« 兄弟との遭遇! | トップページ | I love your money »

2008年3月28日 (金曜日)

相談の相手はGoGoガール

 久しぶりに、GoGoバーのタイガール達との食事会を催しました。以前に話したことがあると思いますが、GoGoバーのマネジャーのオカマです。奥さんの事も知っています。

 その彼から電話で、食事の誘いがありました。内容は、何も聞かなかったんですが、何人かのタイガールを連れて行くから、話をしてやってくれって事です。奥さんは、機嫌が悪いのですが、オカマが奥さんを説得した様子ですね。

 私に相談って事は、夜の帝王に色々と聞きたいって事なんじゃないかと、心をときめかしていました。

 「旦那さん、嬉しそうね。若いタイガールと食事をするのが、そんなに嬉しいですか?」

 「何言ってんの。相談されるって事は、素晴らしい事でしょ。貴方の亭主が頼りにされているんだから、誇らないとね。」

 「ふ~ん、旦那さんは素晴らしいけど、今日は鼻の下だけが伸びていて可笑しいナ。」

 中々シリアスにはなれませんね。

 相談事は楽しい話でしたが、奥さんがいる前では話の出来る内容ではありませんでした。内容は、

1.日本人に指名されるためにはどんな振る舞いをすればいいのか?

2.日本人に連れ出してもらうにはどんな態度で接すればいいのか?

3.ホテルで、日本人のおじさんが喜ぶのはどういう事をすればいいのか?

4.日本人は、何をすればいいのか?

 直ぐにでも応えることが出来る内容でしたが、質問の内容を聞いていた奥さんは機嫌が悪くなりますし、目が座ってきます。言葉も発する事が無くなります。

 「俺は、そんな事知らないなぁ。」

 「何言ってるのAki。貴方は夜の帝王でしょ。」

 「バー。」

 「ちゃんと教えてあげてよ。」

 「ババボボ!そんな事しらねぇ~よ。なんて事を質問するんだ。時と場合を考えろ!」

 「旦那さん、私は大丈夫よ。教えてあげたら?」

 目が完全に怒気を含んで大変です。声まで、怒気を含んできています。これは、切れる少し前の嵐の前の静けさですね。

 元々、奥さんとこのオカマは仲が悪いですからね。オカマは、こんなブスがAkiの彼女は許せないって常々言ってますし、奥さんはこんな程度の低いオカマは見た事がないって言ってますからね。

 冷戦状態が段々と核戦争の様相を呈して来ました。

 「あっ、痛たたたた・・・・。う~苦しい・・・・・・・。」

 「どうしたの?旦那さん。あ~どうしよう、大丈夫か?」

 「駄目、痛たたたたた・・・・・。お腹が・・・・・・・。」

 「大丈夫?Aki、お腹がいたいの?」

 「もう、駄目。今日は帰る!お腹が痛くて死にそう。痛たたたた・・・・・・。奥さん、帰る!早くタクシーを呼んで!」

 仮病は大変です。このままですと、核戦争ですからね。熟練の俳優のAkiさんは、今日は退散に決めました。奥さんは、タクシーを呼ぶ為に店の人と話しに行きました。

 「○○、今日は帰るわ。その相談は又今度ナ。電話するからね。」

 今日は、これまで!

 楽しい話は、今度奥さんの目を盗んでレクチャーをしに言ってきます。その時に、詳しい内容はさせて頂きますね。

今回の教訓です。

 「旦那さん、仮病のお腹痛は、直りましたか?余りにも見えすぎてるナ。」

 「そーか。でも、奥さんも帰りたかったでしょ。」

 「うん、でも、一人で言っちゃ駄目ナ。解った?後で電話するのも駄目ナ。旦那さんの事は、何でも解るナ。後で電話しょうとしてるでしょ。」

 「ない!そんな事は、ない!」

 「嘘、でも駄目よ。」

 「はーい。」

 最近は、何でもお見通しですね。最近は、尻にひかれっぱなしですね。まぁ、男女の関係は、かかぁ天下がうまく行く秘訣ですから、いいですかね。

 後は、どうして目を盗むかですからね。

|

« 兄弟との遭遇! | トップページ | I love your money »

タイガールの裏話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相談の相手はGoGoガール:

« 兄弟との遭遇! | トップページ | I love your money »