« 騙す男と騙される女 | トップページ | 信じれない日本人と信じない日本人 »

2007年11月 3日 (土曜日)

何もかも見透かされてますよ

 今日の表題は、私に対して言われている様な文言ですね。何をしても見透かされているような感じですからね。私が馬鹿って事じゃないんですよ。私は、ピュアですから隠し事が出来ないだけなんですね。

 でも、男は多かれ少なかれ、女性に何もかも見透かされているような感じですね。男がリーダーシップを取っているって感覚を盛っていらっしゃる方が多く感じますが、端から見ていると逆の方が多いですね。

 私の場合は、よく自分の事を観察してますから、お釈迦様の掌で踊るご孫悟空だと認識していますし、その様に実感もしています。

 色々な事は、女性のほうが上ですからね。勝てるのは、腕力くらいのものではありませんか? でも、最近は腕力でさえ負けだしているんですから、立つ瀬がありませんよ。

 以前にタイ人のジゴロ達からこんな事を言われました。

 「AKIさんは、ほかの事に関してはポーカーフェイスだけど、事女の事や浮気の事は直ぐに顔に出るね。」

 「そ~か?」

 「うん、タイランドの雨季の天気みたいだね。」

 「しょうがないなぁ、俺はピュアで心が綺麗だから、隠し事は出来ないね。お前は顔には出さないのか?」

 「出さないね。特に女の事にはね。AKIさんは、女以外の事は何を考えているのか解らないけれども、女の子の事は赤子でもわかるね。」

 「うるさい! ピュアだって言ってるだろ!」

 「違うナ。女の子と色々とあった事なんかも自慢したいんじゃないですか? それとも、もしかしたらばれるっておろおろとしてるんじゃないですか?」

 「・ ・ ・ ・ ・」

 かもしれませんね。

 昨日も書きましたが、特に夜の仕事のタイガールは、基本的には接客業です。毎日毎日色々なタイプの男を見ていますね。

 ですから、我々がストリートを歩いていると、日本語で 「社長、見るだけナ。安いナ。」 って声を掛けられる様に、日本人って事が直ぐに解りますね。毎日色々な人を見ているんですからね。それと同じ様に、夜のタイガールは身体もあわす訳ですから、我々日本人の事は、ほとんどが解っているんですね。

 「タイプ別に対応を変えるわよ。当然でしょ。解りやすいもの。」

 「日本人は遊びなれている人が少ないでしょ。だから、イチコロよ。」

 「日本人は、色々なパターンやテクニックを使わなくても大丈夫ね。」

 「日本人だけは、チェンジって事は殆どないもの。心で思っている事も口には出して言えないもの。」

 「引っ付いていたり、愛してるって言ってるだけで、大丈夫よ。」

 昨日飲みに言ってタイガールに聞いた言葉です。やっぱり、見透かされてますね。

 「AKIさん、貴方は子供みたいだから、解りやすいけど、何でもさらけ出しちゃ駄目よ。でも、子供みたいだから何するか解らないけどね。」

 「そ~か?」

 「うん、旦那さんは、4歳児と同じナ。解りやすいけど、手が掛って大変よ。」

 「何が大変なんだよ。」

 「亭主関白で、マメで、何でも素直に話をして、家の中では裸で走り回ってるんだからね。そして、お腹減ったって駄々はこねるしね。」

 「わ~、いいなぁ、羨ましいなぁ。」

 私の恥部の様な事ですが、私の言動を色々と話をした奥さんを夜のタイガールが羨ましがってます。可笑しいですが、素直で何でもする事がタイガールの母性本能を擽るかもしれませんね。

今回の教訓です。

 昨日も書きましたが、100%に近い状態で、タイガールは我々の事を見透かしていますよ。ですから、我々は虚勢を張るより、素直に本当をさらけ出すことの方がタイガールの心に残りますね。

 心当たりのある方もありませんか?

 私の友人なんかは、素直になったと単にタイガールの対応や感覚が変化してきたっていっている人達が多いですね。

 タイガールにもてるのは、子供の心を持っている変な親父って事がもてるかもしてませんね。そして、彼女達に甘えることを盛大することの方が、断然いい感じです。是非、心に留めておいて下さいね。

 「奥さん、俺は可笑しいか?」

 「全然、何でもさらけ出すし、甘えるし、素直でしょ。私は、それの方がし合わせよ。大変だけどね。でも、守ってあげたいでしょ。」

 皆さん揃って子供になりましょうね。

|

« 騙す男と騙される女 | トップページ | 信じれない日本人と信じない日本人 »

勝手気儘な偏見事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何もかも見透かされてますよ:

« 騙す男と騙される女 | トップページ | 信じれない日本人と信じない日本人 »