« 今日の夢は明日に繋がりますか? | トップページ | タイランドの大成功者 »

2008年3月24日 (月曜日)

連れて帰るのは何処の業態?

 皆さんは、夜の街に出て必ずってほど、一人で出て行って帰りは二人って事が普通じゃないですか? 中には、帰りは3人だったり4人だったりする猛者もいらっしゃるともいますね。

 では、何処の業態で二人連れで帰るのが多いんでしょうね。皆さん考えたことがありますか? 私は、気になりだしたら眠れない方なので、どうにかして調べようって考えました。

 知り合いの風俗の経営者と話をして確信に迫るものがありましたので、ご紹介しますね。大した事はないんですが、話の種にはなるでしょう

 但し、これは日本人に限りますからね。色々な人種を入れますと、訳が解らなくなってしまいますからね。最近の話からすると最も軽い話かもしれませんね。

 引っ張らないで、結論から言いましょうね。

 一番、日本人が連れて帰ることの多い業態は、日本人クラブです。当然、名前通りに日本人対象って事なんでしょうが、此処が一番多いそうですね。来た人の、90%くらいは連れて帰るそうですね。

 但し、連れて帰る事が出来る店って限定ですよ。理由は結構簡単だそうです。

1.日本語が出来るタイガールが多い。

2.日本人特有の島国根性の自分達で、世界を作る。

 経営者に言わすとこの2点だけだそうです。島国根性が出ていますね。自分達の仲間内って事なんですね。少し寂しいですね。

 「何か寂しいですね。何時までたってもグローバルに慣れませんね。」

 「うん、そこが日本人の良さで、悪さだろうね。日本人は、GoGoバーや自由恋愛カフェなんかは、連れて帰る率が少ないよ。」

 「そうでしょうね。何でなんでしょうね。」

 「そりゃ、日本人は農耕民族だからね。自分から行かないんだよ。日本人クラブでも、選ぶのに時間が掛ってるし、いつも言う事は同じでしょ。日本語出来る子、今日帰れる子ってね。」

 「あ~情けないですね。俺なんか堂々と顔を見に行くし、皆と話をするから遅いですけどね。」

 「Akiさんは、特殊でしょ。3分の1は日本にはいないでしょ。」

 「はい、御免なさい。」

 「日本人は向こうから来てくれないと駄目でしょ。日本人クラブのほかは自分で何とかしないといけない事があるでしょ。」

 ご経験がありませんか? GoGoバーでも自由恋愛カフェでも、日本人がいますと、向こうから来るでしょ。それは、経営者から言われているんですね。行かないと、日本人は帰るよってね。

 そして、日本人は世界一番甘い民族ですから、中々断ることが出来ないんですね。殆どが、GoGoバーや自由恋愛カフェでも始めに付かれたタイガールと帰る事が多いんですね。

 それは、日本人クラブでも言えるんですね。チェンジって事が殆ど無いんですね。私は、気に入らないといつでもチェンジです。出来なければ、店をチェンジです。でも、チップは渡さないとね。

 ですから、日本人クラブのタイガールは、自分がお金の問題で行きたい時はそのことだけに集中すればいいんですね。又、行きたくない時は、引っ張ればいいんですね。する事が、一つで日本人は楽だって言われてますね。

 信じれないくらい簡単な民族だそうです。少し寂しいですね。

今回の教訓です。

 このまま御しやすい民族ってレッテルを貼られるのは、困ったもんですね。確かに農耕民族ですから、待つことでしょうが、こんな時くらいは自分が率先していかなければなりませんね。

 そして、気に入らなかったら即刻チェンジです。でないと、本当に楽しさは得る事が出来ませんよ。最近は、行きませんが自由恋愛カフェで、行けば群がってきますが、遊びたい時はそこで宴会をします。

 でも、連れて帰りたい時は、ウロウロとして、狩猟民族のように選り好みを絶対にすべきですね。でないと、相手にも失礼ですよ。

 「Akiさん、最近は選ぶ時に長く見たり話をしたりしなくなったね。」

 「そうですか?」

 「それに、チェンジってしなくなったね。」

 「う~ん、しなくなったって言うよりも出来なくなったって方が正解ですね。」

 「そうね、いつも奥さんがいるとしょうがないね。でも、隙を見て何かしそうだけどね。」

 私は、最近は出来ませんが、皆さんはチェンジと自分から行く事を心がけて下さいね。

|

« 今日の夢は明日に繋がりますか? | トップページ | タイランドの大成功者 »

お店情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 連れて帰るのは何処の業態?:

« 今日の夢は明日に繋がりますか? | トップページ | タイランドの大成功者 »