« コンビニ娘の哀憐歌 | トップページ | 何でも決めてしまう友人 »

2008年1月29日 (火曜日)

LBの嫉妬

 私も経験のある、レディーボーイのお話です。

 皆さんは、レディーボーイの御経験はありますか? 彼女(彼?)らは、中々素晴らしいですよ。又の間に我々と同じもんがある場合は、私は駄目ですけど、何も無い場合は女性と同じですからね。

 いや、女性以上かもしrませんよ。

 考えてみてくださいね。彼女達は、元々は男なんですね、ですから我々男の喜ぶ所は熟知しているんですね、これは、体も心も言動も全てですね。

 そう思うと、彼女や恋人や何かがいる人に取っては、そうでもないかもしれませんが、単発的にタイガールをゲットしている人に取っては、もしかしたら朗報かもしれませんね。本当に楽しいひと時を過ごせるかもしれませんね。

 私は、3人ものレディーボーイの経験があります。又、その一人とは、旅行に行ったこともありますね。その経験した人が言ってるんですから、間違いないと思いませんか?でも、中々踏み切ることは出来ないですよね。

 偉そうに言っている私でさえ、踏み切る事は出来なかったんですからね。でも、きっかけを貰って踏み切ってしまいますと、これが食わず嫌いじゃなかったのかと思うくらいに素晴らしいものがありましたね。

 余談ですが、私は昔からオカマやニューハーフにもてるんですね。女の子にはもてた経験は余りありませんがね。まぁ、最近では中年になりまして、タイガールにはもてる様になりましたが、私だけの自己満足でしょうか?

 レディーボーイと何日か一緒に過ごす事がありました。24時間一緒ですね。外を歩いていると、色々な人から振り返られることもありましたね。私は、彼女は普通の女の子と同じような感覚でしたし、容姿も同じように見えましたが、さすがにレディーボーイ世界一番の国ですね。

 見破る奴がいるんですね。お見事です。

 何日か一緒に過ごしています。ある日の夜に、どうしても飲みに行きたい事がありまして、一緒にタイランドに来ていた友人を誘いまして、ダブルカップルで飲みに行こうってことになりましたが、我々の連れている彼女は、疲れたから男同士で言って欲しいって事になりました。

 当然、私の友人はタイガールを連れているんですよ。

 じゃ、二人で行くかって事になりましたが、友人の彼女が、ヤキモチを焼きだしました。男性だけで、飲みに行くんですから、女の所に行くに決まってるって事ですね。

 友人は私の彼女のことを見ていますから、レディーボーイのいる所に行きたいって事になりました。そうなりますと、友人の彼女はどうぞって事ですね。友人はレディーボーイには興味は無いって判断ですね。

 でも、今度は私の連れている彼女は、ヤキモチを焼いて大変ですね。私がレディーボーイを連れているんですから、私は男好きって思ってますからね。そうなりますと、4人が集まりまして、さあ大変です。彼女達二人は、大きな声で内緒話です。タイ語で。

何を話しているかと思いますと、

 「この二人は、レディーボーイと浮気をしようとしているから、一緒についていかないと」

 普通、タイガールをホテルの部屋に呼んでおいて、別の女をゲットしにいきますか?タイガールはどんな思考をしているんでしょうね。

 結局4人で、飲みに行くことにしました。レディーボーイが沢山いる所に。

 大変ですよ。さっき言ったように私は、昔からニューハーフにもてるんですね。私の連れているレディーボーイは大変でした。色んな方法から私にアプローチが掛かってくるのを、どんどん排除していきます。

 ヤキモチどころか凄い形相ですね。100年の恋も冷めるような形相です。色々な方法で寄って来るレディーボーイと、必死の形相で排除しようとするレディーボーイです。漫画ですね。面白さを通り越して、悲壮になってきました。

 通常のタイガールよりもレディーボーイの方が嫉妬や独占欲が強いのが分かった一日でした。

今回の教訓です。

 タイガールもレディーボーイも状況は考えないで、男は浮気をする事を一切疑わないんですね。状況は関係ないんですよ。

 皆さんもこの感覚は覚えていて下さいね。これは、タイ人の女性の感覚なんでしょうね。レディーボーイも女性と同じですね。

 信じられないことですが、状況や立場や、絶対無理なことでも関係なく嫉妬を起こすんですね。

 レディーボーイもタイガールも全く同じですから、レディーボーイに挑戦をしようと思っている方は覚えておいて下さいね。

 皆さんも一度レディーボーイ体験をしてみてください。素晴らしい体験ができると思いますよ。

|

« コンビニ娘の哀憐歌 | トップページ | 何でも決めてしまう友人 »

訪泰の私的情報」カテゴリの記事

コメント

 有難う御座います。私の経験から言いますと、ファランはレディーボーイよりも”オカマ”の方が好きみたいですね。工事前の方が良いみたいですよ。
 変ですが、ファランと日本人と他のアジア人は結構住み分けられている様子ですよ。これは、有難い事ですね。
 ご質問等がありましたら、ご連絡下さいね。

投稿: dannasa | 2008年1月30日 (水曜日) 午前 11時29分

Akiさん初めまして,イサラ(HN)です。
前から思ってたのですが、ファランはレディーボーイに興味は当然あるんでしょうが、やはりこの部分でも、我々アジア人と住み分けとなってるるんですか?

投稿: イサラ | 2008年1月30日 (水曜日) 午前 12時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LBの嫉妬:

« コンビニ娘の哀憐歌 | トップページ | 何でも決めてしまう友人 »