« 新たな発見と改めないといけない感覚 | トップページ | 装う平静と嵌まり込む性 »

2008年3月16日 (日曜日)

あったま、ゆる~い!

 これは私の奥さんの口癖です。そして、私の友人で先輩への口癖のような言葉です。

 中々味のある言葉でしょ。この人は中々面白い人なんですよ。この人のお陰で今の奥さんとうまく行った経緯もありますから、奥さんもこの人には敬意を込めて、

 ”あったま、ゆる~い!”

 って言って心を許しています。この人には、以前3年少し前に奥さんと諍いが起こって、別れって話になった時に、間に入って中を取り持ってくれた人なんですね。ですから、この人がその時バンコクにいなかったら、我々の今は無かったのかもしれませんね。

 でも、助けていただいたのは、その時のたった一回です。それ以外は、私は迷惑を掛けられどうしです。そして、この人のケツ拭きばかりをさせられて来ました。どんなところでもですね。

 そして、昨日の続きですが、新たな発見をしました。内の奥さんの友達なんです。でも、奥さんに言わしますと今は友達じゃないって言います。でも、相変わらず週に何回も電話かかって来るそうです。

 その彼女の行動と考え方が結構変わっているんですね。我々では、理解しがたい内容なんです。奥さんに言わしますと、こんなタイプはタイガールには結構いるって事ですので、参考に紹介をしましょうね。

 彼女は、日本人クラブに勤めていたんですが、色々な事に嫌気が差して前にかじっていた、マッサージで生計を立てようって考えて、店を止めてしまうんですね。

 計画無しに止めてしまうって事が、タイガールらしいですね。そうして、ぶらぶらとしていたんですが、前のお客さんをパトロンとして、お金を出してもらってマッサージ学校に通うんですね。

 知りませんでしたが、今まではワット・ポーがマッサージの基本だったそうですが、今では違う所が主流らしいですね。その主流の所に勉強に行きました。でも、真剣にしてませんから、通常の人から倍以上も時間が掛っているんですね。

 そして、やっと卒業をしました。これで、仕事が出来るって思いますでしょ。でも、お金がある間は何もしないんですね。パトロンさんが毎月少しですがお金を呉れるんですね。

 でも、パトロンさんと話をして、しっかりと仕事をするから夜の世界から抜ける為にお金を援助してくれって行ってますから、仕事をしないのは文句が出ますね。体の関係のパトロンさんじゃないみたいですからね。

 そして、パトロンさんも怒り出して、当然ですね。更生する為にお金の援助をしたんですからね。何もしないなら、他でお金を使った方がましですもんね。そして、何月でお金を送るのは打ち切るって通達がありました。

 内の奥さんに相談ですね。そうしたら、私がいつも行っているマッサージ屋が募集をしているんですね。そこを紹介して、行くように説得しますが

 「でも、あのマッサージ店は、近くに○○の店があるのよ。」

 そうなんですね、昔一緒に働いていたタイガールがパトロンにお金を出してもらって日本人クラブをしているんですね。その目と鼻の先なんです。そのタイガールとは仲が悪くて、喧嘩を良くしていたそうです。

 「関係ないでしょ。夜の仕事をしないで、まともな仕事をするんだからね。恥かしい事はないのよ。」

 って、説得しますが、中々返事が悪いんですね。そして、タイ人しか行かない様なマッサージ店に行くんですが、給料は安いし暇で、お金にならないんですね。奥さんが照会をしたお店は、土日は並んでいるくらいなんですよ。

 そんなこんなで、パトロンさんにもう一度頼むんですが、何が恥かしいのかって怒られて、お金はくれませんね。その方もそこに働いて、給料が出るまではのお金はあげるけど、そうしないんだったら無しって最後通告を受けてしまいました。

 又、奥さんに相談です。

 「何も恥かしい事はないじゃないですか。」

 「でも、あの子はママで私はマッサージをしてるのよ。恥かしいわ。」

 可笑しな感覚ですね。最終的に話を解ったって、マッサージ店に電話をして、面接に行ったそうです。そして、彼女から電話が掛ってきたそうです。

 「○○の日本人クラブで働く事にしたの。」

 信じれますか?マッサージ店に面接に行くときに○○とあったそうです。そして、仕事なくお金に困っているんなら内で働くかって、言われて二つ返事です。

 どう思われますか? タイガールの感覚で我々が知らない所がまだまだある様子ですね。

今回の教訓です。

 タイガールは喧嘩の相手が日本人クラブのママで、自分はマッサージ嬢だから恥かしいんですね。それも、近くだからです。それはそれで解らない事はないですが、喧嘩をしてお互いに嫌いなもの同士でも、困っていると助けるって事もタイガールの気質なんですね。

 でも、私も日本人的な感覚の奥さんは、そのほうが恥かしいし、お金を出してくれた人に申し訳ないって、憤慨しています。

 でも、週に何回も電話が掛ってきて、話をしているんですよ。”あったま、ゆる~い!”って言いながらね。

 この感覚も解らないでしょ。

 後日談ですが、その日本人クラブにマッサージ学校のお金を出したパトロンさんが来ました。そこで、彼女が働いているのを見て、相当のショックを受けた様子ですが、そこは年配者、

 「私の感覚では恥かしい事でも、貴方の感覚では問題ない様子だね。デモね、何時までもこんな事をしていると、本当に自分を捨てる事になるよ。マッサージをしっかりすべきだね。」

 「貴方は、何もわかってないのね。」

 これで、お終いですがタイガールの感覚は難しいですね。

|

« 新たな発見と改めないといけない感覚 | トップページ | 装う平静と嵌まり込む性 »

新たなる発見(新規)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あったま、ゆる~い!:

« 新たな発見と改めないといけない感覚 | トップページ | 装う平静と嵌まり込む性 »