« いつの時代も夜は盛況! | トップページ | 騙す男と騙される女 »

2007年11月 1日 (木曜日)

ホスピタリティーの原点

 タイフリークの増加が後を絶たないのには、タイガールの存在が多分にありますよね。これは、皆さんも異論の無いところだと思います。

 そして、タイガールの何が一番かって言われますと、ホスピタリティーの高さですね。相手を思いやる心の豊かさですよね。

 そのホスピタリティーの高さは何処から来ているんでしょうね。

 私は、気になって色々と調べたり聞きまわったりしましたが、中々正解に当たりません。その中で、奥さんの田舎や知人のタイ人の田舎に行った時にこれじゃないかって感じた事があります。

 正解かどうか解らなかったので、在泰の大先輩に話を持っていきまして、確認をして来ました。この方も私の考えが正しいんじゃないかっておっしゃいますので、簡単にご紹介をさせて頂きます。

1.タイランドは、素晴らしい仏教国です。そして、タンブン(施し・助け合い)が基本の国ですね。生きているうちにいい事をすると、生まれ変わって素晴らしい人生を送ることが出来るって信じられていますから、小さい時からタンブンが基本ですね。

2.タイランドの仏教界は素晴らしいですよ。日本のように ”坊主丸儲け” ではありませんからね。教育も、慈善事業も医療も何もかもがお寺でしますからね。末期のエイズ患者もお寺が引き受けますからね。

3.タイランドでは、子供は殆どが祖母が育てます。それも、優しくそしておおらかにですね。孫は、可愛いそうですからね。日本では、祖父母っ子は3文安いって言われますが、祖母に育てらてますと、本当に優しい子供になりますね。特に女の子はね。

 でも、男は、増長して何も省みないようになって行きますね。甘やかされるんですからね。

4.最近では、都心ではなくなって来ましたが、田舎では祖母だけでなくて周りのコミュニティー全体が、子供の面倒を見ますね。これは、大きいですよ。優しさをドンドン吸収して行きますね。

 こんな所が、タイガールがホスピタリティーに優れたものを持っている要因のような感じですね。国ぐるみで、素晴らしいタイガールを作っているんですからね。タイランドって国はね。

 その上、先日話をしたタイ人の比率ですね。これらが混ざり合って素晴らしい女性を作り上げているんでしょうね。その恩恵に我々が預かっているんですから、感謝をしないといけませんね。

 それなのにタイ人の彼女世が出来てもフラフラとする日本人も多いんですね。断っておきますが、私の事ではありませんよ。私は、品行方正を絵に描いた様なタイプの男ですからね。お間違いなく!

 まぁ、私の事はさて置きまして、彼女達の本当のホスピタリティーは、自己犠牲の上に成り立っています。子供に対しても家族に対しても、、そして、愛する男に対しても体を張って仕事もしているんですからね。

 ここで、考えてみて下さいね。

 貴方は、自己犠牲をしてもらっていますか? ヒモですかって意味じゃありませんよ。

 検討する事で、タイガールの本当の意識が解るかも知れませんね。色々な形の自己犠牲がありますからね。

 例えば、内の奥さんの場合は、ショッピングに言っても自分の物は殆ど買いません。私の物だけです、買うのはね。又、本当に仕事をしたいいんですが、私の帰りを何もしないで待ち続けています。

 仕事も何もしなで待ち続ける事は、本当に苦痛みたいです。でも、何もしない手待つって事で自己犠牲で私に尽くしているんですね。頭が下がりますね。(そして、日本語の勉強を独学でしているんですね)

 又、奥さんの友人は、日本人の旦那さんにお金を貰うだけでは申し訳ないって、朝も昼も夜も働いて、逆に援助をしているんですよ。当然夜は、体を売るわけではありません。

 そうして、逆に援助をしているそうです。その日本人の旦那さんは、嬉しくて幸せで、どんなことがあっても離せないって話をされています。

 やっぱりタイガールのホスピタリティーの原点は、自己犠牲をしてでも尽くすって事が、体や心の中に染み付いているんでしょうね。

 これほど最高のホスピタリティーは無いんじゃないでしょうか?

今回の教訓です。

 改めて考えてみても、タイガールのホスピタリティーの高さに感動をしますね。そして、愛する人のことが全てって女性を目の当たりにされた事がありますか?

 生活も性格も、考え方も言動も全てを愛する人に合わせていくって事は、中々出来るものではありませんね。

 ここがタイガールのもっとも素晴らしくて優れている所です。

 素晴らしいじゃありませんか?

 「奥さん、仕事はしたいですか?」

 「はい、本当に仕事はしたいナ。」

 「どうしてしたいですか?」

 「旦那さん一人仕事を頑張ってるでしょ。体も心も大変でしょ。少しでも旦那さんを助けたいし、少しでも宅をさせてあげたいでしょ。でもね、でもね、いくら探しても旦那さんが帰ってくる時に休ませてくれる所は無いの。帰って来た時に旦那さんを一人にして、私が何もしてあげられないって事は絶対出来ない。ごめんなさいね、旦那さんのことをいっぱい愛する事と、旦那さんが帰って来た時に色々なことをしてあげることしか出来ないの。」

 こんなありがたい事はありませんね。感謝します。

|

« いつの時代も夜は盛況! | トップページ | 騙す男と騙される女 »

タイランド文化とタイ人学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホスピタリティーの原点:

« いつの時代も夜は盛況! | トップページ | 騙す男と騙される女 »