« 疑わしきは、罰する! | トップページ | 完全に嵌った私 »

2007年12月17日 (月曜日)

友人の結婚式 in Bankok

 先日にバンコクで友人の結婚式がありました。田舎でするんだったら参加しないでおこうと思ったのですが、バンコクのとあるホテルで披露宴をするって事でしたので、参列をして来ました。

 内の奥さんと同行をしてですね。これはこれで、楽しかったのですが、披露宴の前後は大変ですね。機嫌が悪いし、羨ましがったりと、宥め賺すのに大変に苦労と骨を折ました。

 「○○チャンは、いいなぁ。ちゃんと結婚できていいなぁ。私は、どうなるのかなぁ。旦那さんは、いつも愛してるって言うけど、まだ結婚も出来ないしなぁ。はー、羨ましいなぁ。」

 披露宴は当然ですが、前日も翌日もこの調子です。チョットウンザリでしょ。でも、面と向かっていう事は無いんですよ。聞こえるように大きな声では言いますが。

 「俺たちももう直ぐじゃないか。ね。必ず一緒に暮らすからね。嘘や冗談じゃないから、大丈夫でしょ。」

 「旦那さん、如何したの?」

 「奥さんが、ブツブツ言うからね。」

 「私は、心に思ってただけナ。そうか、思いが強かったから声に出たり、旦那さんの心に訴えかけたのか。旦那さんは、どう思う?」

 いつもこの調子です。

 昔にタイランドの田舎の結婚式に参加した事がありました。その時は、国が違うとここまで違うのかって思ったほどです。当然タイランドですから仏前結婚ですね。長い間、お坊さんの説教を聞かされて、長い間結婚式が続きます。

 私が参加した田舎の結婚式は、葬式と同様何日も続きます。飽き飽きしてきますが、娯楽の少ないタイランドの田舎は最大の娯楽イベントみたいですね。

 二人のお祝いと言うよりも周りの人の楽しみの為にあるような感じですね。大変ですよ。

 でも、バンコクでします結婚式は、日本のそれと同じ様なものですね。衣装がタイランドの正装をしてのお色直しがあるだけで、日本で参加する披露宴と全く遜色がありませんね。

 私は、友人代表って事で、スピーチをしますが、始めはタイ語をカタカナで書いて話していたんですが、私のタイ語は誰も解らない様子ですので、奥さんを横にして日本語と通訳をしてもらって、タイ語との2ヶ国語でのスピーチです。

 自分ではいい話をしたんですが、あまり受けませんね。受けたのは、日本人だけです。感覚が違うんでしょうね。

 友人が結婚したのは、普通のタイガールですから、参加しているタイガールも殆どが髪の毛が黒くて、清楚な感じの娘達です。

 面白くなかったんですが、その後に2次会で大宴会となりまして、中々楽しい一日を過ごしました。一般のタイガールは、日本人への免疫があまりない様子で、興味心身で私を観察しています。何故私かって言いますと、他の日本人のおじさん達は夜の街に繰り出しちゃいました。

 私だけ、カップルですから居残りです。そして、私より奥さんに他のタイガールからの質問が集中していますね。例によって私は殆ど理解で来ません。

 話の途中でタイガール達が私の顔をみて、「へー」って顔をします。褒められているんでしょうかね。その後、彼女達から私への質問です。

 「どうして早く結婚しないの?」

 「どうして、奥さんを日本に連れて行かないの?」

 「どうして、一緒に住まないの?」

 「どうして、いつまでもほっとくの?」

 完全に私は悪者で、取調べ室の犯罪者の様な待遇です。

 やっぱりタイガール達は連帯感が強いです。そして、私の仕事の内容を話しますと、もっと悪人になりますね。毎月毎月外国に出張ですからね。タイガール達は一日でもほっておくのは、罪悪そのものみたいですね。

 仕事だからって言っても聞く耳は持ちませんね。彼女達は、通常の仕事以外は、常に手の届く範囲にいて、常に引っ付いている事が条件の様子です。最近の奥さんの口癖は、

 「マンキョウ・ナ」

 ですからね。常に近くにいる事が彼女たちにとっての幸せなんですね。彼女たちの幸せにお金や物はいらないとは言いませんが、必要不可欠な内容ではない様子です。

 皆さんもこんな素晴らしいタイガール達との素晴らしい時間をお持ちになっては如何でしょうか?

今回の教訓です。

 タイランドの結婚式やその他のものは、殆ど日本と同じ様になりましたね。と言いますか、全てがグローバル化の波に飲み込まれているんでしょうね。

 でも、タイガールだけは変化がなくて素晴らしさに磨きがかかってきている様子ですね。本当に、嬉しい限りです。

 私も中々日本での問題が解決しませんので、奥さんには寂しい思いをさせていますが、そろそろ解決をしまして、日本に呼び寄せようかと思っています。

 でも、日本にやってきますと、今までの様な毎月の海外の出張には一悶着もふた悶着も起こるでしょうね。こんなに長い間付き合っていて、互いに信じあっている様子ですが未だに完全に信じられていませんからね。

 今までの行動が悪かったんでしょうか?

 皆さんは、彼女の前では、絶対に品行方正が必要条件ですよ。

|

« 疑わしきは、罰する! | トップページ | 完全に嵌った私 »

タイランド文化とタイ人学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 友人の結婚式 in Bankok:

« 疑わしきは、罰する! | トップページ | 完全に嵌った私 »