« 友達の輪 | トップページ | ノーハンドレストランについて »

2007年11月 9日 (金曜日)

コーヒーについて!

 コーヒー!

 タイランドでは、タブーな言葉です。特に関西人の私のイントネーションは特にそうです。知っている方もいらっしゃると思いますが、改めて解説をしておきましょうね。

 コーヒー!

 コーは、タイ語ですとくれとか下さいって意味ですね。これは、問題ない言葉ですね。問題は、ヒーです。これは、タイランドでは最低の言葉です。女性性器のことですね。関西弁では、”おめこ”って事です。

 タイ語訳をしますと、”おめこをくれ”って事で、タイランドでは、最低の言葉です。言葉としてはタイランドでは、最低の言葉だそうですね。奥さんはわかっているのに、”コーヒー”は、二人だけの時でも顔色を変えますが、外では怒り出しますね。

 私は、知らない時にこの言葉を色々な所で、話をしまして、顰蹙を買いましたし、指まで差されたことがあります。今では、必ず”カフェ”って話す様にしています。所変われば、品変わりますね。

 後、言葉では、日本語の綺麗は、タイ語ではブスの意味ですし、関係ないは、タイ語では下着(パンティー)の意味です。色々とありますね。

 今回は、タイランドでのタブーについての話をしたいと思います。

 言葉の事は、ほとんど知ってると思いますので、少し違った感覚で、タイ人同士のカップルがいますね。このカップルの女性の方に色目を使いますと、大変ですよ。世界一のジゴロのタイ人男性ですから、最悪の場合は決闘って事にもなりかねませんね。

 タイ人男性は、比較的に大人しくて、争いを嫌いますが、女性と一緒の時は、全く違いますからね。強さも何十倍になりますからね。気をつけないといけませんね。

 私の友人で、大変な目に合った奴がいましたからね。こいつも、タイランドでは何でも出来るって思っていた奴ですから、皆さんもタイガールは誰でも彼で持って訳じゃありませんからね。間違わないようにね。

 タイランドは、小乗仏教の国ですから、頭の渦巻きの中に仏さんがおると言われています。ですから、可愛い子供を見て思わず頭を撫でるって事は、喧嘩を売っていると同じですから、気をつけて下さいね。

 これは、子供だけではありませんし、タイガールと一夜の情事の時にも、嫌がられる事がありますので、気をつけて下さいね。

 タイランドでの最大のタブーは、王室や王様の悪口や批判ですね。これは、最悪ですよ。どんな人でも、タイランドの王様は尊敬されていますからね。日本の感覚ですと、間違いなく懲役ですね。

 又、公共の場に行きますと、時間によって国歌がかかるときもあります。その時も、立ち止まって周りのタイ人と同じ様にしなければなりません。タイランドにいるんですから、王様を敬うのは当然って事ですね。

 又、市内には、秘密警察なるものが徘徊していますから、もし聞きとがめられると大変ですね。そのことで、捕まらなくても、別件での逮捕って事が必ずありますから、気をつけなければなりませんね。

 その他の事は、大したタブーはありません。

 但し、我々が夜の街を徘徊して、タイガールと連れて歩いているのは、厳密には、売春行為に当たります。タイランドでの、売春と買春は相当罪が重い事ですから、注意が必要ですね。

 普通のことでは、問題はありませんが、目に余ることやタイ人を気分の悪い目に合わしたりしますと、報復にあいますから、注意して下さいね。

 タイランドは、治安が良くて何も問題が無いって思っていらっしゃる方が多いので、気をつけるに越したことはありませんね。出ないと、何処に落とし穴が潜んでいるか判りませんからね。

 それから、あまりタイガールに不義理なことをすると、訴えられることがありますよ。私の知人にも、そんな嫌疑がありまして、拘留された事がありました。

 皆さん、基本的なルールを守って楽しいタイランドの生活とタイガールとのお付き合いを楽しみましょうね。

今回の教訓です。

 皆さんは、知っていることばかりだと思いますが、老婆心ながら書かせていただきました。何回か質問がありましたのでね。

 基本的には、タイランドは治安も良くて問題の少ない国です。常識的な事をしていれば問題は殆どありませんね。

 でも、王室と王様の批判やお寺の批判は駄目ですよ。完全な王国ですし、完全な仏教国ですからね。

 備えあれば憂い無しですね。

|

« 友達の輪 | トップページ | ノーハンドレストランについて »

タイランド文化とタイ人学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コーヒーについて!:

« 友達の輪 | トップページ | ノーハンドレストランについて »