« そろそろ卒業か? | トップページ | ものにしましょ、TGを! »

2007年10月 1日 (月曜日)

夜の世界の変貌

 バンコクの夜の街は、今はどんな感じでしょうね。相当様変わりをしている様子ですね。今回は、改めて夜の街を考察してみましょうね。

 最近はエキサイティングさが少なくなって来ました。って、話を友人達としますと、

 「それは、お前が毎月行ってるし、奥さんには監視されているし、何でも知っているからやナ。」

 「年に何回かしか行かへん、俺らは十二分にエキサイティングやで。心ウキウキ、身体はビンビンや。」

 そうなんでしょうね。慣れてきているんでしょうね。そして、完全フリーではなくて、こそこそと奥さんオ目を盗んでは色々な事をしているんで、最近は世間が狭くなってきたんでしょうね。

 たまには、パァーと行かないといけませんか。

 タイランドの夜の世界に付いて考えてみましょうね。最近では、時間が制限されて来ましたね。クローズの時間が早くなりましたし、色々と制約が着くようになりました。

 又、違う業態が益々増えてきましたね。そう、やって終わりって風俗の業態が幅を利かせてきましたね。特に、○○マッサージってタイプの店が激増してきていますね。

 風俗のタイプが日本の物と殆ど同じ様な感じになって来ました。

 そうです。ホスピタリティーがない業態がドンドン増えてきましたね。寂しい限りですね。特に、私の様な中年なおじさんですと、

行って、選んで、やって、はい、終わり

ってタイプのお店は、面白くないですね。タイガールとの駆け引きや話や、一緒に時間を過ごす事が楽しいんですから、やるだけって事は少し空しくなって来ましたね。確かに、日本のタイプの風俗は効率が良くて、回転も良くて収益的にもいいんでしょうが、心のない風俗は長続きしませんね。

 特に、タイランドは旅費や宿泊費をかけて、そして、時間をかけて遊びに行くわけですからね。手軽に行くわけじゃないですからね。日本と違った楽しみがないと、ドンドンお客さんが減ってしまいますよ。

 そうじゃなくても、日本人の男性のお客が減ってきているんですからね。中国に負けてきているんですからね。

 そりゃそうですね。感じですから、中国語がわからなくても筆談である程度は言葉はわかりますし、近いですし、安いですからね。(旅費や宿泊費がですね)

 この辺で、タイランドの風俗のあり方を勉強しないといけませんね。私も風俗研究科としましては、先を憂いてしまいますね。何処に行っても何をしても同じって事になりかねませんね。リピートが減りますと、この業界は衰退しますからね。

 まぁ、勝手なことをかいてますが、皆さんはそんな事を感じませんか?

 私は、長年タイランドへ行ってますが、最近はホスピタリティーの面では、レベルがドンドン落ちているように感じますね。タイランドが経済発展著しいって事も要因なんでしょうが、寂しい限りです。

 以前に、酔って奥さんにそんな話をしますと、

 「旦那さんは、関係ないでしょ。私はいつも貴方の事ばかりを考えて、貴方だけを愛しているんだから、他の事は関係ないでしょ。」

 はーい、その通りですが、デモね。

 「他のタイガールが旦那さんに関係あるですか? 旦那さんは、私の事意外は見えないって言ってたナ。世の中には私以外の女は存在しないってね。」

 そんな事いってたっけ?

今回の教訓です。

 確かにタイランドの夜の街と風俗の関係は、ホスピタリティーは欠けてきましたし、日本風の風俗が幅を利かせてきましたね。

 でも、タイガールに付いては、まだまだ世界有数のポスピタリティーの持ち主ですね。これは、間違いないです。

 ただ、このタイガールとの親密になる機会が少なくなっている事は、確かです。皆さんは、こんな日本風の風俗関係の店にばっかり行かないで、タイガールのホスピタリティーを堪能できるところに出入りしましょうね。

 出ないと、本当の意味でのタイガールのよさは中々理解で来ませんよ。

|

« そろそろ卒業か? | トップページ | ものにしましょ、TGを! »

訪泰の私的情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜の世界の変貌:

« そろそろ卒業か? | トップページ | ものにしましょ、TGを! »