« 甘い言葉の影には? | トップページ | 最高の遊び方 »

2008年2月 1日 (金曜日)

Soi7のビアバー

 皆さんは良く知ってますでしょ。スクンビットのビアバーです。昼間からオープンしてますし、色々と楽しい事が出来るってマニアの間ではなかなかの評判ですね。

 Soi7を入って、アマリブリザードの駐車場の前っかわです。Soiを入って左手です。解りにくいですから探してみて下さいね。

 昼間はする事が無いって方も沢山いらっしゃると思いますが、楽しい所ですよ。業態はビアバーとなっていますが、食事も出来ますし、酒も飲めますし、タイガールもいっぱいいます。

 簡単に言いますと、テーメーカフェにレストランとバーをプラスして、GoGoバーのうるさい音楽とお立ち台がないような業態ですね。簡単に言うといいましたが余計に解りにくいですね。

 朝の内から開いている自由恋愛カフェの様なもんですね。

 私の友人なんかは此処の店に入りびたりですよ。当然、日のあるうちですけどね。日が暮れますといく所は星の数ほど有りますから、いくところに困りませんけど、タイランドの昼間は結構時間が余りますよね。

 でも、この店の問題は、ファランの巣窟なんですね。90%以上がファランなんです。暇な親父や若者が巣食っているんですね。でも、ファランはせこいですから日本人がいく事によって、引っ張りだこなんですけどね。

 日本人は、シャイですし自分ひとりでは何も出来ませんから、行っても端の方に陣取って仲間内で飲んでいるだけなんですね。寂しい限りですよ。って言いますか、はっきり行って馬鹿ですね。

 何しに行っているんでしょうね。ただ単に飲むだけでしたら、もっと良い所がありますのにね。

 この店の良さは、昼間から連れて帰ることも出来ますし、誘って色々な所に連れて行ってもらえるんですよ。又、体の関係のない付き合いも出来るんですね。我々の気分次第ですし、何をしたいかって事を体現してくれるんですね。

 でも、日本人は殆どの人は出来ていないんですね。自分達がお店の中で、十分に楽しい目をするための注意事項を何点か紹介しますね。

1.店に入りますと、絶対の中心部分に陣取る事です。端にいては、殆ど無視をされますからね。

2.じっとして待っていても駄目です。旅の恥は掻き捨てですよ。自分から必ずアプローチをしないといけませんね。

3.仲間内で固まってしまっても駄目ですね。日本人が仲間内で固まっているのは、タイガールを拒否している様に映りますからね。そんな感覚は一切ないとは思いますが、彼女達にはその様に映ってしまっているんですよ。

4.ここにいるタイガールは声を掛けられるのを待っているんですね。業態としてもテーメーカフェの様な感じではありませんからね。女の子から色々と声を掛ける事は、基本的には禁止ですからね。(中には声を掛けてくるタイガールもいますけどね)

5.言葉なんかは関係ないですよ。兎に角馬鹿に徹する事で、こに店での英雄になる事が出来ます。

6.気に入ったらビールでも奢ってどんどんと自分のペースで話をしないといけませんよ。止まってしまったら、厚かましいファランに盗られてしまいますからね。ファランと喧嘩するような気持ちが必要です。

 大体はこれらの6項目が中心です。絶対に日本人の悪い所をひけらかす事は厳禁です。

 馬鹿ほどもてるって事を肝に銘じる事が重要ですね。最近は、日本人もグローバルになって来ましたが、まだまだシャイな部分を沢山持っていますからね。シャイな部分は、利になる時もありますが、タイランドでは利になる事は少ないですよ。

 「旦那さん、貴方もそろそろ人見知りをする様にしないといけないナ。何でもかんでも好奇心を持ったり、話をしたりはその内大変な目に会うわよ。」

 「そうかなぁ~。」

 「そうよ。奥さんがちゃんといるんだから、馬鹿になったり、優しくしたり、好奇心を持つのは駄目よ。女がよってくるでしょ。タイガールは旦那さんみたいなタイプが好きなんだからね。」

 私の事を自分で褒めているわけじゃないんですよ。

 好奇心が強くて、馬鹿になれて、何でも自分がするって前に出る男は、タイガールにもてるんですよ。但し、紳士然とする事が条件ですけどね。

今回の教訓です。

 Soi7のビアバーは知ってられる方もいらっしゃると思いますが、昼間には結構面白いですから時間がありましたら、行ってみて下さいね。でも、先ほどのご注意点は心に留めておいて下さいね。

 日本人は、シャイな部分が非常に多いですから、これらを払拭する為に、そうしてタイガールのもてる為に、勉強って事で来店される事がいいんじゃないでしょうかね。

 でも、最高でも2~3人が限度ですよ。仲間内で大挙していくところではありませんからね。出来れば、一人で行って肝試しって事が一番いいような感じがしますね。是非、勉強をしてみて下さいね。

 奥さんには内緒ですが、私はここでは一切悪い印象がないんですよ。楽しくて美味しそうで、素晴らしいタイガールと知り合ったんですからね。今までで一番は、空港の免税店のタイガールと知り合いになったのが最高でしたね。

 是非、暇な時に覗いてみて下さいね。

|

« 甘い言葉の影には? | トップページ | 最高の遊び方 »

お店情報」カテゴリの記事

コメント

アライナ 様。
 有難うございます。

 だいぶ昔の記事にコメント頂きまして有難うございます。 そうですねぇ、どうしても日本人の場合は群れるのが好きですから・・・否、好きではなくて一人でいる事に不安感を抱いてしまって、選択肢がそれしかないって事なのかもしれませんね。

 ビアバーもテーメーでも、単独行動をする事が出来るともっと楽しい事があると思うのですが、元々の性格ですからできないのかもしれませんね。

投稿: AKIさん | 2013年4月 7日 (日曜日) 午後 03時46分

うん。
日本人はグループでテーメーカフェに押し寄せて、仲間内で盛り上がってる。これ、かなりカッコ悪い。それが嫌で一人でバービヤに行ったら、女性のバーテンダーがカウンターに座らせてくれて、話してくれた。
そうしているうち何人かの女の子が集まってきてワイワイ。楽しいよ。テーメーが好きだったけど、こっちに比べると「暗いかな?」って・・・。
正直、テーメーに集まる女性のほうが若く可愛いいけど、英会話とは断然こっちが。値段もやすい。こっちに一票。

投稿: アライナ | 2013年4月 6日 (土曜日) 午後 04時59分

 ココ最近、ぜんぜん行ってないなぁ~

 来週辺りチョット覗いてみよぉー。。。。(~_~)

投稿: KASHIWAGI | 2008年2月 1日 (金曜日) 午後 11時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Soi7のビアバー:

« 甘い言葉の影には? | トップページ | 最高の遊び方 »