんが、心が本当に重要だって事ですね。タイランドではね。

 但し、昨日も書きましたがタイガールは自分の都合の良い様に何でも捉えますので、一般的な感覚だけでは理解できない事や、大変な目に会う事が多分にありますので、ご注意が必要ですね。

 彼女達の基本的な考え方は、利己主義と勝手気侭と自分の感性ですからね。

 この事で、私は何回痛い目に会ってますか。でも、痛い目に会っても中々直らないですね。いつになったら学習能力が向上するんでしょうね。

|

« 驚異な女は夜の蝶の鵜飼 | トップページ | タイガールの夢 »

タイランド文化とタイ人学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LBは男ですか?女ですか?:

« 驚異な女は夜の蝶の鵜飼 | トップページ | タイガールの夢 »