« 君恋し、日々! | トップページ | 今は、何処に? »

2007年12月22日 (土曜日)

奥さんの家族

 内の奥さんの家族を簡単に紹介をさせて頂きましょう。タイランドの一般的な家庭なんですが、大きく変わっている事があります。

 奥さんの田舎には、周りに10軒くらいの家が固まっています。全部が親戚なんですね。そして、この親戚のおじさんとおばさんは全てが、日本で仕事をしていたんです。

 ですから、私が何回か訪問をしたときも殆どの人達から日本語で話をされました。ビックリでしょ。田舎ですから、ここには日本人の欠片も無いんですよ。なのに、この周りというか集落だけが、日本語を話す人達が住んでいるんです。

 何か変でしょ。

 私が訪問をするときには、歓迎会の宴会が始まるんですが、子供を除いては日本語で通じるんですね。ウルルン滞在木のような感じですが、言葉だけは日本語なんですね。

 お土産を買って行くからって話しますと、全てが日本でしか売っていないようなものを所望されます。

 そして、宴会が始まりますと、タイ語が殆どなくて日本語での会話で宴会が進んで行きます。そして、何が話題になるかと申しますと、現状の日本に付いての質問がそこいらじゅうから湧き出てきます。

 確かにタイ人の田舎の家族は、日本人に取ってはとても親切で、優しくて友好的なんですが、奥さんの家族や親戚はそれを通り越して、何十年来の友人か親戚がタイランドに帰ってきたような感じの、歓待振りを受けます。

 私の仕事や会社の事を聞きますと、

 「うん、俺は知ってるナ。Akiさんは、あの会社にいるのか。へー、懐かしいナ。」

 「今、日本の気候はどう? まだ寒いか? 日本は寒すぎて大変だったナ。」

 質問は、私の事はどうでも良くて、日本オ物価や日本の流行や、あそこはどうなった? などの、質問買いになってしまいますね。私が、タイ人達を講義しているって感じですね。

 以前は、日帰りで行きますと、ブーイングで大変ですよ。 「何で帰るんだ。皆で、パーティーを予定してるのに。」

 周りの親戚の家自体は大して広くないんですが、田舎ですから土地は広いんですね。先日なんかは、庭で、28人ものバーベキューパーティーですよ。人増が多いものですから、皆が私の回りに来たくて、私の周りだけが混雑します。

 奥さんの通訳も要らないんですから、楽なんですが、奥さん一人は機嫌が悪いですね。

 「お前は、いつもAkiさんと一緒だから、今日は皆で楽しむんだから向こうへ行ってろ!」

 「何で、旦那さんは私の所に帰って来たんだから、パーティーなんかはどうでもいいから、二人だけの方がいい。」

 「何言ってるか、日本の話と一緒に酒を飲んで盛り上がるんだから、お前は大人しくしてろ。」

 「あー、腹立つ、旦那さんの隣に行くー。」

 日本語で書いてますが、そのままですよ。私がいる時はタイ語がないんです。皆が、日本語の勉強ですね。大きな声での内緒話は殆どありません。タイ語は、娘と奥さんのお母さんだけですね。

 ありがたいことに、取り合いでの宴会が続いて行きます。

 不思議な事に、奥さんの事を頼むとか、いつ連れて帰るのかとか、本当に大丈夫かって事の質問は一切ないですね。”友遠方より来る” と言う感覚ですね。

 しっかし、楽しくて和気藹々とした家族です。

今回の教訓です。

 教訓めいたものはないんですが、タイガールは親戚や家族に対しても焼きもちを焼きます。独り占めを出来ない時には、特に親戚とは喧嘩腰ですね。

 又、この中に、3歳になる娘がいます。この娘が私の膝の上で据わっていますと、これも焼きもちです。独占欲に見境がないんですね。

 でも、タイランドの片田舎に、小さな集落の中に日本語をしゃべる民族がいるのはここだけでしょうね。又、この小集落で取り合いをされるのは、私だけかもしれませんね。

|

« 君恋し、日々! | トップページ | 今は、何処に? »

私と奥さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥さんの家族:

« 君恋し、日々! | トップページ | 今は、何処に? »