« TGの悲しい現実 | トップページ | 一心同体って? »

2007年11月14日 (水曜日)

オイルマッサージの恐怖

 普通のマッサージ屋で、オイルマッサージをした事はありますか? カーテンだけの部屋で、スッポンポンになるんですよ。

 これは、マッサージではありませんので、気をつけないといけませんね。働くタイガールと言うかタイおばさんの小遣い稼ぎの場なんですね。

 手抜き口抜きと本番とドンドンエスカレートして行きます。

 大変ですよ。

 タイマッサージをしてもらうのがそそるようなタイガールですと、断る理由も見つかりませんし、断れないタイプの私なんかは、必ずって言うほど餌食になりますね。

 カーテン一枚で、やったこともありますが、スリリングを通り越して、周りが気になって没頭できませんし、気が散って中々行くことが出来ません。元々、いくのが遅いタイプですからね。

 オイルマッサージをチョイスしますと、おもむろにカーテンが閉められます。そして、洗濯バサミで、中が見えないように色々と留めていきます。そして、全裸になるように進められて、さぁ始まりです。

 普通は背中を中心にされるんですが、胸やお腹からスタートします。息子には、申し訳程度のタオルが掛けられていますが、5分もしない内に完全に全裸にされてしまいますね。無防備な状態です。

 そして、息子の周りを丹念にマッサージが始まります。100%勃起をしてきます。息子は一切触らないんですよ。どんどん気持ちよくなって勃起状態が続いてきますね。

 そうすると、急に笑顔になって

 「凝っている所をマッサージしないとね。」

 「えっ、何。どこを。」

 徐に優しく息子をマッサージしてきます。そして、スペシャルを聞いてきますね。マッサージの方法が3種類です。

 手で優しくマッサージしますか? 口でマッサージしますか? ホイで激しくマッサージしますか? 

 選択は自由です。口かオメコになってしまいますよね。本番ってことになりますと、凄いですよ。特に一人で行ってない時は、ストリップのまな板ショーにあがって、皆の前で注目の上で、Sexをしている感じですね。

 周りで、静かにしてる事が余計に過敏にされてしまいますね。露出狂の気分でしょうね。気が散りますから、中々行きませんね。

 その内、口を押さえながら喘ぎ声が漏れてきます。サァ、大変です。でも、男の性ですね。喘ぎ声が漏れてきますと、ハッスルしてしまうんですね。馬鹿丸出しですね。でも、この感覚も捨て難いものがあるんです。

 上に乗られているんですが、交代をして上に載ったり、バックからしたりと体位まで変えてしまうんですね。体位を色々と変化させるのは、嫌がりますが、下半身は裸で上半身は申し訳程度のシャツだけですから、何でもありになりますね。

 創造してみて下さいね。両隣ではマッサージをしているんですよ。でも、もしかしたら同じ事をしているかもしれませんね。こんなことを考えていると、集中できませんが、変に集中してしまうんですね。

 馬鹿ですね。

 マッサージをしてもらっているか、お金を出してマッサージをしてあげているかが解らなくなりますでしょ。

 これで、マッサージのテクニックのある人に当たりますと、息子も触られない状態で、いかされてしまいます。息子の周りをマッサージするだけですよ。こんな感じで、いかされますと、空しいですね。

 どうせいかされるんでしたら、カーテン一枚のスリリングな中でやってしまった方が正解ですね。

 こんなおばさんでは勃起する事もないって感じる事もあるでしょうが、彼女達は誰でも勃起をさせるテクニックを持っていますね。老年の方を勃起させて何回も喜ばれた事もあるそうですよ。我々なんかは、赤子の手を捻る様なものみたいですね。

今回の教訓です。

 私の様な年齢ですと、こんな所で抜いてしまったら夜は大変な事になりますね。夜の情事に影響がでますし、奥さんにでも感ずかれたら大変ですみませんね。私は、次の日からレディーボーイに転身かもしれません。

 露出狂のような感覚で、見つかるかもしれないって感覚の情事は、悪くないですから考え物ですね。私の友人で、癖になって色々な所に行って、事を行っている様子ですね。でも,出来ない所も当然ありますからね。

 アブノーマルなセックスに挑戦をするのも楽しいかもしれませんし、後で酒の肴になることですので、一度チャレンジしては如何ですか?

 全身、掛け値なしで全身の凝りが解消されますね。

|

« TGの悲しい現実 | トップページ | 一心同体って? »

私感と偏見を」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オイルマッサージの恐怖:

« TGの悲しい現実 | トップページ | 一心同体って? »