« ヤワラーの置屋 | トップページ | Happy New Year  »

2007年12月31日 (月曜日)

除夜の鐘の前の感傷

 今年も後何時間かで終わってしまいますね。皆さんは、どんな年でしたでしょうか?良い年でしたか?

 私は、可もなく不可もなくの1年の様な感じがしますね。ただ、いつもの年と違って日本にいる時間が短かったですね。海外での仕事が多くて、今年は、タイランドの奥さんの所に帰ったのが、合計で16回でした。結構な数でしょ。

 でも、奥さんに言わしますと、全く少ないんだそうです。さっきも電話で、

 「旦那さん、寂しいよ。マ・ニ・シー、早く帰ってきて、そしてずっと私の傍にいて欲しいナ。」

 「は~い、もう直ぐ帰るからね。申し越し辛抱ナ。」

 「いつも辛抱してるし、いつも待ってるナ。でも、早くいつも一緒にいタたいナ。」

 「・・・・・」

 同じ会話の繰り返しですね。此処何年間も同じ言葉の繰り返しです。馬鹿な二人は飽きもせず続いているんですよ。ね~、そろそろあきてもいいんじゃないかって考えて、違う会話をしようとしますが、中々出来ないんですね。

 今年の一番の面白さは、男性の買春ツアーではなくて、日本女性の買春ツアーを知った事と、それをプロデュースしている人と知り合った事、そして、そのツアーに参加した人と話をした事ですかね。

 男の専売特許って考えていた買春が女性の特許の様になっているのは、驚きに耐えませんでしたね。その中身の凄まじいことったらビックリですよ。聞いているだけで、ビンビンになってしまうくらいでしたね。詳しくは、後日話をさせて頂きますね。

 今年一年で色々な方とお知り合いになりました。ブログ繋がりですね。それに、海外でも現地の人やその国好きで住みついてられる方にも知り合いが出来まして、現地じゃないと中々知りえない情報を沢山頂けるようになりました。

 これは、機会を見つけて紹介をさせて頂きますね。

 又、ビックリしますが、卑猥でいい加減で、男だけのブログですのに、女性のヘビーユーザーさんが何人も出来てメールを頂いて、ビックリしますね。

 「男だけの世界は呼んでいて楽しい」って言われて、こそこそとしている事が見透かされているような感じがして、気恥ずかしいやらコソバイやらで、ビックリですね。

 今年最後ですから、豪勢な話を最後にさせて頂きますね。私の知人なんですが、タイ人の大金持ちがいます、出会いは、安もんの日本系の居酒屋で飲んでいるときですが、浮浪者に近い汚いじいさんがいました。可哀想ですから、奢ってあげたんですね。二人で、たった650Bです。

 たったこれだけをご馳走をして、悦に浸っていたんですね。電話も教えて、何かあったら電話する様にって言って分かれました。和田勉の様なヘアスタイルで、汚いジャージ姿です。60歳過ぎで、可哀想になりましたからね。ただ、何ヶ国語も話すことが出来るんですね。ちょっと、不思議!

 何回か電話がありまして、屋台の高級レストランをご馳走しました。幾らも掛ってませんよ。そうこうする内に又電話がありました。集りじゃないかって思っている頃ですね。

 「Akiさん、いつもご馳走してもらっているから今度ご馳走させてね。」

 「何言ってんの、しれた金やし、大したことしてないからね。おいちゃん、無理は駄目ナ。」

 私のホテルの迎えにくるって言いますから、いつもの短パンTシャツで待っていますと、黒塗りのベンツのリムジンがやってきます。”タイにも相当の金持ちがいる”なぁって、思ってみていますと。

 「Akiさん、御免ね。待った?」

 汚いジャージ姿のおいちゃんの顔が、ベンツの中から覗きます。私の目は、点ですね。状況が飲み込めないんですね。

 「あわ、あわ、・・・・・・・。」

 「Akiさん、何言ってるの? じゃ、ご飯食べに行こうか。」

 その上、誰でも知っている高級五つ星ホテルのレストランを貸切での食事回です。短パンTシャツの中年親父と薄汚れたジャージ姿の爺さんが、たった二人だけで食事ですよ。ウエイトレスやウエイターは30人も40人も我々の為だけに待機しているんですからね。

 「おいちゃん、アンタ何もん?」

 「う~ん、仕事したことないし、何もんでもないなぁ。親が残したお金があるだけかなぁ。」

 「ふ~ん。お金持ちじゃないか? 俺にたかってたから貧乏でかわいそうな爺さんかと思ってたじゃないか。あ~、損した。」

 「でも、あんな状況で声を掛けてくれたり、ご馳走してくれたのはAkiさんだけだったよ。嬉しくて、世の中にはいい人が存在するんだって心が温かくなったんだよ。」

  「デモね、騙されたみたいでしょ。まぁ、俺は女の子には色々と一杯騙されてるから、寝れてるけどね。でも男に騙されると、腹立つナ。」

 自分の話をすると、私との関係がなくなってしまうと感じて黙っていたそうです。お金は腐るほど持っていても何もしないで、奥さんもいないんですから、寂しいんですね。ですから、汚い格好で色々な所に出没して、話し相手が欲しかったんでしょうね。

 しっかし、ビックリ仰天ニュースですね。このおいちゃんとは、色々と面白いエピソードがありますから、後日に紹介をさせて頂きますね。

今回の教訓です。

 一年間色々な事がありました。今年あったことは、変形しながら、私の様なトラブルメーカーが絡みますと笑える様なエピソードになりますので、形を変え品を変えて紹介をしていきますね。

 又、人は見かけによらぬ者って事を、肌で感じた1年でした。女性もそうですが、汚いおいちゃんもそうですね。

 教訓は、人は見かけや感覚で判断する物ではないって事と、人の輪をどんどんと広げて行く事で、ためになる情報や得るものがあるって事も学ばせて頂きました。

 それよりも、人と知り合う事は自分の利益よりも楽しいって事ですね。サヌックが、何よりも素晴らしくて、人間に取って大切な物ですね。お金なんかよりね。

 「旦那さん、お金は無いのに友達ばっかり増えるね。私も今年は、タイ人や日本人だけじゃなくて、旦那さんのお陰で色々な国の人と知り合ったね。でも、二人の時間が少なくなって、損したし、寂しいナ。」

 今年一年有難う御座いました。来年は、皆様と私達夫婦が素晴らしい年になります様に!

|

« ヤワラーの置屋 | トップページ | Happy New Year  »

心と体」カテゴリの記事

コメント

あき兄へ
今年はタイランドでも日本でも大変お世話になりました。
色々なお話を聞かせていただき、色々な話を聞いていただき本当に感謝しています。
まだまだ、自分の思うままにやってみようと思いますので、バカやったときには酒の肴にしてやってくださいww
来年も是非是非よろしくですっ!
ではでは、良いお年を~~!

投稿: まこ | 2007年12月31日 (月曜日) 午後 09時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174013/6990364

この記事へのトラックバック一覧です: 除夜の鐘の前の感傷:

« ヤワラーの置屋 | トップページ | Happy New Year  »