« あったま、ゆる~い! | トップページ | あんた誰?パート2 »

2008年3月17日 (月曜日)

装う平静と嵌まり込む性

 難しい表題をつけたものですね。前にも話をしましたが、私は表題だけを書いて、ブログに貯めているんですね。今では、5月の末くらいまでの表題だけを決めているんです。そして、それも順番通りに、開いて毎日書いて行くんですね。

 表題を変えたり、一切しませんし基本的には読み返しもしないんですね。ですから、10分以内に書ける表題もありますし、30分も1時間も掛る表題もあるんですね。描きにくかったら変えりゃいいものを私は頑固ですからね。

 表題を描いた時は、イメージがあるんですが、忘れてしまってますから、大変です。今日も、大変ですから変な言い訳をしながらスタートしているんですね。御免なさいね。お付き合いをさしましてね。

 私の友人・知人の中には、タイガールに付いて本当に平静を装った方が沢山います。本当に無関心な感じなんですが、そんなタイプに限って、はまり込む性を持っているんですね。

 そして、にっちもさっちも行かなくなって私のところに相談に来るんですが、その時はもう遅いですよね。そんなときの相談は、尻拭いの相談に決まってますよね。結局、人の良い私はその相談、否。その尻拭いをしてしまうんですね。

 決まって、奥さんからは

 「旦那さん、本当にもういい加減にしなさい。私は、人のよさが一番心配ナ。」

 って、いつも言われているんですが、頼られる事が少ないですから、頼られると二つ返事なんですね。でも、今回はそんな訳には行きませんでした。最低な奴を紹介しときますね。

 こんなタイプの人は結構いますからね。参考にしてみて下さいね。

 「お前何の相談なんだよ。いつもは、何も問題ないって平然としてないか?」

 「かっこでしょ。もう駄目二進も三進も行かなくなってね。どうしたら良いのかわからなくなってね。」

 彼の問題になっているのは、何処にでもある話しなんですね。

1.日本には、妻と子供がいて、家庭があって壊すことが出来ない。

2.タイランドには恋人、将来を約束しているタイガールがいる。

3.両方とも壊したくないし、別れや離れる事はしたくない。

4.どちらのもばれるのが怖い。ばれると両方とも崩壊の憂き目にあう。

5.どちらを取ることも出来ない。でも、どちらも取りたい。

 良く聞く話じゃないですか? これは、最低の日本人の男の典型ですね。優柔不断で何も出来ないんですね。そうして、ずるずると底なし沼に嵌り込んで行くんですね。でも、この時に相談にこられても何も出来ませんよね。

 「ば~か、お前の責任だろ~。そこまで行ったら俺は何も出来ないやろう。自分で、泥を被れよ。」

 「お前は冷たいなぁ。相談にも乗ってくれないのか? なぁ、どうしたらいいか教えてくれよ~。」

 皆さんどう思いますか? ここまで来ると、どちらかの女を取るか、どちらも捨ててしまうのかのどちらかしかないですよね。どちらも、最低の選択しか残ってないんですよ。人間としてね。

 日本人の選択は、殆どがタイガールを捨てる選択をしますね。

 でも、このタイプの平静を装っている人は、必ず同じ事を繰り返します。女と、博打と手癖は直らないんですからね。ほとぼりが冷めると同じことの繰り返しです。嵌り込んだら抜けることが出来ないんでしょうね。

 やっぱり、1年後には同じ事が出てきました。又、相談に来ますが、私の答えは同じことしか言えませんね。今度もタイガールを捨てる選択をした様子ですが、日本の家族にすてっれる選択も受けたそうです。

 結局、多大な慰謝料と養育費を伴ってね。そして、タイガールに戻ろうとしたんですが、逆に捨てられてしまいました。そして、タイランドでも訴訟の対象になった様子です。彼女にも結婚詐欺って事で訴えられたそうですね。

 常に平静にはすべきですが、基本的にはリスクマネジメントは必要です。それは、いつも大変だって事を周りの信用を置ける人に話しをしている事ですね。平静を装うと、自分だけは大丈夫だって思い込む様子ですよ。知り合いの大学の心理学者が話していました。

 皆さんも、お気をつけ下さいね。

今回の教訓です。

 何処にでも転がっているような話しですね。でも、いつもこの手の結末は、タイガールにつけを回すって事が通常ですね。そして、彼女たちを泣かすのが常套手段です。

 でも、私の知っている限りでは、直ぐって訳じゃないですが、タイガールを泣かした人は、殆ど自分がないている人が殆どですよ。俺だけは問題なっていっている方は、どこかで落とし穴が待っていますよ。

 そして、大学の心理学者の話ですが、常に平静を装う事は重要だそうですが、時自分の信頼を置ける人を必ず作って、全てを吐露する事で、リスクを回避することが出来るそうです。平静だけを装うと自分は大丈夫だっていう、自己暗示を掛けて正確は判断が出来ない事があるそうですので、ご注意が必要ですね。

 「○○さんは、馬鹿でしょ。その馬鹿にひっかる女の子も馬鹿ね。でも、○○さんの彼女は、知っていて訴訟を起そうとしているんだと思うわ。振り回した、報復をするためにね。出ないと、結婚するって言われたっていう、証拠が完全にそろっているって事はないものね。」

 最近のタイガールも手ごわいかもしれませんよ。初めから、証拠を握られているのかもしれませんね。

 「うん、女の子も防衛しなければいけないでしょ。旦那さんは、証拠がありすぎてもう駄目ね。手遅れね。だから、ずっと私の傍にいなさい!」

 は~い、怖い世界になりましたね。

|

« あったま、ゆる~い! | トップページ | あんた誰?パート2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 装う平静と嵌まり込む性:

« あったま、ゆる~い! | トップページ | あんた誰?パート2 »