« 経営者はやくざ屋さんの息子 | トップページ | 御免なさい! »

2008年2月 7日 (木曜日)

買い物の妙技

 皆さんは、タイランドでのショッピングはされますか? 私は、基本的のは買い物が好きですから、タイランドで色々な物を買いあさりました。

 自慢じゃありませんがタイランド以外の国でも帰国の時には捨てるようなものを沢山買います。そして、私は自称”買い物の帝王”です。いい物を安く帰る事が出来るんです。素晴らしいでしょ。

 あくまでも自称ですけどね。

 でも、まともの持っている物は殆どありません。コピーもイミテーションも沢山買いましたが、結局その時だけですね。その上、後で調べますと相当高値で買い物を続けてます。例で、言いますと

1. 以前にパッポンで、ウイスキーのポケット瓶(スズ)を買ったんですが、40分も時間を掛けて、最終には泥棒とまで言われた商品が、世界一高い空港内で200Bも安く売られてました。

2. 私が、一人で買ったジーンズをサイズが小さかったので、奥さんに取替えに言ってもらったんですが、帰ってきた時にはジーンズは2枚に増えてました。

3.アパートの家具ですが、私が買ったソファーのセットは16000Bです。でも、奥さんが買った大型のクローゼットとベッドとベットテーブルと大型のサイドボードと下駄箱とダイニングセットは全部で、16000Bでした。

4.私が買ったベンジャミン焼きは、350Bで買いましたが全く同じ物を奥さんは、2個150Bで買ってきます。 

 大体どんな物でも、私が買いますと100%増しって感じですね。

 考えてみますと私一人が買い物が下手な訳じゃなくて、タイランドでは日本人が下手なんですね。未だに、高価な宝石を買って騙されるって事が後を絶ちませんものね。

 先日も日本のおばチャンに声を掛けられました。買い物をしていて解らないからって助けてくれって言われたので、話を聞きますと、ルビーのネックレスを10万Bを8万Bにするって言われたけど、もう少し負けてくれるように頼んでくれって言われます。

 考えれますか? この国で8万Bもだそうて言うんですから、豪気を通り越して馬鹿ですね。鴨ですね。でも、どうしても欲しいって言いますので、奥さんに交渉をさせました。

 結局、8000Bでした。余談ですが、おばチャンにお礼に3000B頂きました。奥さんのアルバイトは、5分間で3000Bです。

 「旦那さん、これから日本人に声を掛けて変わりに買い物をしようかなぁ。そうするとお金がいっぱいになるナ。」

 考えてみましょうね。

 日本人とタイ人との最初の言い値が全く違うんですね。そうしてタイ人は自分の街ですから、相場が解っているんですね。

 適うはずがないんですね。

 確かに外国に来てのショッピングは、楽しみの一つでしょうね。でも、日本以外の国はオープンプライスの国ですから、価格も値頃も価値も自己責任なんですね。そして、日本人は金持ちって外国では定説ですからね。

 その上、甘いって評判ですからね。少し注意をしないといけないのは、変ね日本語を話す人種だけだそうですよ。

 はい、大阪のおばチャンを代表する関西の人たちですね。警戒されているんは。

 ショッピングの妙技は、簡単なんですよ。

 但し、買い物の妙技だけを楽しみたいって方は、今まで通りでいいと思いますが、後から価値と価格を気にされて、後悔をしたくない方は参考にして下さいね。

 我々は一言もしゃべらないで、タイガールに全てを任す事です。自分の欲しい物を先に話をしておくだけです。但し、タイガールが連れて行ってくれる店は間違いですよ。バックマージンって制度もありますからね。

 でも、恋人や内の様な関係は何の心配はありません。負かすって事が一番の買い物の妙技なんですね。簡単すぎて、肩透かしでしたか? 

今回の教訓です。

 「旦那さん、何欲しいですか? そう、一緒に買いに行くナ。でも、しゃべるのは駄目よ、自分で交渉するのはもっと駄目よ。」

 「面白くないなぁ。」

 「でも、旦那さんがしゃべらなければ2倍も3倍も買えるでしょ。そして、美味しい物も食べれるでしょ。」

 てな事で、私は買い物をした事がありません。タバコやライター以外はね。そのお陰で、最近では自称じゃない ”買い物の帝王” になりました。

 何にも大した事がないですが、皆さんも ”買い物の帝王” になりたかったら、早く素晴らしいタイガールを作って、恋人以上の存在になる事ですね。

 トライしてみて下さいね。

|

« 経営者はやくざ屋さんの息子 | トップページ | 御免なさい! »

お店情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 買い物の妙技:

« 経営者はやくざ屋さんの息子 | トップページ | 御免なさい! »