« クリスマス・イブ | トップページ | TGと暮らす日本人 »

2007年12月25日 (火曜日)

友人の恋愛感情

 私の友人が、タイガールに恋をしまして大変です。日本には、家庭もありますし、仕事もあります。上場企業の中々のやり手なんですね。

 でも、欠点は、今までは仕事一筋で遊んだことが無いって事なんですね。考えてみて下さいね。こんなタイプの男のなれの果ては、言わずとも知れたものでしょうね。

 でも、長年の友人ですし、私も世話になったことも在りますので、相談に乗っています。これも、タイガールぬ荷夢中になっている方もいらっしゃると思いますので、ご参考になるんじゃないでしょうか?

 タイガールにのめりこんでいない方は、笑い話と思って読んでみて下さいね。

 何回かご紹介をしていますが、中年の男性がのめりこむ最大の要因は、

1.青春が戻ってきて、意識にある青春よりももっと素晴らしい青春を謳歌することが出来るんですね。

2.今までには、こんなに惚れられたりもてたりの経験がないですから、免疫がなくて意識は舞い上がってしまうんでしょうね、

3.年齢差を感じることがなくて、男と女の距離が非常に近いんですね。可愛い娘にこんなに引っ付かれて夢を見せてくれるんですからね。

4.タイガール達はピュアですから、心が洗われて自分が素直になる事が出来るんですね。

5.そして、タイガールは男心を擽るものを沢山持っています。男冥利に尽きるものばかりですね。

 この辺が、タイガールに嵌ってしまって、抜けることの出来ない要因でしょうね。その上、免疫がないのと今までにこんなにもてたことの経験がないんですからね。

 こんな事を言いますと、不謹慎ですが端から見ていると面白いですね。惚れたタイガールの話ばかりです。どれほど自分が彼女に惚れているかと彼女が自分にこんな事をしてくれるかと、同じ事の繰り返しです。

 長年タイガールとのお付き合いをしていますし、タイガールを見てきていますから十分に知っているんですが、聞かせたくて仕方がない様子です。こんな経験をした事がありますでしょ。

 結局は、行くところまで行ってしまうか。夢から覚めるかのどちらかなんですけどね。

 でも、こうなりますと、自分で夢から覚める事はありません。物理的な問題が発生するか、人的な問題が発生するかのどちらかですね。

 「俺は、全てを捨ててタイランドに移住する。彼女を幸せにしてやれるのは、俺だけやから。」

 「俺がいないと彼女は、生きていく事が出来ないんだ。」

 「これほど、俺に惚れているのに、自分が何も出来ないのが心苦しい。」

 三文恋愛映画の臭い台詞みたいですね。今まで、色々な人から今悪妻台詞を何回聞きましたか。この熱行に掛った人達は、必ずっていいほど同じ事を言いますね。聞くに堪えない臭い台詞ですね。

 でも、本人は真剣です。これは、きちっと話をしてやって、それでも熱が冷めないイ場合は、タイランドに移住する手助けをしてやります。でも、考えてみて下さいね。

 こんな感じで、タイランドに行ってうまく言っているのは50%くらいですからね。まぁ、確立としては非常に高いですね。

 皆さんは、如何ですか?

 確立50%で、最高の第2の人生を選択しますか? 最高の女との人生を。

 難しい選択ですね。私は、贅沢を捨てることが出来て、溶け込んでこのタイガールだけと暮らせる自身があるのならば、第2の人生を選ぶ方が幸せではないかと思いますね。

 でも、タイランドに行って目移りをする事で、確立は半減以下になりますよ。そして、外国でお金の無い事は日本人に取っては、辛いことですね。

 選択の基本は、そのタイガールと一生添い遂げる覚悟があるかないかにに掛っていますので、この事だけは冷静に検討をする必要性が有りますね。

今回の教訓です。

 毎年毎年、何百組の日本人とタイガールの結婚が有ります。これは、日本に住むことです。でも、同じくらいに、タイランドに移住する人もいます。

 確立を確固のものにするのは、添い遂げる覚悟だけですからね。

 問題を起こしている人は、確実に目移りをする事で、破綻をきたしています。

 考えておいて下さいね。一人のタイガールだけが、素晴らしさを提供してくれる訳ではありません。殆どのタイガールがそうですからね。目移りするなって事は、無理ですよ。男ならね。

 そして、日本人はお金を持っているって思われていますから、無かった時には、最初のであいの確立がぐっと減りますからね。

 「俺が幸せにしてやらなければ・・・・・」

|

« クリスマス・イブ | トップページ | TGと暮らす日本人 »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 友人の恋愛感情:

« クリスマス・イブ | トップページ | TGと暮らす日本人 »