« パーサ・ナナの過ごし方 | トップページ | 信じる日本人の典型 »

2008年3月 3日 (月曜日)

田舎のタイ人との宴会

 皆さんの中で、彼女や恋人の田舎に行かれた方の沢山いると思います。そして、その時に歓待を受けた事もある方が沢山いらっしゃると思います。

 でも、未だにいった事が無い方の為に、少しご紹介をしておきましょうね。ただ単に、田舎に行くのと彼女の家に行くのは、結構違いますからね。私が言う事が全てではありませんが、参考にして頂いて、ご自分の意見を反映させてぜひとも頑張って下さいね。

 田舎に行くって事は、当然ですが、彼女の両親や親族に挨拶に行くって事なんですよ。彼女は、ただ単に遊びに行くって言うでしょうが、基本的にはお披露目に近いんですね。ですから、本気でない場合はいかない方がいいんですよ。

 でないと、後に彼女につらい目に合わす事になりかねませんからね。特に、タイランドの田舎では、女性が旦那さんがいないのは、カタワの様な感じで捉えられますからね。

 行く時は、必ず腹を括っていくことをお勧めしますね。それで、互いに話し合って破局って事は仕方ないですが、安易な気持ちで行く事は駄目ですよ。

 基本的には、お披露目ですからね。私の場合は、お母さんだけにあって、子供と面会をするって事で、行きましたが立ち代り入れ替わり、なんでもない用事を作って親戚や近所の人が私を観察に来ましたからね。

 ですから、お土産や話や、お金の使い方には結構気を使うほうがいいんですね。では、進めて行きます。

 まずは、お土産です。何でもいいんですが、長持ちする様な例えばクッキーの様な物を、用意するべきです。それは、500円くらいの物でいいので、彼女に聞いて数を多めに持っていきましょうね。

 これは、両親に近所や親戚に配って下さいって渡すんです。両親に華を持たせるんですね。但し、日本からの物にすべきです。そして、別にご両親には、お菓子と別に何かプレゼントが必要です。

 私の場合は、バックや財布を持っていきました。1000Bを入れてね。

 日本の感覚ですと、差別は駄目で区別するって事ですが、タイランドの基本は区別は駄目だけれど差別するって感覚ですから、ご注意をして下さいね。これを日本風にしますと、問題が出ますよ。

 ですから、区別しないで両親や親戚や近隣の人にもお土産が必要なんですね、でも、差別ですから同じようなお土産は絶対駄目ですね。それに、中身が良いって事で小さな包みは、駄目ですよ。

 見た目が重要なんですからね。何でもいいんですが、形の大きな物を複数個必要って思っておいて下さいね。中身が良くても、人に見せる訳ではないんですからね。

 タイガールもそうですが、目に見える物を重視するのがタイ人ですからね。お忘れの無い様にして下さいね。

 続いて、食事会や宴会ですね。貴方の事を常に見ています。でも、緊張する事は一切ありません。言葉も分からない事が多いんですが、タイランドの基本は微笑み、スマイルですからね。

 これを忘れない様にすれば、全く問題が無いですね。

 そして、日本人と違うのが、私はたまたま正解だったんですが、彼女の体に触れることなんですね。

 日本人の感覚ですと、彼女の体に触れる事は結構タブー視されますよね。普通は体には触れませんね。

 でも、タイランドの場合は、違うんですね。私は、食事や宴会の忙しく働いていた奥さんも席に着く事になりました。そして、私は、”マ・ニ・シー”って隣にこさせました。そして、奥さんの足や手を無意識にさすったり、触ったりしていたんですね。

 皆は私を観察していました。宴会が終わって、片付けの時、何人かの男性親戚が残っていましてその話です。

 「Akiさん、貴方は本当に○○を愛しているんだね。本当に安心したよ。そして、素晴らしい対応をしてくれたね。」

 って、ほめられました。そして、片づけをしている奥さんに、周りのタイ人の女性連から、

 「○○、良かったね。本当に素晴らしい人ね。貴方を隣に来させて、そして無意識に貴方の体を触ってたね。本当に貴方の事を愛しているんだね。本当に、良かったね。」

 だそうです。日本人の感覚じゃないでしょ。私は、日本人じゃありませんから???無意識に出来たんでしょうね。でも、この感覚は我々日本人には無い物ですからね。

 重要な、感覚ですし、行為ですね。

 タイガールの田舎にご挨拶に行く事の注意点は、こんな所なんですが、皆さんは、理解できましたか?

 もし、一回いって続いていくことがありましたら、是非実践してみて下さいね。日本人と違って、タイ人はその時が一番重要ですから、以前に下手を打っても今回が良かったら、評価が下がる事をしません。

 逆に、評価が上がるんですからね。

今回の教訓です。

 如何ですか? 我々の感覚と違う所が結構ありますね。でも、本当に重要なことなんですよ。なったって、田舎に行って食事会や宴会は披露宴の予行演習みたいな感じなんですからね。

 それと、田舎のタイ人にとっては、相当重要なイベントなんですからね。こんな時にこそ、我々日本人の素晴らしさを披露すべきですね。

 奥さんからは、

 「旦那さん、私は嬉しいなぁ。本当に貴方に愛されているって感じるなぁ。誰の前でも、私を横にしてくれるし、触ってくれるし、気に掛けてくれるしね。」

 「あったり前でしょ。タマダー・ナ。」

 「でも、皆喜んでたし、良い男を捕まえたって羨ましがられたナ。そして、旦那さんは、物凄く最高の評価をしてたナ。」

 私は、無意識だったとはいえ、中々最高のデビュー戦となりました。その後は、親戚の中では、スーパースターですよ。

|

« パーサ・ナナの過ごし方 | トップページ | 信じる日本人の典型 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

 カラオケでの作法は基本的にはありません。但し、進められると一回はお断りをして、2回目は必ず歌うようにすべきですね。自分の世界に入って十分ですよ。
 又、タイランドの田舎では日本の歌なんかは知らないんじゃないかと思いますね。知っていたって経験はないです。うちの様にほとんどの人が日本で生活をしているって事はまれですモンね。

投稿: dannasa | 2008年3月 4日 (火曜日) 午後 07時38分

田舎訪問のお話、大変参考になります。
もうあと1ヶ月後位に迫ってきましたよ
初デビューが(笑)

あと、田舎の親戚とのカラオケで日本とは違う
お作法みたいなものはありますでしょうか?
タイのご年配の方によく知られている
日本の歌などがあれば是非教えてください。

投稿: きよ | 2008年3月 4日 (火曜日) 午前 12時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田舎のタイ人との宴会:

« パーサ・ナナの過ごし方 | トップページ | 信じる日本人の典型 »