« 女性の買春インタビュー | トップページ | 女の悦ばせ方と女性の喜ばせ方 »

2008年1月14日 (月曜日)

久しぶりの白人事情

 東南アジアを又に掛けていましたが、久しぶりに白人の国に仕事でやってきています。昨年の12月も、ヨーロッパでした。しかし、何処の国にも売春って事はなくなりませんね。本当に困ったもんです。

 嬉いったらありゃしないですね。

 最近では、日本でもタイランドでも奥さんの追及や縛りがきついものですから、品行法制を絵に描いたような生活をしていますし、昨日の話しの手前、奥さんとのお勤めも頻度が増えるようになりましたし、他所でする事はなくなっていました。

 でも、久しぶりのヨーロッパですし、日本人は白人のブロンドは憧れですね。何回も下手を打っているって事を忘れて、挑戦をしようとしますね。フロンティア・スピリッツですね。開拓精神旺盛でしょ。

 巷では、学習能力が欠乏しているって話も聞きますが、仕方がないですね。私は行きたくなくても、仲間が行きたいって言えば、断るのは仲間意識に反しますし、素行を乱しますからね。

 久しぶりにブロンズ美女との一夜を過ごしてしまいました。特に、時差の為に電話やメールでの調査や確認が無かった事も幸いしたのかもしれませんね。否、奥さんは私をほったらかしていたので、私は寂しくて仕方なかったんですね。

 へへへ・・・・ものは、言いようですね。

 ご厄介になったのは、情熱のラテン系の女性です。スタイルは良いし、バンバンバンですよ。グラマーを通り越して圧倒される体型ですね。

 私の大好きな体型です。リオのカーニバルでサンバを踊っている様なタイプですね。中々良いでしょ。でも、賛否両論がある様子ですけどね。まぁ、何処の国でもどんなタイプも揃っていますから、選り取り緑って訳ですね。

 しかし、ヨーロッパは言葉が通じないですね。私の英語も拙いですが、英語が中々通じないんですね。何語か解らないような状態です。でも、する事は決まってますし、そこで話す事は決まり文句ですから問題ないんですけどね。

 リオのカーニバルでサンバを踊っている様な体型で、まっ白でブロンドの女の子を選びました。中々そそるタイプですよ。ナイスバディーのフランス人形の様な女の子ですね。

 部屋に行く前に息子が元気になるくらいですよ。久しぶりですね。こんな感じはね。

 でも、部屋に入って段々と萎えてきますね。私に取って最も駄目な事が出て来ます。

 香水の匂いが凄いんですね。鼻が痛くなって曲がってしまう様な感じなんですよ。でも、たかが匂いくらいで怯んでいては大きな事は成し遂げることはできないって考えて、引き寄せてボディータッチに移るんですが、体臭が凄いんですね。

 獣の匂いの中に腐ったチーズの匂いをブレンドした様な感じなんですね。私は、結構鼻が利くもんで、こうなってくるとSexどころの騒ぎではないんですね。気も心も息子まで萎えてしまうんですね。

 情けない限りですね。

 相手もプロですから、何とか事をしようとしますが、体臭と香水で萎えが止まりません。といいますか、一切勃起する事は無いんですね。でも、何度もチャレンジをしてくれますが、一度言う事を聞かなくなった愚息は、永い眠りについてしまった様子です。びくともしないって言うのはこの事でしょうね。

 何度も言いますが、情けない限りです。奥さんが、ヨーロッパに行く前に私の息子を握って何かブツブツと話していました。

 「駄目よ、立つのは駄目よ。おとなしく眠ったまま帰ってきなさい。魔法を掛けたからね。起きちゃ駄目よ。」

 呪いを掛けられたのでしょうか? 全くのモニュメントになってしまいました。それだけならいいんですが、部屋を出ますと私の仲間が待っている所で、、ボディーランゲージですね。

 全く役立たずってジェスチャーですよ。その店を後にしまして、私の愚息を肴にして酒盛りですからね。やり切れませんね。ふん、ブロンドなんて大嫌いだよ~。

今回の教訓です。

 私だけが特別かも知れませんが、白人の匂いだけ大変ですね。体臭のキツイ人が本当に酷い人が結構います。日本人には、中々耐えれる匂いではありませんよ。

 白人を選ぶ時は、容姿や好みで選ぶと大変な目に合いますよ。近くに行って匂いを嗅ぐ事をお勧めします。変な奴って思われますが、息子が永眠してしまう事を思えば、笑われても良いですよね。

 ご経験のある方もいらっしゃると思いますが、白人の体臭と香水の匂いは本当に耐え難いものがありますよ。中枢神経に直接作用しますから、体中を麻痺させますね。まるで、神経ガスのような感じですからね。

 声が聞こえて来そうです。

 「私はハリー・ポッターでしょ。旦那さんは絶対に浮気は出来ないナ。」

|

« 女性の買春インタビュー | トップページ | 女の悦ばせ方と女性の喜ばせ方 »

私の失敗談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの白人事情:

« 女性の買春インタビュー | トップページ | 女の悦ばせ方と女性の喜ばせ方 »