« TGと暮らす日本人 | トップページ | タイランドのLB考察 »

2007年12月27日 (木曜日)

気を許しても、気をつけて

 私の友人で、タイランドで大変な目に合った人がいます。

 タイガールは基本的には悪い事はしません。でも、あくまでも基本的にはです。中には、我々を獲物って思っているタイガールとその仲間がいますので、ご注意が必要です。

 外国って事を必ず頭の中に入れといて下さいね。私の友人の被害に付いて紹介をさせて頂きます。参考にして下さいね。

 一人は、タイガールが二日目って事で、気を許しました。彼女は、テーメーカフェでゲットしたタイガールです。ですから、身元がハッキリとしてないんですね。日本人クラブやGoGoバーですと、入店の時に身元を確認しますから、少し安心です。

 でも、タイランドですからね。信用をしてはいけませんよ。

 この友人は、シャワーを浴びている間にお金を根こそぎ取られてしまいました。たまたま、カードとパスポートを別々にしていたから、現金だけで済みましたけど、気を許すことは大変なことになりますね。

 特に、悪い事はしないタイガールですが、お金に困っていたり、目の前にお金がありますと出来心って事になりますね。幾ら信用してもその気を起こさせないようにしないといけませんね。

 もう一人は、お金とパスポートを取られてしまいました。日本大使館に行って大変な目にあったそうです。予定通りは帰国することは出来ませんし、事情を聞かれて、恥かしい思いをしますし、買った女にとられたって話になりますと、必ず後回しにされますよ。再発行に時間が掛ります。

 日本人のパスポートは高値で売ることが出来るんです。ご存じない方もいらっしゃいますが、売れるんですよ。売られて犯罪にでも使われたらもっと大変です。

 潔白になるまでは、日本から出ることが不可能になりますね。

 その上、パスポートがありましたら、お金を借りたりも出来るんですね。大変ですよ。タイランドのマフィアにでも捕まったらどうしますか? 

 彼は、直ぐに気が付いて警察に連絡をしましたし、知り合いが外務省にいましたので、比較的早めに何とかなりました。でも、通常の人の場合ですと。そんな捏ねも無いでしょうから、ビックリするくらいのお金と時間が掛りますね。

 3人目は、もっと酷かったです。引き込みですね。

 色々な国で起こっていることですね。美人局や女性だけが先に入ってきて、仲間を部屋に引き込むんですね。そして、根こそぎ持っていかれます。

 この人は、下着はおろかティッシュや備え付けのバスタオルまで持っていかれました。怖い事ですね。

 以前に話したことがありますが、セキュリティーのしっかりしたホテルに止まるべきだって話をした事がありますし、ジョイナーフィーを払うことはインシュランスになるって話をしましたよね。

 この友人は、私の話を鼻で笑ってましたからね。ざまあみろ!失礼しました。

 奥さんと話しますと、

 「タイの女の子は悪い事はしないナ。それは、男が悪いでしょ。気をつけない男が男が悪いだけナ。旦那さんは、今までは何もなかったでしょ。」

 「うん、何にも無かったナ。」

 「全く無かったでしょ。何百回も何千回も泊まってるのにね。」

 「うん、そうだね、何もなかったね。」

 「そんなに沢山のタイガールを連れて帰ってるか? 旦那さんは、私だけって言わなかったか? あーん、哀しいナ。」

 完全な誘導尋問ですね。その後は、今の事の様に大変でした。タイガールは時間感覚が薄いですからね。今も昔も関係ないですからね。気をつけて下さいね。

今回の教訓です。

 やっぱりタイランドも外国です。昔、ミャンマーに行った同行者が女の子を連れて帰って引き込みにあったことがありましたが、タイランドも同じと考えた方が良いですね。

 備えあれば憂いなしですね。

 ジョイナーフィーを払う必要は無いと思いますが、セキュリティーのしっかりしたホテル化、自分がしっかりとしないといけませんね。酒や女に酔っていては、大変な目に合うこともありますので、ご注意下さいね。

 「旦那さん、私といつも一緒は何の問題もないナ。ほかに行こうとするから問題が一杯あるナ。いつも私だけと一緒で、私だけを見てなさい。幸せで、安心で楽しいでしょ。」

 はーい。

 特定のタイガールが出来ますとこの様な憂いはなくなりますし、楽しい時間を過ごす事が出来ますよ。是非、皆さんもどうぞ!

|

« TGと暮らす日本人 | トップページ | タイランドのLB考察 »

注意:お気をつけ項目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気を許しても、気をつけて:

« TGと暮らす日本人 | トップページ | タイランドのLB考察 »